letskendo_mini.jpg

2015/8/3
平成27年度 全国高等学校定時制通信制体育大会
第46回剣道大会

全国高等学校定時制通信制体育大会





IMG_0880.JPG男子団体決勝、東京が神奈川を代表戦で下し優勝。東京が男女団体個人、全部門を制す。8月3日(月)、平成27年度全国高等学校定時制通信制体育大会 第46回剣道大会が東京・日本武道館にて開催された。
定時制通信制生徒にとって、この大会は特別なものだ。全日制高校では地方大会や全国大会、また玉竜旗のようなオープン大会、招待大会などが多いが、時制通信制に通う選手にとってこの大会は唯一のメジャー大会となる。

参加チームは、全国から各県大会の結果や推薦により編成された代表チームにより男子団体戦(5人制・29チーム)、女子団体戦(3人制・27チーム)、男子個人戦(104人)、女子個人戦(83人)の4部門が開催される。

まず、全体のレベルとしては全日制の全国選抜、インターハイなどよりは劣る。時制通信制に通う選手たちは日中は働き、夜は勉学に励む人や、成人してから再度高校生活に臨む人が数多く参加しているのが現状で、毎日稽古を出来る環境の選手はわずかと言える。

IMG_0549.JPG男子団体準優勝の神奈川。25連覇はならなかったが、最後まで諦めぬ試合をした 女子個人、前回大会優勝の鶴賀(東京)は第一シード。今大会でも際立った強さで決勝まで勝ち上がる。決勝での対戦相手は、大竹(新潟)。前回大会三位、準決勝では鶴賀に敗れており、リベンジの舞台となる。
決勝戦、試合序盤に鶴賀がタイミングをずらしたコテを放ち先制すると、2本目の立会いで鋭く面を放ち2本勝ちで優勝を決める。鶴賀は大会史上、女子では3人目の大会2連覇を果たした。

男子個人決勝へは東京代表2選手が進出。過去に、神奈川県勢同士の対戦は何度かあったが、東京同士は初となる。
決勝へは、団体戦・東京Aでは副将の悪原と、大将の勝田の対戦。
手の内うちを知る同士か試合序盤はやや様子見の状況が続くも、試合中盤からは徐々に手数が増えだす。試合終盤、両選手へ反則が与えられた後、立会いから悪原が思い切った面を見せたが勝田がコテを合わせ一本となり、悪原が猛攻を見せるもすぐに試合終了となり、勝田が優勝を決めた。

 女子団体決勝へは前回大会優勝の東京都Aと福岡県の対戦。東京は大将に個人連覇の鶴賀につなげたい。
 試合は先鋒戦を引分け、中堅戦では東京・渡辺がコテを二本奪い勝利、そして大将戦では東京・鶴賀が試合開始早々に引きコテを奪い、さらに長身の福岡・山下へ面を放ち2本目を奪い、結果2-0で東京が2大会連続2度目の優勝を果たした。

 男子団体、みどころはなんと言っても神奈川Aチーム(横浜修悠館高)が大会25連覇という前人未到の記録をのばし続けることができるか、連覇を止めるチームが現れるのか?につきる。そして大会前のリサーチで、前回大会二位の東京Aチーム、今大会では神奈川チームと接戦を演じるだけの実力を備えているとの情報も入っていただけに、その期待は高まった。
 3チームによる予選リーグではレベルの差がある対戦もあったが、決勝トーナメント(ベスト8)からは見応えのある試合となった。
IMG_0686.JPG女子団体決勝、東京が福岡を2-0で下し大会連覇。大将・鶴賀は個人でも連覇を果たす。 準決勝、神奈川Aは福岡と対戦し、次鋒、中堅を2本勝ちし結果2-1で神奈川が決勝へ駒をすすめる。もう一方は神奈川B(秀英高)と東京Aが対戦。先鋒を神奈川が2本勝ちするも、東京が次鋒から副将まで連勝し3-1で決勝進出を決める。
 決勝戦、2年連続同一カード。神奈川チームは対戦相手を圧倒し勝ち上がってはきていたが、東京にもチャンスがあるのではないかと感じるところがあった。
 先鋒戦、東京・栗林がスピードのある面を2本決め勝利し、次鋒戦は引分け。中堅戦は神奈川・山田が鋭い面と小手を決めて2本勝ちしスコアを1-1とする。
 副将戦、個人戦二位の東京・悪原は試合開始と同時に胴を決める。その後も開く原の勢いのある攻めは続くも、神奈川・元土肥は悪原のクセを見抜き逆胴を決めるも、最後は悪原が面を決めて勝利し、東京が1勝リードで大将へつなぐ。
 大将戦、東京・勝田は個人優勝で勢いずき、神奈川・小関は準決勝で2本負けしていることを考慮すると東京の優勝を感じさせた。が、勝利が絶対条件の小関は試合開始早々から面を中心に果敢に攻める。そして試合中盤、小関は相手を誘い出すよう胴を決め先制する。その後も小関は攻め、勝田は冷静な試合運びをし引分け、代表戦となり再び大将同士が対戦する。大将同様、小関が攻めを見せ勝田は見極めつつ鋭い打を見せる。最後は小関が間合いをつめたところへ勝田が面を合わせ、優勝を決める一本を奪いチームを勝利へと導いた。東京は神奈川Aの25連覇を阻止し、昭和59年・第15大会以来、2度目の優勝を果たした。

※各決勝動画はこのページの下の方です。

●結果

【男子団体】
優勝 東京都A
二位 神奈川県A
三位 福岡県
三位 神奈川県B

【男子個人】
優勝 勝田竜太郎(東京・都立神代高校)
二位 悪原 賢(東京・東海大付属望星高校)
三位 栗林慶太(東京・都立工芸高校)
三位 金成 亨(福岡・東日本国際大学付属昌平高校)

【女子団体】
優勝 東京都
二位 福岡県
三位 埼玉県
三位 山口県

【女子個人】
優勝 鶴賀千広(東京都・東海大付属望星高校)
三位 大竹真央(新潟県・新潟市立明鏡高校)
三位 吉田由希(石川・県立羽松高校)
三位 高野詩織(千葉・星槎国際高等学校柏の葉キャンパス)




●トーナメント表 

46男子団体戦結果.pdf46女子団体戦結果.pdf




【各決勝】

【女子個人決勝】
赤 ○鶴賀(東京)(コメ 勝ち )大竹●(新潟)白





【男子個人決勝】
赤 ●悪原(東京)( 一本勝ち コ)勝原○(東京) 白

【女子団体決勝】
赤 ○東京A(2-0)福岡× 白
IMG_0695.JPG



【男子団体決勝】
×神奈川A(2 代表 2)東京A○
代表
×小関( 勝ち メ)勝田○
IMG_0852.JPG





更新情報

3/5〜12
全日本実業団女子高壮年剣道大会
トップ 結果 レビュー 各決勝
2/28〜29
東京都剣道大会
トップ 結果 レビュー
2/7〜21
水田旗高校剣道大会
トップ 決勝 準決勝 一本集
1/20
全国各剣道連盟 情報
選抜結果 等
9/21〜1/11
全日本実業団剣道大会
トップ 決勝〜準々 一本集
9/13〜1/9
関東学生剣道優勝大会
トップ (サ)全試合 一本集
12/26〜1/6
若潮杯高校剣道大会
トップ 一本集 (サ)全試合
12/31〜1/11
2015年・一本集特集
追加
12/13〜15
学連剣友剣道大会
トップ 結果 各決勝 準決勝 準々
12/5
全国消防剣道大会
結果 決勝
11/22〜12/1
関東学生剣道新人戦
トップ,結果,決勝,準決勝,一本集
11/28〜29
関東女子学生剣道新人戦
トップ 結果 決勝

※2015年 一覧
※2014年 一覧

結果速報 予定

※予告なしに変更する場合がございます。
●試合結果
3/4 全日本実業団女子・高壮年
2/27〜28 全国高校剣道選抜大会

大会予定

●2016年3月
・剣道時代 3月分行事情報

LET'S KENDO レッツ剣道 Twitter
大会リアルタイム速報など!!

LET'S KENDO レッツ剣道 facebook
裏話なんかも!?Facebook

LET'S KENDO レッツ剣道 ブログ
ほぼ毎日BLOG更新中!!

LET'S KENDOサテライト
大会序盤戦、過去動画満載!!

レッツ剣道 YouTube
未掲載試合も多数あり!!

LET'S KENDO レッツ剣道 QRコード

<携帯サイトについて>
携帯サイトはQRコードからご覧下さい
機種によって見づらい可能性があります