スポンサードリンク

【取材・生配信】2/19 東京都剣道大会

更新日: 2017/2/26

警視庁が大将戦を制し逆転優勝!

決勝

決勝戦、学生クラブ(中大)が警視庁をあと一歩まで追い詰めた

中央大

FRESH!生配信・アーカイブ映像

結果

優勝 警視庁剣道連盟A

二位 東京都学生剣道クラブA(中央大)

三位 皇宮警察本部剣道部

三位 警視庁剣道連盟B

敢闘賞(ベスト8)

中央区剣道連盟A

西東京剣道連盟A

中央区剣道連盟B

法務剣友会

ベスト16トーナメント

ベスト16

※結果詳細は【東京都剣道連盟HP】に掲載されております。

レビュー

優勝 警視庁A
警視庁Aが決勝で中大を下して優勝。


平成29年2月19日、第65回東京都剣道大会が東京都足立区・東京武道館にて開催された。

大会へは東京都23区各代表チーム、23区外の連合チーム西東京が4チーム、警視庁、官公庁チーム、教員、学生など46チームが参加し、7人制団体戦がおこなわれた。

一時期は実業団選手の多い千代田区、港区、中央区などが上位で警視庁と対戦し接戦に持ち込む事があったが、近年は学生クラブ(現役大学生チーム)が活躍が目立っている。

大会連覇中の警視庁Aチームは順当に勝ち上がり、準決勝では皇宮警察を4-1で下して決勝進出。

前回大会二位の東京都学生剣道クラブA(以下:中大)は梅ヶ谷、染矢、佐藤などレギュラー選手を揃えた。中大は3回戦で警視庁C相手に6-1で勝利、続く準々決勝では法務剣友会(刑務官)からも勝利し、準決勝では警視庁Bを相手に先鋒から五将まで連勝し結果としては4-0と無傷で決勝進出を決めた。

決勝戦、前回大会と同じく警視庁A対中央大となった。
中大先鋒・丸山選手は決勝までキレのある動きでチームに勢いつけていたが決勝では竹ノ内選手に二本負したものの、丸山は善戦していた。次鋒戦では中大・松井、五将・本間の勝利で警視庁からリードを奪い、中堅戦では警視庁・畠中選手の堂々した試合展開に中大・棚本選手もなかなか崩せず、畠中選手が試合終盤に逆ドウを決めて一本勝ち。
三将戦では中大・佐藤が警視庁・林から二本勝ちで再びリードとなる。そして副将戦では正代選手が2本勝ちし、同勝・本数での大将戦。
学生王者であり全日本選手権三位の実績もある中大・梅ヶ谷選手であれば警視庁からの勝利も・・・ 試合開始早々に梅ヶ谷選手が電光石火の引きメンで先制するも、警視庁・越川選手がコテ、さらに引きメンを決め返し逆転勝利で警視庁が優勝を決めた。

一本集動画

一本集

決勝

・○警視庁剣道連盟A(4-3)東京都学生剣道クラブ(中央大)×

決勝スコア

先鋒先鋒戦は警視庁・竹ノ内が二本勝ち。
次鋒次鋒戦、一本ずつ取合い、中大・松井がメンを決めて警視庁・遅野井から勝利。
五将三位 五将戦、中大・本間が2本勝ち。
中堅中堅戦、警視庁・畠中が逆ドウを決めて一本勝ち。
三将三将、中大・佐藤が2本勝ちし終盤戦で警視庁から再びリードを奪う。
副将副将戦、警視庁・正代が貫禄の二本勝ちで大将戦へ。
大将戦 梅ヶ谷大将戦、中大・梅ヶ谷が引きメンで先取。
大将戦 越川大将戦、警視庁・越川は梅ヶ谷からコテ、さらに引きメンを決めて逆転の二本勝ちで警視庁の優勝を決めた。

動画

決勝1/2 決勝2/2

準決勝

1:○警視庁A(4-1)皇宮警察×

スコア

準決勝1準決勝1、警視庁Aは遅野井、畠中、林、越川の勝利で皇宮警察から4-1で勝利。

※動画

準決勝1-1/2 準決勝1-2/2

2:警視庁B()学生クラブA(中央大)

スコア

準決勝2準決勝2、中大は警視庁Bから先鋒から五将まで連勝し、その後も負けを許さず4-0で勝利した。

※動画

準決勝2-1/2 準決勝2-2/2

準々決勝

※準備中

スポンサードリンク

SPONSOR

広告募集中

top