スポンサードリンク

【映画『武曲 MUKOKU』特集2】スペシャル対談:剣道好きならもっと楽しめる! 映画『武曲 MUKOKU』

更新日: 2017/5/28

武曲スペシャル対談

スペシャル対談

GUEST

星野秀樹  プロデューサー・剣道歴1年
中村憲刀  俳優・『武曲 MUKOKU』では剣道指導(高輪高校出身)

剣道好きならもっと楽しめる! 映画『武曲 MUKOKU』

星野秀樹プロデューサー
星野秀樹氏。プロデューサーとして数々の映画に携わる。剣道経験は1年。

———星野プロデューサー(以下、星野)は本作を企画するにあたってすぐに中村さんに声をかけたそうですが。
星野:綾野くんの(ボクシングでいうところの)スパーリングパートナーになってもらうため、呼びました。剣道をやったことがない人を2ヶ月で剣道5段の達人に見せるというのは、簡単なことじゃない。道場に通ってもらうより、パートナーと二人三脚でやってもらった方が良いと思ったんです。
———具体的にどんな指導をしたんですか?
中村:足さばきと防具・袴の付け方のような剣道の基本となる部分を最初にやりました。剣道の動きを見よう見まねでやってもらうのではなく、「なぜこういう動きをするのか」という動きの意味をロジカルに説明すると、綾野さんは頭もいいし、元の身体能力も高いのでどんどん上達していくのがわかりました。
星野:剣道は足で打ち、左手で振る。日常生活とは真逆のことなので、これが非常に難しい。短期間で身に付けるのは本当に大変だったと思います。
———熊切監督は剣道は未経験。剣道指導として、何か監督に提案されたことはあるんでしょうか
中村:綾野くん演じる研吾は、剣道5段、事件が起きるまでは子供の頃から剣道漬けだった男なので、剣道あるあると言いますか、剣道をやっている人によくある癖のような仕草を入れようと、綾野くんとも相談しつつ、監督に提案しました。
例えば、研吾が竹刀を脇の下に挟んで折る、という仕草があるんです。
もちろん剣道ではタブーの行為ですが、若い選手の試合などでは感情的になって、たまに見られます。
あとは、体の伸ばし方。研吾が闘いの前に、それとなく体を伸ばすんですが、これも、剣道をやっている人ならではの伸ばし方ですね。
星野:剣道指導兼、剣道演出部です!
中村:あと、声の出し方のモデルは木和田大起選手や内村良一選手なんです。
星野:急にはああいう声、出せないでしょ。

中村憲刀・剣道指導
剣道指導は中村憲刀氏によるもの。高輪高校出身。現在は俳優などマルチに活躍中。

中村:そうですね。声の出し方は人それぞれなので、誰かを参考にした方がいいのかなと思って、木和田選手や内村選手の試合映像を見て研究してもらいました。

星野:研吾と融の所作もキャラクターに合わせて変えています。
中村:研吾は5段なので、正式な付け方。融は、剣道を始めたばかりですし、もう少し自由に高校生っぽく付けています。
———お二人が剣道好きならここを見て欲しい!というシーンはどこでしょうか
中村:雨の決闘シーン。あれは、序盤は剣道なんですが、どんどん動物的な闘いになっていくんですね。あそこで、出小手という。むちゃくちゃかっこいいです。
星野:出小手のあとの、逆袈裟!「切ったぞー!」ってあれがやりたかった!これが現代の侍映画ですよ。
あと、ラストの剣道シーンも。虹郎演じる融の面が早いんですが、綾野くんはそれを全部受けている。動きはあらかじめ決めてますけど、タイミングは二人に任せていました。いつくるかわからない面を綾野くんは全部受けていて、あれは二人とも本当に闘っていたんです。
中村:追いかけ方も、剣道をやっている人の動きなんですよね。
———1カットの長回しですしね
星野:そうなんです。普通の監督ならカット割に逃げますよ。吹き替えじゃない!カット割りでごまかさない!
中村:撮影の近藤さんたちも、剣道をどう撮るかということを準備段階から相当研究してくれて、剣道人として嬉しかったです。
星野:ラストシーンを“良い”と言わない剣道家は今のところいないです!
剣道をやっている方、剣道を見るのが好きな方、ぜひ、劇場でご覧ください!

スポンサードリンク

劇場チケット、特製手ぬぐいプレゼント!

武曲手ぬぐい 特製手ぬぐい 5名様に!

『武曲 MUKOKU』の劇場鑑賞チケットを2組4名様に!

さらに、特製手ぬぐいを5名様にプレゼント!!

※応募締め切り:2017/5/31(水)

☆応募要項1〜6を記入し、メールにてご応募ください。
☆応募用メールアドレス
admin@letskendo.com
※メール件名に「武曲プレゼント」と記入してください。
【応募概要】
1:A・チケット  or  B・手ぬぐい
2:お名前・年齢
3:〒 住所
4:剣道歴
5:映画・武曲へのコメント、期待度
6:LET’S KENDOの感想・要望(任意)

※当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせて頂きます。

【当選者】

・手ぬぐい 東京都・A.S様、京都府・T.N様、神奈川県・I.C様、大分県・H.E様、愛知県・Y.J様

・チケット 神奈川県・O.M様、長野県・T.I様

※6/2、発送いたします。

『武曲 MUKOKU』6/3全国ロードショー!!

武曲ポスター

【ストーリー】

海と緑の街、鎌倉。矢田部研吾(綾野剛)は、幼い頃から剣道の達人 だった父(小林薫)に鍛えられ、その世界で一目置かれる存在となった。 ところが、父にまつわるある事件から、研吾は生きる気力を失い、 どん底の日々を送っている。そんな中、研吾のもう一人の師匠である 光邑師範(柄本明)が彼を立ち直らせようと、ラップのリリック作りに 夢中な少年、羽田融(村上虹郎)を送り込む。 彼こそが、本人も知らない恐るべき剣の才能の持ち主だった──。
【キャスト】
綾野 剛

村上虹郎 前田敦子 風吹ジュン 小林 薫 柄本 明
【スタッフ】
監督:熊切和嘉 原作:藤沢 周『武曲』(文春文庫刊)
制作統括:永田 守 エグゼクティブプロデューサー:余田光隆 共同プロデューサー:麻生英輔 吉岡宏城 プロデューサー:星野秀樹 脚本:高田 亮 音楽:池永正二
製作:「武曲 MUKOKU」製作委員会 制作プロダクション:ツインズジャパン 配給:キノフィルムズ C2017「武曲 MUKOKU」製作委員会

【映画『武曲 MUKOKU』公式サイト】

※映画の詳細は【映画『武曲 MUKOKU』公式サイト】をご参照ください。

映画『武曲 MUKOKU』公式サイト

※Facebook、Twitterにも最新情報が掲載されております。

スポンサードリンク

『武曲 MUKOKU』×LET’S KENDO 特別予告映像!!

武曲

武曲2

スポンサードリンク

SPONSOR

広告募集中

top