【速報&生配信】1/5 茨城新聞社旗争奪高校剣道大会(男子)

更新日: 2018/1/8

佐野日大が代表戦で水戸葵陵を下し初優勝!女子は守谷が2年ぶりの制覇

優勝 佐野日大

スポンサードリンク

第35回茨城新聞社旗争奪全国選抜高校剣道大会

優勝 佐野日大
佐野日大は決勝で水戸葵陵の3連覇を阻止し初優勝。女子は守谷が制した。

2018年1月4〜5日、H30第35回茨城新聞社旗争奪全国選抜高校剣道大会が茨城県土浦市・霞ヶ浦文化体育会館にて開催された。

参加チームは東北地方から九州まで男女合計約300チームが集まった。

4日は女子の部がおこなわれ、決勝で守谷(茨城)が岡山商大(岡山)を4-0で勝利し、2年ぶり14度目の優勝を果たした。

5日の男子の部は156チームがエントリー。前回大会優勝の水戸葵陵(茨城)は、昨年は主に副将で経験を積んだ岩部が新チームでは大将となりチームを牽引する。葵陵は序盤戦で佐久長聖や新潟明訓など北信越の強豪校を破り勝ち上がり、準々決勝では明大中野(東京)に勝利し、準決勝では中央学院(千葉)と対戦し2-1で勝利し3大会連続の決勝進出を決めた。準決勝で敗れた中央学院は、序盤戦で土浦湖北(茨城)、準々決勝では代表戦で麗澤瑞浪を破り、前回大会ベスト8から順位をあげ三位入賞を果たした。

水戸葵陵の決勝戦は、佐野日大となった。

佐野日大(栃木)は序盤戦から関東の強豪校との対戦が続いた。4回戦で横浜商大(神奈川)、5回戦で国士舘(東京)、そして準々決勝では千葉県から選抜出場を決めている東海大浦安と大将戦で浦安・樋浦がメンで先取するも、佐日・大平が引きメン2本を連取し逆転勝利、佐野日大が1-0の接戦を制してベスト4進出を決めた。

準決勝では水城(茨城)と対戦。水城は新潟商業や、準々決勝で甲府商業(山梨)などに勝利し三位入賞決めた。

決勝戦は関東を代表する2校、水戸葵陵と佐野日大で優勝が争われた。

先鋒戦を引き分け、次鋒戦では佐日・原田(龍)が葵陵・鈴木がタイミングを少し外し攻め入りコテを決め一本勝ちし、中堅、副将と引き分け、佐野日大リードで大将戦へ。

葵陵・岩部は試合早々に佐日・大平がやや不用意に間合いを詰めた瞬間を岩部が見逃さずメンを放ち先取し、そのまま岩部が一本勝ちで代表戦へ。

佐野日大・大関監督は迷うことなく大平を指名し、葵陵は円陣を組みつつも岩部が面を外すことはなかった。

代表戦は約2分、緊迫したせめぎ合いとなった。大平は鋭く攻め、岩部は出ばなや逆胴を狙うも、最後は岩部の一瞬の居着きを見逃さずに大平が電光石火の引きメンを決め勝利し、佐野日大を初優勝へと導いた。

両校とも今後、関東での大会、そして全国大会の舞台でも顔を合わせる可能性は非常に高いと思われ、その度に名勝負を見せてくれるだろう。

スポンサードリンク

結果

閉会式

男子

優勝 佐野日大(栃木)

二位 水戸葵陵(茨城)

三位 中央学院(千葉)、水城(茨城)

ベスト8

明大中野(東京)、麗澤瑞浪(岐阜)、東海大浦安(千葉)、水城(茨城)

男子ベスト16

スポンサードリンク

女子

優勝 守谷高校(茨城)

二位 岡山商大付属(岡山)

三位 山形商業(山形)、五泉高校(新潟)

※結果詳細は【茨城県高体連剣道専門部HP】

スポンサードリンク

決勝

×水戸葵陵(1 代表 1)佐野日大○

※次鋒戦で佐日・原田(龍)が一本勝ちでリードするも、大将戦で葵陵・岩部が大平から試合開始早々にメンを決めて一本勝ち。代表戦では佐日・大平が葵陵・岩部から引きメンを決めて勝利

 次鋒戦

大将戦

決勝スコア

【動画】

スポンサードリンク

準決勝

1:○水戸葵陵(2-1)中央学院×

※水戸葵陵は先鋒・新谷、副将・棗田の2本勝ちにより2-1で中央学院から勝利。中央学院は

先鋒戦

スコア

【動画】

2:○佐野日大(3-1)水城×

※佐野日大は先鋒・清水が鋭いコテで一本勝ちし、さらに次鋒・原田(龍)も一本勝ちで続く。副将では麗澤瑞浪・梅津が先取されつつも2本取り返し勝利し大将戦での勝利にのぞみをつないだが、佐日・大平がキレのある動きで二本勝ちし3-1で決勝進出を決めた。

先鋒

スコア

【動画】

準々決勝

1:○水戸葵陵(2-0)明大中野×

※水戸葵陵は先鋒・新谷、中堅・木村の勝利で2-0で勝利。明大中野も逆転勝利を目指し健闘したが及ばなかった。

中堅

スコア

【動画】

2:○中央学院(2 代表 2)麗澤瑞浪×

※中央学院がリードするも麗澤瑞浪が大将戦で追いつく。代表戦で中央・宮内がメンを決めて勝利し、大将戦で敗れた借りも返した。

代表戦

スコア

※スコア上、赤・中央学院、下、白・麗澤瑞浪

※代表戦 ○宮内(メ 勝ち )瀧本×

【動画】

3:○佐野日大(1-0) 東海大浦安×

※4引き分け、大将戦で佐日・大平が引きメンを2本決めて勝利

準々決勝 佐野日大

スコア

【動画】

4:×甲府商業(1-2)水城○

大将戦

スコア

【動画】

スポンサードリンク

動画一覧

※試合動画一覧はYouTube LET’S KENDOチャンネルにリンクします。

動画一覧

スポンサードリンク

生配信

 

リアルタイム速報(序盤戦)

4、5回戦、明大中野が土浦第一、郡上を下しベスト8進出し、王者・水戸葵陵と対戦へ。

明大中野

3回戦、國士舘は市立川口との大将戦で勝利し、逆転で4回戦進出を決めた。

国士舘

3回戦、東海大浦安(千葉)、佐野日大、水戸葵陵、4回戦へ

3回戦

3回戦、龍谷(佐賀)、埼玉栄が4回戦進出

3回戦

2、3回戦が進行中。水戸葵陵、佐野日大、國士舘など強豪校は初戦突破。

序盤戦

1/5、男子の部が開始!

1/4開催 女子結果

女子結果

優勝 守谷高校(茨城)

二位 岡山商大付属(岡山)

三位 山形商業(山形)、五泉高校(新潟)

※茨城新聞HPに掲載されております。

スポンサードリンク

概要

前回大会優勝 水戸葵陵
前回大会、男子は水戸葵陵が優勝を果たした。

2018年1月4〜5日、H30第35回茨城新聞社旗争奪全国選抜高校剣道大会が茨城県土浦市・霞ヶ浦文化体育会館にて開催される。

4日は女子の部、5日に男子の部がおこなわれ、参加チームは東北地方から九州まで男女合計約300チームがエントリーしている。(取材は1/5、男子の部のみです。)

男子の部、前回大会ベスト4の水戸葵陵(茨城)、前橋育英(群馬)、佐野日大(栃木)、麗澤瑞浪(岐阜)、また強豪校では龍谷(佐賀)、土浦日大(茨城)、新潟明訓(新潟)、東海大相模(神奈川)、國士舘(東京)、東海大浦安(千葉)などもエントリーしている。

※男子の部のみ速報&ライブ配信予定です。女子の部は、結果のみの掲載となります。

※大会の詳細・組合せ・過去結果などは【茨城新聞社旗争奪選抜高等学校剣道大会HP】に掲載されております。

スポンサードリンク

トーナメント(男子)

スポンサードリンク

SPONSOR

広告募集中

top