【特別企画】熊本県警剣道特練 潜入取材!

更新日: 2018/1/26

熊本県警剣道特練特集

スポンサードリンク

熊本県警剣道特練

熊本県警剣道特練
熊本県警剣道特練の稽古、基本講座を特集!

剣道王国といわれる九州・熊本。現在、熊本県警察剣道特練は、県内出身者を中心に九州から選手が集まっており、全国警察剣道大会では強豪ひしめく1部で凌ぎを削るトップチームである。
同特練からは数々の指導者、名選手を輩出している。
現在、村木英仁監督が指揮し、主将の山口直広がチームをまとめている。選手には昨年の全日本剣道選手権で2回目の優勝したことが記憶にあたらしい西村英久が在籍し、九州学院時代の同級生である前田智博、石谷尚也など主力は20代後半の実力と経験を兼ね備えた選手たちが切磋琢磨する。また、若手選手も積極的に起用し育成にも力を入れている。女子選手では、日本代表の渡邊タイが所属している。
現チームの選手の多くは熊本出身であり、稽古前には円陣を組みチームワークの良さも感じられた。稽古の積み重ねや他チームにはないひとつひとつの要素が強さを生み、47都道府県のうちたった12チームしか所属できない全国警察剣道大会・1部で優勝を目指している

短時間で効果的な稽古!

剣道特練の朝稽古は1時間おこなわる。選手はリラックスしつつも集中し、稽古の準備を進める。体操、素振りをおこなった後、面をつけて追い込みをおこなった。最初に追い込みをするのは「常に全力で稽古を行い、だしきること」を意識しているという。一度息をあげ、基本打ち込みを中心におこない地稽古へ。最後は最大集中し正面打ちを三本おこない終了。

 

動画企画!

短時間稽古メニュー

・体操・素振り/10分
・追い込み/15分(大きく面、大きく小手面、小さく面、小さく小手面、切り返し)
・打ち込み/15分(面、小手、小手面、突き、技稽古)
・地稽古/20分
・正面打ち 3本

基本講座(動画)

・素振り 鈴木貴大選手

・切り返し 鈴木雄大選手 元立ち・桑原幸成選手

・面打ち 渡邊タイ選手 元立ち・梅田昇治選手

・抜き胴 石谷尚也選手 元立ち・山口卓也選手

・小手面 桑野優大選手 元立ち・坂田瑛樹選手

・打ち込みかかり稽古 渡邊タイ選手 元立ち・山口直広選手

選手紹介

村木監督

スポンサードリンク

SPONSOR

広告募集中

top