スポンサードリンク

【取材予定】3/3 全日本実業団女子・高壮年剣道大会

更新日: 2018/3/3

女子決勝、パナソニックES対決となり代表戦で門真チームが本社チーム勝利!

女子決勝

六段以上決勝、山本(NTT東日本)が2度目の大会制覇!!

六段以上優勝 山本(NTT東日本)

五段以下、飯島(東洋水産)が決勝で二本勝ちし初優勝!!

五段以下優勝 飯島(東洋水産)

 

女子決勝
女子決勝は同門対決となり、パナソニック(ES門真)が優勝を決めた。

2018年3月3日(土)、第21回全日本実業団女子・高壮年剣道大会が東京都足立区・東京武道館で開催された。

大会は女子3人制団体戦、高壮年(40歳以上)は個人戦、六段以上の部と五段以下の部の2部門がおこなわれた。

女子団体は全国から62チームがエントリーした。

前回大会優勝の西日本シティ銀行(本店)は今大会、準々決勝でJR東日本リテールネット(東京)に代表戦で敗れ姿を消した。

ベスト4にはパナソニックES勢が3チーム進出し、決勝ではES門真とES本社が対戦し、本戦は3引き分けとなり代表戦へ。門真はこの日好調だった中堅・高、そして本社は先鋒・大亀の対戦となり、高が出ばなコテを決めて勝利し、門真チームの優勝を決めた。

高壮年の部は40歳に出場資格があり、五段以下が343選手、六段以上は589選手がエントリー。どちらの部門もトーナメントは概ね年齢順に並んでおり、40代からエントリーナンバーとなっている。

六段以上ではH28大会優勝の山本(NTT東日本)が初出場の強豪・神崎(RFテクニカ)に勝利し、準々決勝で優勝経験もある上段・宮本(三井住友海上)に2本勝ち、準決勝では同門で上段の立花(NTT東日本)からコテを決めて決勝進出を決めた。決勝ではH28大会同様に細川(鹿島建設)との対戦となり試合序盤に山本が飛び込みメンを決め、さらに試合終盤でも再びメンを決めて山本が2度目の優勝を決めた。

五段以下の部では若手41歳の飯島(東洋水産)が強豪選手から勝利を重ね、決勝へ進出し55歳の熊沢(トヨタ自動車)と対戦。飯島はキレのある動きで諸手ツキ、引きメンを決めて2本勝ちで初優勝を決めた。

スポンサードリンク

結果

・女子団体

優勝 パナソニック(ES門真)
優勝 パナソニック(ES門真)

優勝 パナソニック(ES門真)

二位 パナソニック(ES本社)

三位 JR東日本リテールネット(東京)

三位 パナソニック(ES東京本社)

・ベスト8

西日本シティ銀行(本店)、NTT西日本(本社A)、大同特殊鋼(本社)、JR東日本リテールネット(本社)

最優秀選手賞 高 春菜(パナソニック(ES門真))

女子ベスト8

・高壮年個人戦・六段以上の部

優勝 山本有樹(NTT東日本)
優勝 山本有樹(NTT東日本)

優勝 山本有樹(NTT東日本)

二位 細川昭浩(鹿島建設)

三位 立花貴賢(NTT東日本)

三位 鈴木秀洋(双日)

高壮年六段トーナメント

・高壮年個人戦・五段以下の部

優勝 飯島健志(東洋水産)
優勝 飯島健志(東洋水産)

優勝 飯島健志(東洋水産)

二位 熊沢洋一(トヨタ自動車)

三位 新鷲直樹(凸版印刷)

三位 加藤禎之(日本通運)

高壮年五段以下 トーナメント

※結果・詳細は【全日本実業団剣道連盟HP】に掲載されております。

スポンサードリンク

決勝

女子団体決勝 ○パナソニック(ES門真)(0 代表 0)パナソニック(ES本社)×

スポンサードリンク

高壮年・六段以上の部 決勝 ○山本(NTT東日本)(メメ 勝ち )細川(鹿島建設)×

スポンサードリンク

高壮年・五段以下の部 決勝 ○飯島(東洋水産)(ツメ勝ち )熊沢(トヨタ自動車)×

スポンサードリンク

概要

前回大会

前回大会、女子団体は西日本シティ銀行、男子六段以上は立見(三井住海)、五段以下は金光(損保ジャパン)が優勝を果たした。

H30第21回全日本実業団女子・高壮年剣道大会

2018年3月3日(土) 東京都足立区・東京武道館

・女子3人制団体戦

・高壮年個人戦 六段以上の部

・高壮年個人戦 五段以下の部

※大会詳細は【全日本実業団剣道連盟HP】に掲載されております。

スポンサードリンク

組合せ

女子団体組合せ

※高壮年個人戦・六段以上の部、五段以下の部の組合せはこちらから>>

スポンサードリンク

SPONSOR

広告募集中

top