【速報&生配信!】5/18 関東女子学生剣道選手権大会

更新日: 2019/5/19

【生配信】

スポンサードリンク

第51回関東女子学生剣道選手権大会

優勝 佐藤(法政大)
決勝で佐藤(法大)が小川(日体大)からメンを決めて優勝を果たした

令和元年、2019年5月18日(土)、第51回関東女子学生剣道選手権大会が東京都足立区・東京武道館にて開催された。

大会は女子個人戦、512選手がエントリーし優勝を目指した。

決勝戦へは小川梨々香(日体大2年)と、佐藤みのり(法政大4年)でおこなわれ、試合中盤に佐藤が引きメンを決めて一本勝ちで優勝を決めた。先週の男子大会優勝の平岡(法政大)に続き、男女とも法政大選手が大会を制した。

今大会は6月に大阪で開催される全日本学生剣道選手権大会への出場権がベスト16以上の選手と5回戦進出選手による出場決定戦勝者の合計28選手が出場権を得ることができる。先週開催された関東男子選手権と出場選手はあまり変わらないものの、全日本学生への出場権は約半数と厳しい出場条件となっている。

法政大からは優勝した佐藤のほか、ベスト16に入った後藤も出場権を得た。

二位となった小川の日体大は、準々決勝で小川との同門対決となった阿部の2名と出場数としては少し寂しい結果となった。前回優勝の相馬、上位進出も期待された桑野は序盤戦で姿を消した。

三位には筑波勢が2選手、合瀬と久徳の中村学園同級生選手。準決勝、合瀬は小川に、久徳は佐藤に敗れた。合瀬は準々決勝で越田(駒澤大)からメンを決め勝利した。久徳は藤﨑(明治大)との対戦でコテを決めてベスト4進出を果たした。前回大会二位、前々回は三位と成績を一つずつ大きな階段を登っている竹中だったが、今大会では準々決勝で佐藤に敗れた。筑波勢では3人のほか、出場決定戦で渡邊も全日本出場を決めた。

ベスト8と結果を残した越田(駒澤大)は、千葉県からは全日本女子選手権へも出場している実力選手5回戦では伊東(帝京大)、6回戦では上段の長友(順天堂)に勝利した。

昨年の全日本女子学生王者・藤﨑(明治大)は、2回戦で工藤(日体大)、3回戦では北條(法政大)と序盤戦から強豪選手との対戦が続いたがキレのある動きでしのぎきり、6回戦で村井(國士舘)に勝利してベスト8となった。明治大からは、ベスト16に山崎、丸岡、そして、出場決定戦で勝利した小松の4選手が全日本出場を決めた。

國士舘勢はベスト16に佐藤、村井の2選手が勝ち上がり、出場決定戦で井手、嶋田、平岡、村冨の合計6選手が全日本出場権を得た。

國學院、立教大からそれぞれ2名の全日本出場が決まっている。

意外にも、近年女子学生剣道界で頭角を表した中央大、名門・東海大、国武大、早大、慶大などからは全日本学生出場権を得る選手がでなかった。

全日本学生剣道選手権大会は6月29日(女子)、30日(男子)に大阪・エディオンアリーナ大阪(府立体育館)にて開催される。

結果

優勝 佐藤みのり(法政大・4年)

二位 小川梨々香(日体大・2年)

三位 合瀬未悠(筑波大・4年)

三位 久徳真子(筑波大・4年)

・ベスト8

阿部なるみ(日体大・3年)、越田百香(駒澤大・4年)、藤﨑薫子(明治大・4年)、竹中美帆(筑波大・4年)

ベスト16

・結果 全トーナメント、全日本出場選手などは【関東学生剣道連盟HP】に掲載されております。

スポンサードリンク

閉会式

【動画一覧】

※YouTube 大会動画一覧・再生リストへリンクします。

【決勝】

×小川(日体大)( 一本勝ち メ)佐藤(法政大)○

※引きメン

決勝

※試合動画

スポンサードリンク

【準決勝】

1:○小川(日体大)(メメ 延長 メ)合瀬(筑波大)×

準決勝 小川(日体大)

※試合動画準備中

2:×久徳(筑波大)( 延長 メ)佐藤(法政大)○

準決勝 佐藤(法政大)

※試合動画準備中

【準々決勝】

 

1:○小川(日体大)(ド 延長 )阿部(日体大)×

準々決勝

2:×越田(駒澤大)( 延長 メ)合瀬(筑波大)○

準々決勝 ×縄田(駒澤大)( 延長 メ)合瀬(筑波大)○

3:○久徳(筑波大)(コ 延長 )藤﨑(明治大)×

準々決勝

4:×竹中(筑波大)( 延長 メ)佐藤(法政大)

準々決勝

【6回戦】(全日本出場権獲得)

竹中(筑波大)は丸岡(明大)から素早いメンを二本決めてベスト8進出。

6回戦

藤﨑(明大)は村井(國士舘)から延長でコテを決めて勝利。

小川(日体大)は山崎(明大)からコテを決めて勝利。久徳(筑波)は徳田(駒澤大)から二本勝ち。

小松に勝利した長友(順天堂)だったが、勢いよく、また粘り強い試合展開で勝ち上がってきた越田(駒澤大)との接戦の末、越田がメンを決めて勝利しベスト8進出を決めた。

6回戦

 

【5回戦】

山崎(明大)と村冨(國士舘)はお互いに取り合い、最後は山崎がコテを決め6回戦進出を決めると同時に、全日本出場権を得た。

村冨は出場決定戦2回戦で勝利し全日本出場を決めた。

5回戦

久徳(筑波)が嶋田(國士舘)に勝利し6回戦へ。合瀬(筑波)は河嶋(立教)に二本勝ち。

長友(順天堂)は小松(明治)と対戦し一本ずつ取り合い、最後は上段から鋭くコテを放ち勝利した。小松は出場決定戦で勝利し全日本出場を決めた。

5回戦

越田(駒澤大)は伊藤(帝京大)から延長でメンを決めたて勝利した。

 

5回戦

速報トーナメントなどは関東学生剣道連盟HPに掲載されております。

スポンサードリンク

後藤(法政大)は強豪選手との対戦が続き、3回戦では浅野(中央大)から延長でメンを決めて4回戦。

3回戦3回戦

3回戦、全日本女子王者の藤﨑(明大)が北條(法政大)からドウを決めて4回戦進出。

 

2回戦、村冨(國士舘)は二本勝ちで3回戦へ。前回王者・相馬(日体大)は後藤(法政大)に敗れた。

2回戦

1回戦、合瀬(筑波大)が延長でメンを決めて海老原(日体大)から勝利。序盤戦から、強豪対決か各会場で行われている。

1回戦

1回戦、高城(法政大)が中野(中央大)と対戦し、延長でメンを決めて勝利。竹中(筑波大)、山崎(明治)もかつ進んでいる。

1回戦

1回戦、永野(東海大)が20分以上の延長戦の末、桑野(日体大)からメンを決めて勝利。相馬(日体大)、井手(國士舘)、浅野(中央大)も2回戦進出を決めている。

1回戦

1回戦から強豪対決。小川(日体大)が瀬川(國士舘)から勝利。大津(筑波)、西口(法政)らも勝ち進んでいる。

1回戦

1回戦

開会式。優勝杯返還、選手宣誓は前年度優勝の相馬(日体大)

相馬(日体大) 開会式

9時より開会式!

関東女子学生剣道選手権

スポンサードリンク

前回大会

第51回関東女子学生剣道選手権大会

令和元年・2019年5月18日(土)9時〜

東京都足立区・武道館

女子個人戦

※全日本学生剣道選手権・ベスト16、出場決定戦により計28選手が出場

※大会詳細・組合せは【関東学生剣道連盟HP】に掲載されております。

組合せ

1

2
3
4

スポンサードリンク

過去大会

・H30大会(優勝:相馬(日体大)、二位:竹中(筑波大))

決勝:×竹中(筑波大)(  勝ち メメ)相馬(日体大)○

スポンサードリンク

SPONSOR

広告募集中

top