スポンサードリンク

【速報&生配信】12/2 関東女子学生剣道新人戦大会

更新日: 2018/12/4

生配信

※関東学生剣道連盟でも生配信をしています。

スポンサードリンク

明治大が初優勝!!決勝で國士舘から勝利。

優勝 明治大

スポンサードリンク

優勝 明治大学
初優勝の明治大。決勝では國士舘に勝利。

2018121()、第19回関東女子学生剣道新人戦大会が東京都足立区・東京武道館にて開催された。

試合は5人制団体戦、4分3本勝負でおこなわれ、新人戦の名の通り1,2年生選手によりチーム編成された。大会へは80チームがエントリーするトーナメント戦で、最大で7度の試合を勝つと優勝となる。

決勝へは明治大と國士舘が進出。意外にも両チームともいままでこの新人戦で優勝がなく、勝利チームは初制覇となる。

先鋒戦で國士舘・瀬川が鋭いコテで先取するも山﨑が飛び込みメン、勝負の立合いでコテを決めて2本取り返し勝利し、明大は続く福田も試合終盤に鮮やかな出ばなメンを決めて一本勝ちし明治が2連勝を決め、中堅から大将の3人は引き分けに終わり、明治大が2-0で勝利し初優勝を決めた。

明治大女子部はここ10年、有望選手も多くなりつつもなかなか結果も出ない時期があったがH21全日本学生団体で三位に入賞するとH28大会では初の全日本制覇、全日本学生選手権でも上位進出する選手が現れるなど頭角を現し、7月の全日本学生個人では藤﨑(3年)が優勝し、9月の関東女子団体で初優勝、そして今大会につながった。

國士舘は名門中の名門であり全日本団体でいくども優勝を果たしているが、この新人戦は今大会を含め2位が3度となかなか優勝に恵まれていないが、真価を発揮する関東・全日本団体での活躍には今後もきたいしたい。

H23〜H25大会で法政大が3連覇して以来ここ5大会で新人戦を連覇するチームが現れておらず、関東学生においてはしばらく拮抗した状況が続くのではないか、逆にどのチームにもチャンスがある感じる。女子の試合は男子に比べ注目度は低いものの、試合内容やこの混戦状況を多く人に見てもらいたいと感じる。

スポンサードリンク

結果

表彰式

優勝 明治大

二位 國士舘大

三位 日体大、関東学院大

・ベスト8

法政大、立教大、中央大、順天堂

 

優勝 明治大優勝 明治大

二位 國士舘二位 國士舘
三位 日体大三位 日体大
三位 関東学院大三位 関東学院大

ベスト16
※結果等は関東学生剣道連盟に掲載されております

スポンサードリンク

決勝

・○明治大(2-0)國士舘×

先鋒戦、國士舘・瀬川がコテで先取したが、山崎がメン、コテを取り返し逆転勝利。先鋒戦、國士舘・瀬川がコテで先取したが、山崎がメン、コテを取り返し逆転勝利。

明大は関東学生優勝大会に続き、新人戦でも初優勝。明大は関東学生優勝大会に続き、新人戦でも初優勝。
優勝にあと一歩届かなかった國士舘優勝にあと一歩届かなかった國士舘

※試合動画

スポンサードリンク

準決勝

・×日体大(0-2)明治大○

準決勝1、先鋒戦

スコア

・○國士舘(4-0)関東学院×

準決勝2、中堅戦

スコア

スポンサードリンク

準々決勝

國士舘、代表戦で勝利

・×法政大(0-1)日体大○

→日体大副将・相馬がコテを決めて一本勝ち

・×立教大(0 代表 0)明治大○

→代表戦で明大・小松が面を決めて勝利

・×中央大(0 代表 0)國士舘○

→代表戦、中大上段・小川の片手面を國士舘・井手が返しドウを決めて勝利。

・○関東学院(1-0)順天堂×

→関東学院次鋒が一本勝ち

リアルタイム速報

4回戦(ベスト16)

國士舘

・法政大 対 日本女子体育大

・×駒澤大(0-2)日体大○

・×早稲田(0-1)立教大○

・×平成国際(1-2)明治大○

・○中央大(2-0)東京女子体育大×

・×東海大(0-4)國士舘○

・×桐蔭横浜 対 関東学院○

・×国武大(2-1)順天堂○

3回戦、大一番となった法政対筑波は、大将戦に勝利し法政大が2-1でベスト16進出を決める。

法政大

スコア

2回戦最終試合、シードの順天堂、明大が3回戦へ進出。

順天堂

3回戦、國士舘は國學院を3-0で勝利しベスト16進出。

國士舘

2回戦、チームとして仕上がりの良さを感じる国武大はシードの日大を1-0の接戦を制し3回戦へ。筑波大は慶応大に勝利。

2回戦 国武大

2回戦、シードの法政は初戦だけあり硬さのある印象だったが、帝京大を1-0で振り切り勝利。中央大、日体大など強豪校も2回戦に勝利している。

スポンサードリンク

2回戦

1回戦、ノーシードの国武大は尚美学園に勝利し2回戦で日大と対戦へ。第1試合場では帝京大が1回戦に勝利し、法政大と2回戦でぶつかることになった。さらにこの試合場には筑波大もおり、激戦トーナメントだ。

1回戦

ただいま開会式!!

優勝旗返還。前回優勝・法政大

開会式

※10時から開会式!

関東女子学生剣道新人戦

スポンサードリンク

関東女子学生剣道新人戦

H30第19回関東女子学生剣道新人戦大会

2018年12月1日(日) 東京都足立区・東京武道館

※5人制団体戦、4分3本勝負。チームは1、2年生で編成。

※大会の詳細・組合せは【関東学生剣道連盟HP】に掲載されてります。

組合せ

組合せ

スポンサードリンク

過去大会

・H29大会(優勝:法政大、二位:順天堂)

・H28大会(優勝:國學院、二位:早稲田)

・H27大会(優勝:日体大、二位:法政大)

H26大会(優勝:早稲田、二位:法政大)

・H25大会(優勝:法政大、二位:明治大)

・H24大会(優勝:法政大、二位:東海大)

・H23大会(優勝:法政大、二位:日体大)※取材なし

・H22大会(優勝:筑波大、二位:國士舘)

・H21大会(優勝:法政大、二位:日体大)

【速報&生配信】11/25 H30関東学生剣道新人戦大会

更新日: 2018/11/28

中央大が大会制す!!決勝は明治から3-0で勝利し、3年ぶり15度目の優勝。

優勝 中央大

スポンサードリンク

優勝 中央大
中大が明大との決勝戦を制し優勝を決めた。

2018/11/25、第64回関東学生剣道新人戦大会が東京都足立区・東京武道館にて開催された。

大会は7人制団体戦、1.、2年生によりチーム編成される。

前回大会二位、10月の全日本学生では優勝を果たし勢いのある中央大は、序盤戦を勝ち上がり4回戦では明星大、準々決勝では最近コンスタントに上位進出を果たしている大東大を下しベスト4へ。

準決勝では国際武道大を3-1で勝利し2年連続の決勝進出を決め、優勝をかけて明治大との対戦となった。

明治大は近年、全国クラスの有望選手を揃えるも4大会連続で三位と、優勝にあと一歩届いていない状況。今大会は4回戦で拓殖大に勝利し、準決勝では東海大、そして優勝候補の一角・筑波大との対戦となった。筑波大は大将に星子、松﨑、近本、森山ら各年代のトップ選手がメンバー入りしている。準決勝では明大リードで大将戦となるも星子が明大・梶谷とのライバル対決を制し代表戦に持ち込んだが、続けて負けるわけにはいかない梶谷がコテを決め代表戦を制し決勝を決めた。

決勝戦、明大と中大の一戦は、一本を激しく取り合う接戦となった。先鋒では中大・山崎が一本勝ちし次鋒、五将では明治が先取するも中大が取り返し引き分けに持ち込む。強豪選手同士の試合のため一瞬の判断で勝負が変わってくるが、ここで明治大が勝ちきれなかったのは、後半の試合展開に響いた。中堅戦では中大・鈴木が一本勝ちしリード広げ、副将戦では中大・河嵜が明大・松尾から二本勝ちし、中大の優勝が決まった。紙一重の勝負強さで中大が3年ぶり15度目の優勝を決め、10月の全日本学生優勝を含めると、中大が学生剣道界を制した印象すら残す優勝となった。

スポンサードリンク

結果

優勝 中央大学

優勝 中央大

二位 明治大

三位 筑波大、国武大

ベスト8

早稲田、東海大、日体大、大東大

ベスト16

※大会詳細・トーナメントは【関東学生剣道連盟HP】に掲載されております。

スポンサードリンク

決勝

×明治大(0-3)中央大○

決勝、先鋒戦優勝 安房先鋒では中大・山崎が引きメンを決めて一本勝ち。

決勝、中堅戦次鋒、五将では明大が先取するも中大が取り返し引き分けが続き、中堅戦で中大・鈴木がメンを決めて一本勝ちしリードを広げる。
決勝、副将戦三位 三将戦の柴田と近藤の九州学院対決は引き分けとなり、副将戦では勝利が必要な明大・松尾だったが中大・河嵜がコテを2本決めて勝利し中大の勝利を決め、大将戦は引き分けとなり結果3-0で中央大が優勝を決めた。
決勝スコア決勝スコア

※決勝動画

スポンサードリンク

準決勝

1:×筑波大(2 代表 2)明治大○

※代表 ×星子( 勝ち コ)梶谷○

一進一退の試合展開で大将戦までに明大が1勝リードしていたが、筑波・星子が明大・梶谷から勝利し代表戦へ持ち込む。代表戦は再び大将同士が対決し、言わずと知れた九州学院での盟友といえ手の内しを知り尽くしている選手同士、試合は接戦となり最後は梶谷がコテを決めて勝利し決勝進出を決めた。

準決勝、代表戦

準決勝1スコア

※試合動画

スポンサードリンク

2:×国武大(1-3)中央大○

国武大は五将、上段の赤星が一本勝ちするも、中大中堅・鈴木が二本勝ち、さらに副将では中大・黒木が国武大・岩切から逆ドウをきめて一本勝ち、リードして大将戦へ。勝利が必要な国武大・吉川は積極的に攻めたが、中大・清家は出ばなを狙いドウ、メンで二本勝ちし3-1で中大が決勝進出を決めた

準決勝、中堅戦

準決勝2スコア

※試合動画

準々決勝

×早稲田(1-3)筑波大○

準々決勝、筑波・森山

準々決勝1スコア

※試合動画

スポンサードリンク

×東海大 対 明治大○

準々決勝、明治・梶谷

×日体大(3/3本 3/4本)国武大○

準々決勝、国武大・赤星

×大東大(2/4本 2/5本)中央大○

準々決勝、中大・山崎

※大会詳細・トーナメントは【関東学生剣道連盟HP】に掲載されております。

スポンサードリンク

動画一覧

※LET’S KENDO YouTubeチャンネルへリンクします。

リアルタイム速報(序盤戦)

4回戦、早稲田が國士舘との代表戦を制し、ベスト8進出を決める。

早稲田

3回戦、筑波大は國學院を寄せ付けず5-0で勝利し4回戦へ。

筑波大

3回戦、帝京大が強豪選手揃う専修大を2-1で勝利しベスト16へ。

帝京大

2回戦、日体大は東京理科大に勝利。

日体大

国際武道大の初戦の2回戦、城西国際大を3-0で勝利。

国武大

中央大は2回戦に勝利し、3回戦へ。

中央大

筑波大、初戦の清和大を4-0で勝利し3回戦で進出。筑波大は出場した7選手のほかに、遅野井、寒川の水戸葵陵コンビが控えている。これからの出場もあるだろう。

筑波大

2回戦、シードの法政大は粘る桐蔭大を振り切り3-1で勝利。

法政大

スコア

前回王者・國士舘は初戦となる2回戦に勝利し3回戦へ。

國士舘

2回戦、専修大が立教大から3-1で勝利し3回戦進出。

専修大

東大が1回戦突破。2回戦はシードの流経大と対戦へ。東大剣道部員数は約60名、レギュラー候補選手は週に5〜6回、2時間の稽古を積んでいるという。今大会では台風の目となるれるか!?

東大

ノーシードの専修大は1回戦に勝利。2回戦ではシード校・立教と対戦へ。

専修大

開会式! 試合開始は10時半頃より

優勝旗返還

※10時から開会式!!

関東学生剣道新人戦

優勝カップ

組合せ

スポンサードリンク

生配信

 

※関東学生剣道連盟でも生配信をおこなっています。

スポンサードリンク

前回H29大会優勝 國士舘

H30第64回関東学生剣道新人戦大会

2018年11月25日(日)

東京都足立区・東京武道館

※7人生団体戦、4分3本勝負

※1、2年生によりチーム編成、90チームが出場。

※大会詳細・トーナメントは【関東学生剣道連盟HP】に掲載されております。

スポンサードリンク

組合せ

組合せ

過去大会

・H29大会(優勝・國士舘、二位・中央大)

H28大会(優勝・日体大、二位・法政大)

H27大会(優勝・中央大、二位・法政大)

・H26大会(優勝・日体大、二位・中央大)

・H25大会(優勝・早稲田、二位・國士舘)

・H24大会(優勝・明治大、二位・法政大)

・H23大会(優勝・中央大、二位・慶應義塾)

・H22大会(優勝・筑波大、二位・國士舘)

・H21大会(優勝・日体大、二位・筑波大)

【大会結果】11/3 第66回全日本剣道選手権大会

更新日: 2018/11/9


西村英久(熊本・29歳)、2年連続三度目の大会制覇!!

試合後のインタビュー「プレッシャーから逃げていた」

優勝 西村英久
試合後のインタビューではリラックスした表情で答えた西村。

いろいろな方々に支えられた一年だったと思います。そう言った意味では、優勝できて恩返しが少しできたと思います。

そして私の気持ちを汲んで言葉をかけてくれる米田先生は、有難いと思っています。

世界大会から、ずっと試合が続いたていました。世界大会では勝ちたいと言う気持ちがあったなかで個人戦で負けてしまい、団体戦では足を引っ張ってしまいました。日本代表として、団体戦では一本をつないで勝っていこうという作戦の中で、私が迷惑をかけてしまいどんどん苦しくなりました。。

(世界大会から全日本選手権まで時間のない中で)プレッシャーに押しつぶされそうになったときに、九州学院高校の米田先生に電話し「もっとプレッシャーを感じろ、もっと苦しめ」と言われ、苦しい気持ちがスッと落ち着きました。それは、自分がプレッシャーから逃げていたから、押しつぶされそうになっていることに気付きました。

自分にもっとプレッシャーを与えることによって、この試合(大会)をラクな気持ちで、楽しくできたのではないかと思います。

尊敬する先輩

(大会では日本代表選手とも対戦しましたが)ん〜、勝ちたいとは思っていましたが「無心」でやることが、私の剣道ができる一番のことだと思っていますので、今日は無心でなにも考えずに体が動く通りにやれたと思います。

(準々決勝から試合時間が10分に)試合をやっていて苦しいと思うこともありますし、試合時間が長くなればなるほど苦しいと思います。そういうところで、プレッシャーと日々向き合っているからこそ、試合の時はまだまだいける と違う自分が出てくるのだと思います。

(内村選手に関して)本当にすごいな!という思いしかないです。年齢のこともそうですが、試合で先取されても取り返して勝ち上がってくるのは剣道だけではなく私生活や人間性もすごくでるのだろうと感じさせれる、尊敬する先輩です。

(内村選手に勝ち続けているが)たまたまです笑 本当にたまたまです! 九州学院高校の先輩であることが大きく、胸を借りてやろうと思える先輩です。

決勝にのぞむ時は「楽しみたい」とおもいました。決勝戦になると私は勝ち負け(の意識が)がなくなる、決勝で勝ちたいという気持ちよりも、思い切って自分の剣道をすることに気持ちを持っていき、内村先輩に胸を借りるつもりでのぞうもうと思ってでた結果でした。

決勝後に米田先生へ報告したら「おめでとう」と言っていただきました。決勝試合前にも電話し「自分を信じて行ってこい」と言われ、試合前なのに泣きそうになってしまいました。

とことん連覇を意識してこの一年かやってきました。

(決勝では早い展開での決着について)昨年優勝のプレッシャーの部分を味方にして楽しめたことが、思いきり試合ができたのだと思います。

(3回目の優勝、連覇に関して)ありがたいですね笑 連覇したという感覚はまだないです。じわじわくるのかな、と思います。

前回優勝した時に連覇ということを求めたらダメだと思ったら、前回大会は負けてしまいました。

今回はとことん連覇を意識してこの一年かやってきました。だからこそプレッシャーというものを感じてたのだと思います。プレッシャーとの向き合い方、感じ方、プレッシャーとの接し方がわからなかったときに米田先生に「苦しいということは、それだけ連覇を意識ているということだ」と言われ、もっと食いしばらなければいけないと思いました。私は逃げていたのかもしれません。先生からは、いい言葉をいただきました。

下がらないで前で潰す

(9月の警察選手権優勝について)この全日本選手権があったので、ある意味負けても良いという気持ちでのぞみました。

警察選手権は世界大会が終わったばかりだったので 剣道をすることに意味が・・・ 一時的に剣道をやりたくなった 今後どうやったらいいのか・・・ という気持ちがあったなかで、結果をだせたことは嬉しかったですが、全日本選手権と警察選手権では気持ちの持ち方が違っていました。

全日本選手権は今年最後の試合なので、自分の気持ちを最大限にするにはどうしたらいいか考え、それが全日本選手権でできたのだと思います。

(以前の守り主体から攻め主体にして)去年までは間合いを切ったり下がる剣道をしていたのですが、下がらないで前で潰す前に行く剣道をやろうと、のぞみ、そしてこの結果につながったのかなとおもいます。

反省し研究

世界大会で(自分が)負けてから技術面、どこが悪かったのか自分で反省し研究ました。結局、技術面ではないということに行き着きました。みんな同じ技術を持ち、メンタルとなったときにどういう風に試合にのぞんでいたのか、試合中の自分の気持ち・・・という自分なりに分析をして、もっともっと冷静に試合をしなければいけないな、と反省できたことが良かったと思います。

ジュンジュンから10分

 

日本代表キャプテン

(世界選手権が3年後に)近いうちに日本代表候補合宿があります。正直、一回休みたい、というところはあります笑 が、走りだしてしまわなければならないです。

今回らキャプテンをさせてもらうのでみんなを引っ張っていけたら ・・・ おこがましいので 私がやっているところを見てもらうっていう方がいいのかなってもってます。

 

西村・熊本連覇を誓い大会へ出場した西村。後藤(石川)を二本勝ちし初戦に勝利。二回戦では強豪・中澤(高知)にコテで先制されたが気を抜かずメン、コテを取り逆転。3回戦では村方(福岡)との延長戦で引きメンを決めベスト8へ。準々では松﨑(宮崎)から延長で得意のコテで勝利し、準決勝の安藤(北海道)には出ばなのコテを2発決めて決勝へ。優勝をかけて内村(東京)と対戦し、42秒間で鋭いコテを決めて2回決めて勝利し、連覇を達成した。

二位 内村(東京)四度目の優勝を狙う今大会最年長の内村。警視庁では特練選手ではないものの、いまだその勝負強さは健在。1回戦では渡部(山形)を延長でコテ、2回戦では若手・齋江(鳥取)から二本勝ち、3回戦では大柄の村上(大阪)、そして準々決勝の國友(福岡)の両試合を面返しメンで勝利した。準決勝では明治大の後輩でもある竹下(大分)と対戦し、メンを選手されるもコテ、心理を読みきったかのような面返しドウを決めて勝利した。決勝では西村の前にまたしても敗れてしまったが、堂々たる二位。
安藤・北海道世界大会個人優勝の安藤。なんとしても手にしたい天皇杯。課題でもある初戦、坂口(和歌山)にはメンで二本勝ち。2回戦での尾池(岡山)もメンで一本勝ち、三回戦では新鋭の久田松(愛知)を延長で引きメンを決め、多彩な面技で勝ち上がる。準々では優勝経験のある勝見(神奈川)から力強いメン、さらに諸手ツキで二本勝ちし、準々決勝ではライバル・西村との対戦となり、試合序盤で鋭い面で攻勢だったが、西村にコテを2本奪われ敗れた。優勝に期待がかかる選手であることは今後も変わらない試合展開随所で見せた。
三位 竹下(大分)竹下は五度目の出場、選手権三位や警察大会個人二位、世界大会団体でも活躍した。瞬発力のある剣風で1回戦では日置(愛知)をメン、2回戦では佐藤(千葉)にはコテを両試合とも延長できめてた。3回戦は山田(北海道)を出ばなメンと引きメンで二本勝ちし、準々では前田(大阪)に面を先取されたが得意のメン取り返し逆転でベスト4へ。準決勝では、明大の先輩でもある内村との対戦では試合中盤に鋭いメンで先制したが内村がコテ、さらにドウを立て続けに取り返し逆転負けとなったが、竹下の鋭い技の数々に会場が沸いた。

優秀選手(ベスト8) 松﨑(宮崎)宮崎代表の松﨑、中大時代には関東学生個人王者など実績を持ち現在は宮崎県警で活躍している。松﨑は準々決勝までの4試合すべてで延長戦となり、勝負強さを発揮した。大会開幕試合で嶌津(千葉)から延長で引きドウで勝利。2回戦では強豪・岩切(大阪)では紙一重の相メンで勝利し、3回戦では上段・平野(埼玉)の出ばなで左コテを決めた。準々では西村(熊本)に延長でコテを奪われ敗退したが、まとを絞らせない試合展開でベスト8の結果を残した。

優秀選手(ベスト8) 勝見(神奈川)第64回王者・勝見、世界大会三度の出場などその活躍は誰もが知るところ。1回戦では塩谷(静岡)を引きメン、出ばなメンで二本勝ちし、2回戦では強豪・林田(福井)との大一番。両選手とも出ばななど洞察力に優れている。試合終盤に勝見が小手返しメンを決めて一本勝ちした。3回戦では新鋭・宮本(東京)とは序盤にコテを決めて一本勝ちしたが、準々では安藤(北海道)に二本負けで今回大会を終えた。風格を身につけ進化を続ける勝見、まだまだ第一線での活躍に期待したい。
優秀選手(ベスト8) 國友(福岡)國友は選手権二位2回と、優勝に近い存在。1回戦では同じく二位の実績のある強豪・小谷(千葉)と20分以上の接戦の末、引きメンを決めて勝ち上がり2回戦では平井(島根)から出ばなメンで勝利。3回戦では上段・野村(神奈川)と対戦し、試合終盤に野村の片手面を返しドウで対応し一本勝ちでベスト8進出を決めた。準々では内村と対戦し、終盤で國友の仕掛けた面を巧みに返し面を決めた内村が勝利した。
優秀選手(ベスト8) 前田(大阪)若手成長株の前田、身体能力が高く思い切りのいい剣風で相手を翻弄する。1回戦では小柄な小江(山口)を延長で飛び込みメン決めて勝利し、2回戦では菅野(岩手)から小手返しメン、さらに反応鋭い出ばなメンを決めて二本勝ち、3回戦では新鋭・松﨑(茨城)からメンで先取するも松﨑に面返し胴で返され、勝負の立合いで前田がドウを決め返すという意地で勝利をもぎ取った。準々決勝、竹下との対戦は楽しみな期待を裏切らない打ち合いとなった。前田が序盤に出ばなメンで先取したが、竹下に本戦、延長で2本の面奪われた。まだ25歳ながら2年連続ベスト8の結果を残し、今後はもう一段階上のステージと登ってくるだろう。

優秀選手 村上(大阪)激戦区・大阪から初出場しを決めた村上、今年度の教職員大会団体ではチームの優勝に貢献するなど高校、大学と数々の輝かしい実績を持つ。大柄で迫力があり正統派な剣風でベスト16まで勝ち上がった。初戦の大谷(栃木)から延長で面返しドウ、2回戦では松本(香川)を試合終盤にコテで一本勝ち。3回戦で内村を相手に一歩も引かず、常に攻めの姿勢を崩さなかったが延長で面を奪われ敗れた。その堂々たる試合展開は観客を魅了し、そして、優秀選手に選ばれた。

優秀選手 村方(福岡)村方は選手権四度目の出場。1回戦では桐石(兵庫)から先取されるもメン、延長で引きメンを決めて逆転勝利。2回戦では村松(東京)からメン、コテを決めて二本勝ち、三回戦では西村(熊本)と延長まで競合うも最後は引き面を受けてベスト16で大会を終えた。

スポンサードリンク


優勝 西村(熊本)

※優勝インタビューコメント、準備中

結果

優勝 西村英久(熊本)

二位 内村良一(東京)

三位 安藤 翔(北海道)

三位 竹下洋平(大分)

・ベスト8

松崎亮介(宮崎)、勝見洋介(神奈川)、國友錬太朗(福岡)、前田康喜(大阪)

・優秀選手
松崎亮介(宮崎)、勝見洋介(神奈川)、國友錬太朗(福岡)、前田康喜(大阪)、村上雷太(大阪)、村方孔哉(福岡)

優勝 西村英久(熊本)優勝 西村英久(熊本)

内村良一(東京)二位 内村良一(東京)
安藤 翔(北海道)三位 安藤 翔(北海道)
竹下洋平(大分)三位 竹下洋平(大分)
優秀選手
上位戦

※大会詳細結果は【全日本剣道連盟HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

決勝

○西村(熊本)(ココ 勝ち )内村(東京)×

試合時間42秒、西村がコテを二本決めて大会連覇を決めた。内村はなすべなく、四度目の大会優勝を蓮子とができなかった。

決勝

決勝

スポンサードリンク

準決勝

○西村(熊本)(ココ 勝ち )安藤(北海道)×

※試合序盤は安藤が攻めたが、西村が安藤の面にコテを2本決めて勝利。

準決勝 西村がコテで先取

準決勝、試合も終盤にさしかかり安藤が一本を狙ったところを再び西村がコテを決めた

スポンサードリンク

○内村(東京)(コド 勝ち メ)竹下(大分)×

※鋭いメンで先制した竹下だったが、内村が面に対して出ばなコテを決め、勝負の立合いで面返しドウを決めて逆転勝ち。d

準決勝

準決勝

準決勝

準々決勝

1:×松﨑(宮崎)( 延長 コ)西村(熊本)○

※鋭く攻めてコテ

準々決勝

2:×勝見(神奈川)( 勝ち ツメ)安藤(北海道)○

※安藤が大きく振りかぶりメン、さらに諸手ツキを決めて二本勝ち

準々決勝

準々決勝

3:○内村(東京)(メ 一本勝ち )國友(福岡)×

※返し技が冴えていた内村はこの試合でも面返しメンを決めて準決勝進出へ

準々決勝

4:○竹下(大分)(メメ 勝ち メ)前田(大阪)

※前田がメンで先取したが、竹下が本戦、延長でメンを決めて逆転勝利

準々決勝

準々決勝

準々決勝

注目選手

山田・北海道 意外にも初出場だった山田(北海道)。九州学院時代に日本代表に選出され、明治大学では学生王者に。1回戦では坂口(京都)、2回戦では赤塚(新潟)、3回戦では大学の先輩でもある竹下に二本負け、初出場はベスト16で終えた。

中澤・高知実力選手の中澤(高知)は、1回戦で新鋭・山下(茨城)から勝利し、2回戦では西村と対戦ではコテで先取したものの逆転されてしまったが、西村から今大会唯一の一本を奪い、その実力を証明した。
尾池・岡山ベテラン・尾池(岡山)は五度目の出場。1回戦では足立(埼玉)に勝利したが、2回戦では安藤に敗れた。
小谷・千葉選手権二位などの実績があるベテラン・小谷(千葉)は1回戦から國友(福岡)と注目の強豪対決となったが、國友が延長でメンを決めて小谷は一回戦で姿を消した。

宮本・東京宮本は國士舘大の時に選手権三位の輝き、今回三度目の出場は東京代表、警視庁所属での出場を決めた。1回戦では前田(奈良)、2回戦では望月(福岡)の初出場両選手で同年代に勝利したが、3回戦で勝見に敗れた。今後の活躍に期待がかかる。

千田・宮城明治大4年の千田(宮城)は、二度目の出場だったが、1回戦で恒川(岐阜)に敗れた。今後の活躍に期待したい。
塩谷・静岡塩谷は明徳義塾高でインハイ個人王者、法政で活躍し現在は静岡県警の主力選手となった。今大会は1回戦で勝見と対戦しその牙城を崩すことはできなかった。
野村・神奈川神奈川から初出場を決めた上段の野村。本庄第一高から警察に入り、警察大会個人・団体で活躍している。経験豊富な選手との対戦が続き1回戦では西村健(兵庫)に先取されつつも逆転勝利、2回戦では笠原(三重)を延長戦で下したが、三回戦では國友に一本負けしベスト16で終えた。

岩切・大阪大阪から初出場の岩切。警察大会団体では代表戦に出場し優勝に大きく貢献するなど、実力選手として知られる。今大会では1回戦で森角(長野)、2回戦では松﨑と対戦し、延長で相面で敗れた。

平野・埼玉埼玉県警特練の主将である平野、35歳で初出場を決め、1回戦で山本(広島)、2回戦で恒川(岐阜)に勝利し3回戦・ベスト16となった。
林田・福井前回大会三位の林田(福井)は1回戦で下重(福島)、2回戦では世界大会代表対決、勝見と対戦し勝見の出ばな面を決められ敗れた。
菅野・岩手岩手代表の菅野は、インターハイ個人王者、そして國士舘大で活躍し、近年では国体優勝など印象的な活躍している。今大会では1回戦で、東京から初出場を決めた警視庁の西野に勝利した、2回戦では前田に敗れた。

久田松・愛知愛知から初出場を決めた久田松。1回戦では早稲田大の先輩でもある嘉数(滋賀)、白鞘(長崎)に勝利したが3回戦で安藤に敗れたもののベスト16という実績を残した。

村松・東京白の道衣・袴が印象的な皇宮警察所属の松村は東京から初出場。国士舘大時には個人で全日本学生に出場している影の実力選手。1回戦では古畑(青森)を延長で勝利したが、2回戦では村方(福岡)に敗れた。
橋本・埼玉埼玉・橋本は過去にベスト8、今年の七段戦では優勝と乗っている。今大会は内村と並ぶ38歳最年長で5回目の出場だったが、1回戦で若手で初出場の齋江(鳥取)に敗れた。
松﨑・茨城茨城代表・松﨑は、島原高校で大活躍し現在は筑波大2年生。1回戦では山名(静岡)、2回戦では濱崎(鹿児島)に勝利。3回戦では前田と対戦し先取されるも取り返すなど接戦の末、惜しくも敗れた。

序盤戦

ベスト8

スポンサードリンク

3回戦(ベスト16)

3回戦

○松﨑(宮崎) (コ 延長 )平野(埼玉)×

○西村(熊本) (メ 勝ち )村方(福岡)×

※引きメン

○勝見(神奈川)(コ )宮本(東京)×

○安藤(北海道)(メ 延長 )久田松(愛知)×

※引きメン

○内村(東京)(メ 延長 )村上(大阪)×

○國友(福岡)(ド 一本勝ち )野村(神奈川)×

○竹下(大分)(メメ 勝ち )山田(北海道)×

※出ばなメン、引きメン

○前田(大阪)(メド 勝ち ド)松﨑(茨城)×

※前田が面抜きメン、松﨑が面返しドウ、前田が飛び込みドウで2本目

スポンサードリンク

3回戦・ベスト16始まる。西村は村方、勝見は宮本、安藤は久田松と対戦へ。

2回戦

ベスト16

スコア

スポンサードリンク

2回戦、中澤(高知)が西村(熊本)からコテで先取するも、西村がメン、延長でコテを決めて逆転勝利。勝見(神奈川)は林田(福井)から出ばなメンを決めて一本勝ち3回戦へ。

内村(東京)は斎江(鳥取)からコテ、メンを連取し2本勝ち。

2回戦

スコア

スポンサードリンク

1回戦、初出場の山田(北海道・明治大)、前田(大阪)、松﨑(茨城・筑波大)2回戦へ。

1回戦

スポンサードリンク

安藤、勝見、竹下、林田ら世界大会メンバーは1回戦に勝利している。

1回戦

1回戦

全日本剣道選手権大会 1回戦が進行中!

1回戦

開会式

全日本剣道選手権大会 天皇杯

H30第66回全日本剣道選手権大会

2018年11月3日(土・祝)
東京・日本武道館

組合せ

※大会詳細・組合せは【全日本剣道連盟HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

【速報!】9/17 H30第61回全日本実業団剣道大会

更新日: 2018/9/22


富士ゼロックス、25年ぶりの優勝!!パナソニックESの3連覇を阻止!

優勝 富士ゼロックス

2018/9/17 H30第61回全日本実業団剣道大会(日本武道館)

長かった道のり・・・ 富士ゼロックスが頂点

最優秀選手 上原祐二(富士ゼロックス)
優勝を果たした富士ゼロックス、最優秀選手には上原が選ばれた。

 2018年9月17日(月・祝日)、第61回全日本実業団剣道大会が東京・日本武道館で開催された。

大会へは全国から381チームが参加し、5人制団体戦、試合は3分三本勝負(決勝・準決勝は4分)でおこなわれた。

日本一を決める決勝へは、2連覇中のパナソニック(ES本社:パナES)と富士ゼロックス(本社:富士ゼロ)が勝ち上がった。パナESは準々決勝で九州電力、そして準決勝では勢いのあるトールエクスプレスに勝利し、3大会連続で決勝進出を決めた。

対する富士ゼロは準々決勝で東芝テック、準決勝ではNTTと関東対決を制して、実に23年ぶりに決勝まで勝ち進んだ。

先鋒戦、富士ゼロは上段の米満が反応良く伸びのある片手メンをパナES・吉村から決めて一本勝ち。次鋒戦、今度は全日本剣道選手権への出場経験もある強豪のパナES・山田が富士ゼロのキャプテン・岩川からコテを決めて一本勝ち。まさに一進一退の状況で後半戦を迎える。

中堅戦、富士ゼロは東郷、パナESはチーム最年長の勝見の対戦では、勝見が鋭く小手を放ったが拳だったか旗は上がらず、東郷は一瞬の隙を見逃さずメンを決め、この試合を一本勝ちで終える。

副将戦、富士ゼロはベテラン・上原が登場。パナESは負けられない状況の高。高は積極的に攻めるが、試合巧者の上原は攻め・間合い感覚を織り交ぜ、高の一瞬の居つきを見逃さずに引きメンを決め、一本勝ち。この勝利が富士ゼロの優勝を決め、結果3-0で25年ぶりの大会制覇を果たした。

結果

表彰式

優勝 富士ゼロックス(本社)
二位 パナソニック(ES本社)
三位 トールエクスプレスジャパン(本社)

三位 NTT(本社)
・ベスト8

九州電力(本店)、三井住友海上(神田)、東芝テック(本社)、東京海上日動(本店)

最優秀選手 上原祐二(富士ゼロックス)

ベスト16

※大会詳細、結果等は【全日本実業団剣道連盟HP】に掲載されております。

スポンサードリンク

決勝

×パナソニック(ES本社)(1-3)富士ゼロックス(本社)○

富士ゼロックス

パナソニックES本社

決勝スコア

※動画準備中

スポンサードリンク

準決勝

1:○パナソニック(ES本社)(2-1)トールエクスプレスジャパン(本社)×

準決勝1 大将戦

準決勝1スコア

※動画

2:○富士ゼロックス(本社)(2-1)NTT(本社)×

準決勝2 大将戦

準決勝2スコア

※動画

スポンサードリンク

準々決勝

1:×パナソニック(ES本社)(1-0)九州電力(本社)×

準々決勝1 中堅戦

準々決勝1スコア

※動画準備中

2:×三井住友海上(神田)(0-4)トールエクスプレスジャパン(本社)○

準々決勝1

準々決勝1スコア

3:○富士ゼロックス(本社)(2-0)東芝テック(本社)×

準々決勝3 大将戦

準々決勝3スコア

※動画準備中

4:○NTT(本社)(3-0)東京海上日動(本店)×

準々決勝4 副将戦

準々決勝4スコア

※大会詳細、結果等は【全日本実業団剣道連盟HP】に掲載されております。

スポンサードリンク

序盤戦

6回戦、富士ゼロ・北川がパナES門真・永井との大将戦に勝利し準々決勝進出。

6回戦 富士ゼロックス

動画一覧

※LET’S KENDO YouTubeチャンネル 大会再生リストへリンクします>>

動画一覧

過去大会

※H29大会(優勝・パナソニック(ES本社)、二位・東レ(滋賀))

※H28大会(優勝 パナソニック・ES門真、二位 富士ゼロックス東京・本社)

※H27大会(優勝・西日本シティ銀行、二位・伊田テクノス)

※H26大会(優勝・東洋水産、二位・九州電工)

※H25大会(優勝・NTT、二位・西日本シティ銀行)

※H24大会(優勝・パナソニック(ES本社)、二位・東洋水産)

※H23大会(優勝・東洋水産、二位・日通商事)

※H22大会(優勝・パナソニック電工(本社)、二位・JR東日本)

※H21大会(優勝・JR東日本リテールネット(東京支店)二位・パナソニック電工(本社))

【速報&生配信】9/9 H30関東学生剣道優勝大会

更新日: 2018/9/10

生配信

【FRESH!版】

スポンサードリンク

【YouTube版】

スポンサードリンク

【関東学連版】

※関東学生剣道連盟では5番組を配信中!

スポンサードリンク

決勝、國士舘が中大を3-1で下し優勝を決めた!

決勝

結果

優勝 國士舘

二位 中央大

三位 明治大、東洋大

・ベスト8

筑波大、駒澤大、慶応大、国武大

・ベスト16

東農大、日体大、流経大、順天堂、専修大、法政大、亜細亜大、東海大

・全日本出場決定戦

立正大、立教大、学習院、大東大

※上記20校が10/28に大阪で開催される全日本学生剣道優勝大会へ出場

ベスト16

出場決定戦(敗者復活戦)

※結果・詳細、スコア等は【関東学生剣道連盟HP】に掲載されております。

スポンサードリンク

リアルタイム速報

※関東学連HPで、スコア速報が行われてます。

スポンサードリンク

決勝

×中央大(1-3)國士舘○

決勝 大将戦

決勝スコア

※試合動画

スポンサードリンク

準決勝

1:○中央大(3-0)東洋大×

準決勝1

準決勝1スコア

※試合動画

2:○國士舘(3-1)明治大×

準決勝2

準決勝2スコア

※試合動画

準々決勝

1:×筑波大(2 代表 2)中大○

代表戦:×初田( 勝ち メ)丸山○

準々決勝1 代表戦

準々決勝1スコア

2:×駒澤大(1/2本 勝ち 1/3本)東洋大○

準々決勝2 大将戦

準々決勝2スコア

3:○國士舘(3-1)国武大×

準々決勝3 大将戦

4:×慶応大(0-1)明治大○

準々決勝4 中堅戦

準々決勝4スコア

4回戦

○筑波大 対 東農大×

日体大 対 中央大

流経大 対 駒澤大

東洋大 対 順天堂

國士舘 対 専修大

国武大 対 法政大

亜細亜 対 慶応大

東海大 対 明治大

4回戦、國士舘と専修大は接戦!國士舘が3-2で勝利し、ベスト8へ。筑波大は東農大を4-1。

4回戦 國士舘

3回戦、明治大は東京学芸大に勝利し4回戦へ。

3回戦 明治大

3回戦、慶応大が日大を3-1で勝利

3回戦 慶応大

3回戦、中央大が立正大を6-0で勝利し4回戦へ。4回戦で日体大と対戦へ。

3回戦 中央大

3回戦、勢いのある武蔵大との大将戦で勝利した専修大が逆転勝利、全日本出場を決めた。

3回戦 専修大

3回戦、國士舘は学習院に4-2で勝利。筑波大も勝利し、4回戦へ。全日本学生出場権を得る。

3回戦

2回戦、中央大、法政大、明治大がそれぞれ勝利し3回戦へ

2回戦

2回戦、流経大と早大の対戦は、流経大・中根が早大・安井からメンを決めて一本勝ちし、2-0で流経大が勝利し3回戦へ。大東大と明星大は代表戦となり、大東大・若林が勝利した。

2回戦、流経大

2回戦、国武大は平国大との本戦1-1、代表戦で国武大・岩切兄が引きメンを決めて3回戦進出を決めた。シード校では日体大、東海大が3回戦へ。

2回戦

2回戦、強豪シード校が初戦を迎える。筑波大は松﨑、星子、大将に初田など強豪選手を揃え國學院から6-0で勝利。國士舘は清和大2-0、日大は東大を2-0で勝利し3回戦進出を決めた。

2回戦

1回戦、流経大と帝京大は0-0の代表戦となり、流経大・中根が帝京・高橋からメンを決めて勝利し、2回戦で早稲田と対戦へ。どちらが勝ってもおかしくない、紙一重の勝負だった。

1回戦

開会式。試合開始は9時半頃より

開会式

開会式

9時より開会式!!

日本武道館

日本武道館

組合せ

組合せ

※大会詳細・組合せは【関東学生剣道連盟HP】に掲載されております。

スポンサードリンク

前回大会優勝 筑波大
前回大会優勝は筑波。明大との代表戦を制した。

2018年9月9日(日)、第67回関東学生剣道優勝大会が東京・日本武道館にて開催される。

大会へは95チームが参加、試合は7人生団体戦でおこなわれる。また、10月に大阪で開催される全日本学生剣道優勝大会へ上位進出チームと、出場決定戦(敗者復活戦)を勝ち抜いたチームはその出場権を得ることができる。

前回大会優勝の筑波大、今チームも強豪選手揃え、田内、初田、そして日本代表メンバーの星子が選手登録されている。筑波は第1シードで、2回戦ではおそらく國學院との対戦となるだろう。國學院も島原出身選手など油断できない相手となる。

昨年の大会二位の明治大は、山田(凌)そして山田(将)、千田らが4年生で最後の出場となる。さらに槌田、梶谷など下級生でも注目選手が多い。実力通りに発揮できれば上位進出も見えてくる。

前回大会三位の國士舘は全日本王者の矢野、同二位の福居ら強豪選手、大型選手が選手登録されている。2回戦ではおそらく清和大、全日本学生出場をかけて学習院と対戦か。

立教大は昨年、約50年ぶりのベスト4進出を決めた。これまでチームを支えてきた上級生と、近年、高校大会でも活躍目立つ立教新座からの新戦力を加えて今大会でも上位進出を目指すが、厳しい試合が待ち構えている。勝ち上がると全日本出場をかけた3回戦で順天堂との対戦となれば、接戦になることは間違いないだろう。

中央大、個人戦でも活躍が目立つ丸山、本間らがキーマンとなる。組合せの近くに超強豪校はおらず、実力通りに勝ち上がれば全日本出場の出場権は得られそうだ。

序盤戦、全日本出場をかけた3回戦では強豪校同士の対戦も多く見られそうだ。

流経大の中根も4年生となり、最後の関東学生に注目したい。チーム強化が進んでいる帝京大と1回戦で対戦し、その勝者は2回戦で早稲田との対戦となる。

強豪校では日体大、専修大、国武大、法政大や、そして大東大や駒澤大など勢いのあるチームも気になるところ。

※LET’S KENDOでは大会当日にリアルタイム速報、生配信をおこないます。

※関東学生剣道連盟でも生配信予定!

スポンサードリンク

※過去大会

※H29大会(優勝・筑波大、二位・明治大)

※H28大会(優勝・中央大、二位・國士舘)

※H27大会(優勝・日体大、二位・筑波大)

※H26大会(優勝・筑波大、二位・日体大)

※H25大会(優勝・國士舘、二位・法政大)

※H24大会(優勝・國士舘、二位・中央大)

※H23大会(優勝・日体大、二位・中央大)

※H22大会(優勝・國士舘、二位・明治大)

※H21大会(優勝・日体大、二位・筑波大)

【速報&生配信】8/26 H30国体関東ブロック大会 剣道競技

更新日: 2018/8/29

茨城が3部門制覇

茨城県勢が3部門を制し、福井国体出場へ。

2018年8月26日(日)、第73回国民体育大会・関東ブロック大会 剣道競技が茨城県・下館総合体育館にて開催された。

大会は成年女子が3人制団体戦5分3本勝負、少年男女は5人制団体戦4分3本勝負が行われ、各上位3チームが9月30日から福井県でおこなわれる本大会への出場権を得ることができる。(成年男子はブロック大会なし)

試合に関して、基本的に引き分けがなく勝負が決するまで延長戦が続く決着ルールとなっている。(決勝・三位決定戦はチームの勝敗が決まった場合、引き分けあり)また、関東の8チームが4チームのリーグ戦をおこない、リーグ1位チームが決勝へ、リーグ2位チームが3位決定戦へ。各リーグ1位は福井国体へ出場、2位チームは3位決定戦の勝利チームに出場権があたえられる。

試合が決着ルールのため、予想外の展開になることが多く、先鋒、次鋒を選手しても中堅、副将で取り返し大将戦に持ち込むような展開も多くみられた。

少年男子予選、茨城、千葉がリーグ3連勝で決勝へ

少年男子、リーグ1組では水戸葵陵の岩部、棗田が後ろに控える茨城と、佐野日大選手で揃えた栃木が同組となった。茨城は初戦の埼玉、2戦目の群馬に勝利しリーグ突破を引き寄せ、最終戦で栃木で対戦へ。栃木は初戦の群馬戦を落とし厳しい状況をとなったが埼玉に大将戦で栃木・大平が延長でコテを決めて3-2で勝利したが、リーグでは埼玉、群馬とともに1勝1敗と厳しい状況で茨城との対戦となった。茨城と栃木の直接対決では、やや波に乗り切れなかった栃木だったが先鋒、次鋒を連勝し、リーグで並んでいる埼玉、群馬との勝利者数で上回った。しかし、茨城が中堅・小松崎、副将・棗田、そして大将戦は超高校級対決の茨城・岩部と栃木・大平の対戦を、岩部が延長戦でメンを決めて制し、茨城が3-2の逆転勝利でリーグ3勝目、決勝進出とともに福井国体への出場を決めた。

茨城の決勝の相手は千葉。千葉はリーグ2組の初戦で神奈川との大将戦を千葉・樋浦が延長でコテを決めて勝利し、2戦目の山梨は4-1、そして東京との最終戦でも樋浦が大将戦で勝利しリーグ3連勝で1位突破を決めた。

千葉に敗れた神奈川であったが、2戦目の東京戦では大将戦に勝利し3-2、3戦目の山梨にも勝利し2勝1敗でリーグ2位を決め3位決定戦で栃木との対戦となった。

決勝戦、開催地・茨城の勢いが上回り5-0で千葉から勝利し、少年男子の部で優勝を決めた。

福井国体への出場権がかかる3位決定戦は栃木と神奈川が対戦し、栃木が先鋒・清水、次鋒・西野が連勝し優位な展開を作ったが、中堅戦では神奈川・井出が1本勝ちするも後のない状況が続く神奈川。副将戦、この日、一本が取れない栃木・原田は、長身の神奈川・高橋を対戦し延長戦で原田が気迫のこもったコテを決めてチーム3勝目を奪い、結果、栃木が4-1で勝利し3位に滑り込んだ。

少年男子は福井国体へ茨城、千葉、栃木の3チームの出場を決定した。

女子成年女子

成年女子は3人制団体戦、連敗は許されない厳しい試合となる。

茨城は先鋒・西が勝利し後半に繋げる展開で、山梨、埼玉に勝利。最終戦では、2勝同士の栃木と対戦。栃木先鋒は教職員大会個人優勝・鈴木が茨城・西から勝利したが、中堅では茨城・小松澤、大将・川上の勝利で逆転勝利でリーグ3連勝で決勝進出を決め、栃木は3位決定戦へ回った。茨城の決勝の相手は神奈川。

神奈川の初戦の群馬戦で先鋒は世界大会女子日本代表の松本が勝利したものの逆転負け。しかし、東京、千葉と連勝しチームは2勝1敗。しかし、このリーグは神奈川、東京、群馬が2勝1敗で並び、勝者数6で1位突破、2位は群馬が勝者数5で東京を1勝上回り3位決定戦へ。

決勝戦、茨城・西が延長戦で神奈川・松本から延長戦でドウを決めて一本勝ち、さらに中堅戦でも茨城・小松澤が一本勝ちし2-0で茨城が優勝を決めた。

三位決定戦、栃木が群馬から先鋒、中堅を連勝し2-0で勝利、福井国体への出場を決めた。

少年女子

※準備中

スポンサードリンク

結果

・成年女子

優勝 茨城

二位 神奈川

三位 栃木

・少年男子

優勝 茨城

二位 千葉

三位 栃木

・少年女子

優勝 茨城

二位 群馬

三位 東京

※各部門三位までが、福井国体へ出場。

※試合詳細速報は【国体関東ブロック速報HP】にて>>

スポンサードリンク

予選リーグ

成年女子 予選リーグ成年女子

少年男子予選リーグ少年男子
少年女子少年女子

※予選1位チームはは決勝進出、そして福井国体へ出場決定。予選2位チームは3位決定戦へ新出場、勝利したチームが福井国体への出場権を得ます。

試合詳細速報は【国体関東ブロック速報HP】にて>>

スポンサードリンク

決勝

成年女子:×神奈川(0-2)茨城○

成人女子決勝

成年女子 決勝スコア

※動画

少年男子決勝:○茨城(5-0)千葉×

少年男子決勝

少年男子決勝スコア

※動画

試合詳細速報は【国体関東ブロック速報HP】にて>>

スポンサードリンク

少年女子決勝:○茨城(4-0)群馬×

少年女子決勝スコア

少年女子決勝スコア

※動画

三位決定戦

少年男子:○栃木(4-0)神奈川×

少年男子三位決定戦

少年男子三位決定戦スコア

※動画

試合詳細速報は【国体関東ブロック速報HP】にて>>

スポンサードリンク

少年女子:○東京(3-1)埼玉×

少年女子三位決定戦

少年女子三位決定戦スコア

※動画準備中

試合詳細速報は【国体関東ブロック速報HP】にて>>

スポンサードリンク

成年女子:×群馬(0-2)栃木○

成年女子三位決定戦

成年女子三位決定戦スコア

試合動画一覧

※試合動画一覧はLET’S KENDO YouTubeチャンネルにて>>

動画一覧

スポンサードリンク

生配信

番組A・少年男子

少年男子 試合順

スポンサードリンク

番組B 成年女子・少年女子

少年女子成年女子

YouTube版(少年男子)


※配信は【FRESH!LIVE】【YouTube】にておこないます。

スポンサードリンク

リアルタイム速報

少年男子予選リーグ2組、千葉が東京との大将戦を制しリーグ1位を決めた。千葉は決勝で茨城と対戦へ。リーグ2位は・・・

千葉がリーグ突破

※試合詳細速報は【国体関東ブロック速報HP】にて>>

スポンサードリンク

少年男子予選リーグ1組、茨城が栃木から逆転勝利でリーグ3勝目をあげ決勝進出を決めると同時に本大会への出場を決める。1勝2敗で3チームがならんだが栃木が勝者数差で三位決定戦へコマを進め、本大会出場を目指す。

茨城がリーグ突破

※試合詳細速報は【国体関東ブロック速報HP】にて>>

スポンサードリンク

少年男子予選リーグ、東京は初戦の山梨から逆転勝利で1勝目。

少年男子 東京

少年男子予選リーグ、千葉が神奈川との大将戦を制し3-2で勝利。群馬が栃木に勝利。成年女子、リーグ1は群馬が2勝し一歩リード。

千葉、大将戦を制す

スポンサードリンク

予選リーグ、茨城は少年男女とも初戦に勝利。

茨城

開会式! 本大会へ出場は各部門、3チーム!

開会式

8時半頃より配信開始予定!!

関東ブロック剣道大会

出場選手

成年女子少年男子少年女子

スポンサードリンク

組合せ

少年男子少年男子

少年女子少年女子
成年女子成年女子

スポンサードリンク

速報サイト

速報サイト

※試合詳細速報は【国体関東ブロック速報HP】にて>>

スポンサードリンク

第73回国民体育大会関東ブロック大会 剣道競技

2018年8月26日(日曜日) 茨城県・下館総合体育館

・成年女子:3人制団体戦

・少年男女:5人制団体戦

※各部門三位までが、本大会・福井出場へ出場

※大会詳細は【茨城県教育委員会HP】に掲載されております。

スポンサードリンク

【速報&生配信】6/8〜10 H30第65回関東高校剣道大会

更新日: 2018/6/16

男子団体、佐野日大が初優勝!女子は安房が2連覇!!

男子団体優勝 佐野日大
男子団体決勝、佐野日大が立教新座から3-1で勝利し初優勝。

2018年6月8日(金)〜10日(日)、第65回関東高等学校剣道大会が栃木県宇都宮市・ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)にて開催された。大会は男女団体戦、個人戦がおこわれた。

男子団体戦、前回大会優勝で連覇にも期待のかかった水戸葵陵が予選リーグで敗れるなど波乱が起きた幕開けとなった。予選リーグを勝ち抜き決勝まで進んだのは、佐野日大(栃木)と立教新座(埼玉)。

佐野日大はここ2大会連続で三位入賞をしており、今大会も優勝候補の一つ。予選では中央学院(千葉)から逆転勝利、決勝トーナメント・準々決勝の明大中野(東京)とは代表戦、準決勝の土浦日大(茨城)では大将戦など接戦を勝ち抜き決勝戦へ。

対する立教新座は近年その存在感が増しており、この関東大会をはじめ選抜やインターハイ(個人)なども埼玉代表として出場している。今大会、予選リーグを2勝で勝ち抜き、決勝トーナメント準々決勝では水戸葵陵を下すなど勢いのあった東海大相模(神奈川)と対戦し1-0で勝利。準決勝では東海大菅生(東京)を3-1で下し初の決勝進出を果たした。

決勝戦、立教新座が先鋒・土井が先勝するも佐野日大が次鋒・清水、中堅・志良堂が取り逆転、大将戦では佐野日大・大平が引きメンの一本勝ちで終え3-1で佐野日大の初優勝で男子団体は閉幕した。

女子団体、3月の全国選抜で準優勝した守谷(茨城)が優勝候補であったが、準決勝で過去幾度も決勝で対戦している関東では最大のライバルと言える桐蔭学園(神奈川)に0-2で敗退。桐蔭学園の決勝の対戦相手は、前回大会優勝校の安房(千葉)。前回大会個人二位の相場を大将に優勝メンバーを4人残し、連覇を狙った。

安房は予選リーグでは茗溪学園(茨城)、国士舘(東京)と強豪校から連勝し、決勝トーナメント・準々決勝では栃木県勢で唯一残った作新学院(栃木)を3-1で振り切り、準決勝では東海大菅生(東京)を2-1で逆転勝利で決勝進出を決めた。決勝の桐蔭学園戦では、安房先鋒・菅野、中堅・平山が勝利し、副将戦は桐蔭・渡部が二本勝ちで取り返したが大将戦は引き分けとなり、2-1で安房が2連覇を決めた。

男子個人戦は、水戸葵陵の大将をつとめる岩部が決勝まで勝ち進み、土浦日大・小松崎との茨城対決を延長戦で引きメンを決めて優勝を果たした。

女子個人、前回優勝者の柿元(守谷)を準決勝で下した石川(日体大桜華・東京)と前回大会ベスト8の北田(東京学館浦安・千葉)が対戦し、北田が延長戦で引きドウを決めて大会を制した。

スポンサードリンク

団体戦結果

男子

男子表彰

優勝 佐野日大(栃木)

二位 立教新座(埼玉)

三位 土浦日大(茨城)、東海大菅生(東京)

・ベスト8

国士舘(東京)、明大中野(東京)、文星芸大(栃木)、東海大相模(神奈川)

男子団体決勝トーナメント

※対戦スコア付きの速報は【関東高校剣道大会HP】にあります。

スポンサードリンク

女子

女子表彰

優勝 安房(千葉)

二位 桐蔭学園(神奈川)

三位 守谷(茨城)、東海大菅生(東京)

・ベスト8

東京学館浦安(千葉)、淑徳巣鴨(埼玉)、岩瀬日大(茨城)、作新学院(栃木)

女子団体決勝トーナメント

※対戦スコア付きの速報は【関東高校剣道大会HP】にあります。

個人戦結果

男子

男子個人表彰

優勝 岩部 光(水戸葵陵3年・茨城)

二位 小松崎大聖(土浦日大3年・茨城)

三位 伊藤和樹(横浜2年・神奈川)

三位 山田一樹(足立学園3年・東京)

ベスト8

吉田翔(明大中野3年)、加藤瑞樹(東農大二3年)、前原渓人(前橋育英3年)、坂本大河(甲府商業3年)

女子

女子個人表彰

優勝 北田奈子(東京学館浦安3年・千葉)

二位 石川万尋(日体大桜華2年・東京)

三位 住友香穂(日本航空3年・山梨)

三位 柿元冴月(守谷2年・茨城)

ベスト8

野川 真(守谷3年)、鈴木杏奈(淑徳与野3年)、上甲怜奈(桐蔭学園3年)、矢崎里奈(甲府南3年)

優秀選手・男子

男子優秀選手

岩崎 蓮(国士舘・東京)

増渕 蓮(土浦日大・茨城)

加藤瑞樹(東農大二・群馬)

坂本大河(甲府商業・山梨)

大平翔士(佐野日大・栃木)

山本雄大(東海大菅生・東京)

淀縄樹生(東海大相模・神奈川)

小松﨑大聖(土浦日大・茨城)

岩部 光(水戸葵陵・茨城)

優秀選手・女子

女子優秀選手

野川 真(守谷・茨城)

松崎雛乃(淑徳巣鴨・東京)

渡部日向子(桐蔭学園・神奈川)

松川美羽(東海大菅生・東京)

茂呂澤麻由(作新学院・栃木)

駒田奈都(岩瀬日大・茨城)

菅野波瑠香(安房・千葉)

住友香穂(日本航空・山梨)

北田奈子(東京学館浦安・千葉)

石川万尋(日体大桜華・東京)

※対戦スコア付きの速報は【関東高校剣道大会HP】にあります。

スポンサードリンク

団体決勝

男子:○佐野日大(3-1)立教新座×

先鋒戦では立教・土井がドウを決め、次鋒戦では佐日・清水が引きコテを決めスコアを1-1に。中堅戦では佐日・志良堂が延長で鋭いコテを決めて勝利。逆転勝利のために勝利が必要な立教だったが、佐日・大平が必殺の引きメンを決め勝利し、佐野日大が3-1で初優勝を果たした。

立教新座・土井

佐野日大・清水
佐野日大・志良堂
佐野日大・大平
男子決勝スコア
※動画

スポンサードリンク

女子:×桐蔭学園(1-2)安房○

安房は先鋒・菅野、中堅・平山が一本勝ちで勝利し、桐蔭学園は副将・渡部が二本勝ちで大将戦となったが引き分けとなり、2-1で安房が大会2連覇を達成した。

安房先鋒・菅野

女子決勝スコア

※動画

スポンサードリンク

個人戦決勝

男子:×小松﨑(土浦日大)( 延長 メ)岩部(水戸葵陵)○

※延長戦で岩部が引きメンを決めて優勝を決めた。

優勝 岩部(水戸葵陵)

※動画

スポンサードリンク

女子:○北田(東京学館浦安)(ド 延長 )石川(日体大桜華)×

※延長戦で北田が引きドウを決めて勝利。

※動画

男子・団体準決勝

1:×土浦日大(1-2)佐野日大○

男子準決勝 佐野日大

男子準決勝1

※動画

スポンサードリンク

2:×東海大菅生(1-3) 立教新座○

男子準決勝 立教新座

男子準決勝2

※動画

女子・団体準決勝

1:×守谷(0-2)桐蔭学園○

女子準決勝 桐蔭学園

女子準決勝1

※動画

2:×東海大菅生(1-2)安房○

女子準決勝 安房

女子準決勝2

※動画

個人戦準決勝

男子1:×伊藤(横浜)(  延長 コ)小松崎(土浦日大)○

男子個人準決勝 小松崎・土浦日大

※動画

男子2:○岩部(水戸葵陵(コメ 勝ち メ)山田(足立学園)×

男子個人準決勝 岩部・水戸葵陵

※動画

スポンサードリンク

女子1:○北田(学館浦安)(コ 延長 )住友(日本航空)×

女子個人準決勝 北田・学館浦安

※動画

女子2:×柿元(守谷)(  一本勝ち )石川(日体大桜華)○

女子個人準決勝 石川・日体大桜華

※動画

スポンサードリンク

男子準々決勝

1:×国士舘(1-2)土浦日大○

準々決勝 土浦日大・増渕

男子準々決勝1

※動画

2:×明大中野(1代表1) 佐野日大○

※代表戦 ×吉田(  勝ち メ)大平○

準々決勝代表戦 佐野日大・大平

男子準々決勝2

※動画

3:×甲府商業(0-1)東海大菅生○

準々決勝 東海大菅生・山本

※男子準々決勝3

※動画

4:×東海大相模(0-1)立教新座○

準々決勝 立教新座・土井

男子準々決勝4

※動画

※対戦スコア付きの速報は【関東高校剣道大会HP】にあります。

スポンサードリンク

女子準々決勝

女子準々決勝 安房

1:○守谷(2-0)東京学館浦安×

2:×淑徳巣鴨(1-2) 桐蔭学園○

3:×岩瀬日大(2 /2本   2/3本) 東海大菅生○

4:×作新学院(3-1)安房○

女子準々決勝スコア

動画一覧

※LET’S KENDO YouTubeチャンネルへリンクします。

動画一覧

最終日・生配信

※対戦スコア付きの速報は【関東高校剣道大会HP】にあります。

スポンサードリンク

リアルタイム速報(3日目)

男子決勝トーナメント1回戦 結果

【○国士舘(2代表戦2) 郁文館×】東京対決となった国士舘対郁文館は代表戦で国士舘・岩崎がコテを決めてベスト8進出を決めた。

国士舘

【×本庄第一(1-2) 土浦日大○】

【○明大中野(2-1) 埼玉栄×】男子決勝T1回戦、明大中野が埼玉栄から2-1で勝利。

明大中野

【×土浦湖北(0-5) 佐野日大○】男子決勝T1回戦、佐野日大が土浦湖北から勝利。男子栃木勢としては唯一の準々決勝へ。

佐野日大

【○甲府商業(1代表1)文星芸大×】男子決勝T1回戦、甲府商が地元・文星芸大との代表戦を制し準々決勝へ。また、栃木勢・小山は勢いが続く東海大相模に敗れた。

甲府商

【○東海大菅生(2-1)横浜×】

【○東海大相模(4-1)小山×】

【×習志野(0-3)立教新座○】

立教新座

 

※対戦スコア付きの速報は【関東高校剣道大会HP】にあります。

スポンサードリンク

 

 

 

男女団体ベスト16、個人ベスト4

男子団体ベスト16男子団体ベスト16

女子団体ベスト16女子団体ベスト16
男子個人戦トーナメント男子個人戦トーナメント
女子個人戦トーナメント女子個人戦トーナメント

※対戦スコア付きの速報は【関東高校剣道大会HP】にあります。

スポンサードリンク

2日目・リアルタイム速報(個人)

男子個人戦ベスト4

伊藤和樹(横浜高校2年)× 小松﨑大聖(土浦日大3年)

岩部 光(水戸葵陵3年)× 山田一樹(足立学園3年)

伊藤(横浜)伊藤(横浜)は2回戦で新谷(葵陵)、準々で吉田(明大中野)との長い延長戦を制しベスト4へ。準々では吉田も積極的に攻めあと一歩まで追い詰めた。

小松崎(土浦日大)小松崎は2回戦で中山(立教新座)、ベスト8で加藤(東農大二)に勝利し準決勝進出を決めた。加藤は清水(佐野日大)に勝利するなど、印象を残した。
岩部(水戸葵陵)岩部(葵陵)は1回戦で、団体でチームが破れた東海大相模の飯嶋、2回戦では鈴木(立教新座)を長い延長戦を制し、準々では大柄の前原(前橋育英)に勝利し、団体の雪辱を晴らすべく最終日へコマを進めた。
山田(足立学園)三位 1回戦でインハイ個人二位の大平(佐野日大)から勝利し勢いに乗り2回戦では高瀬(翔凜)、準々では坂本(甲府商)から勝利しベスト4進出を決めた。

スポンサードリンク

女子個人戦ベスト4

北田奈子(東京学館浦安3年)× 住友香穂(日本航空3年)

柿元冴月(守谷2年)× 石川万尋(日体大桜華2年)

北田(東京学館浦安)優前回大会ベスト8の北田(学館浦安)は、今大会も準々へ進出し野川(守谷)から勝利しベスト4進出を決めた。

住友(日本航空)住友(日本航空)は1、2回戦を延長戦で勝ち抜き、準々では須永(共愛学園)から二本勝ちし準決勝進出を決めた。
柿元(守谷)前回大会、1年生で優勝を果たした柿元(守谷)は鋭いメンを武器に勝ち進み準々では上甲(桐蔭)に勝利、連覇を狙うべく準決勝へ。
石川(日体大桜華)東京の新興勢力・日体大桜華は頭角を表し、この個人では石川が準々決勝で矢崎(甲府南)から勝利し、最終日へ進出を決めた。矢崎は2大会連続でベスト8。

スポンサードリンク

2日目・リアルタイム速報(団体)

男子リーグ突破チーム

※大会最終日・団体決勝トーナメント組合せ

A国士舘(東京)対 B郁文館(東京)

C本庄第一(埼玉)対 D土浦日大(茨城)

E明大中野(東京)対 F埼玉栄(埼玉)

G土浦湖北(茨城) 対 H佐野日大(栃木)

I甲府商業(山梨)対 J文星芸大(栃木)

K東海大菅生(東京)対 L横浜(神奈川)

M東海大相模(神奈川)対 N小山(栃木)

O習志野(千葉) 対 P立教新座(埼玉)

女子リーグ突破チーム

※大会最終日・団体決勝トーナメント組合せ

A守谷(茨城) B日本航空(山梨)

C市立川口(埼玉)対 D東京学館浦安(千葉)

E淑徳巣鴨(東京)対 F甲府南(山梨)

G東海大高輪台(東京)対 H桐蔭学園(神奈川)

I深川(東京)対 J岩瀬日大(茨城)

K東海大菅生(東京)対 L文星女子(栃木)

M作新学院(栃木)対 N土浦湖北(茨城)

O安房(千葉)対 P明和県央(群馬)

予選C、本庄第一が鎌倉学園と引き分けたが、日本航空に1-0で勝利しリーグ突破を決めた。大接戦のリーグだった。

本庄第一

予選L、横浜(神奈川)は城北埼玉に勝利し、富士(東京)からも3-0でリーグ2勝目となり、決勝トーナメントで東海大菅生と対戦へ。

横浜

予選H、中央学院が佐野日大からリードしたが、佐日副将・原田、大将・大平が連勝し逆転勝利でリーグ突破を決めた。

佐野日大

スポンサードリンク

予選D、土浦日大(茨城)と翔凜(千葉)の強豪対決は、2-1で土浦日大が逆転勝利でリーグ2目をあげた。

土浦日大

予選P、立教新座(埼玉)が富士学苑(山梨)から勝利。次戦は成田(千葉)と対戦。勝者が決勝トーナメントへ。

立教新座

予選C、日本航空(山梨)が鎌倉学園(神奈川)から逆転勝利。本庄第一(埼玉)とリーグ突破をかけて対戦へ。

日本航空

優勝候補・佐野日大(栃木)、予選Hの初戦で多摩工業(東京)に勝利。次戦は中央学院(千葉)、しっかりとした剣風のチームだ。

佐野日大

男子予選K、東海大菅生(東京)が東海大浦安から2-1で勝利。さらに湘南工大(神奈川)にも勝利し決勝トーナメントへ。

東海大菅生

スポンサードリンク

 

男子予選N、3チームが1勝1敗で並び、小山(栃木)が総勝者数で上回り明日の決勝トーナメントへ駒を進めた。栃木勢では文星芸大もリーグ2勝で勝ち進んでいる。

小山

男子予選、明大中野は前橋(群馬)、大宮東(埼玉)に連勝し、リーグ突破を決めた。

明大中野

男子予選A、国士舘は大田原との大将戦に勝利し、1-1の引き分けに持ち込む。大田原は思い切りのいい面が印象的だった。

国士舘は次戦の拓大紅陵戦にも4-1で勝利し決勝トーナメント進出を決めた

国士舘

大田原

男子予選、郁文館(東京)が桐蔭学園との大将戦を制し1-0で勝利。次戦の茗溪学園(茨城)戦も1-0で勝利しリーグ2勝をあげ、決勝トーナメントへ。

郁文館

男子予選、東海大相模(神奈川)が前回王者・水戸葵陵(茨城)から1-0で勝利。相模は東京学館浦安にも2-1で勝利し、リーグ突破を決めた。

東海大相模

女子予選、守谷(茨城)が希望ヶ丘(神奈川)、晴海総合(東京)に連勝し、リーグ突破を決める。

守谷

※試合開始は9時半〜 男女団体予選リーグ、16時〜 男女個人戦 〜ベスト4

2日目・生配信

※対戦スコア付きの速報は【関東高校剣道大会HP】にあります。

スポンサードリンク

1日目・開会式

関東高校剣道大会、開幕!!

入場

選手宣誓は、佐野日大・志良堂、作新学院・大藤

選手宣誓

日本剣道形 打太刀・佐山利晴、仕太刀・小原 大

日本剣道形

生配信

※15時〜 開会式

※ライブ配信のため回線状況により、画像が乱れたり途切れる場合がございますがご了承ください。
※予定配信が直前で変更になる場合がございます。

※YouTubeでも生配信しております。

スポンサードリンク

第65回関東高等学校剣道大会 in ブレックスアリーナ宇都宮

前回大会男子優勝 水戸葵陵
前回大会団体戦、男子は水戸葵陵、女子は安房が優勝。

第65回関東高等学校剣道大会

2018年6月8日(金)〜10日(日)

栃木県宇都宮市:ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)

・大会日程

6/8(金) 15時〜 開会式
6/9(土) 男女団体予選リーグ、男女個人戦 〜ベスト4
6/10 (日) 男女団体決勝トーナメント、男女個人戦 準決勝・決勝
※LET’S KENDOでは大会期間中毎日、速報&生配信をおこないます!

スポンサードリンク

組合せ

男子団体男子団体

スポンサードリンク

大会公式・速報サイト

※トーナメント、試合スコアが随時更新されます。

大会公式速報サイト

※LET’S KENDO・関東大会スペシャルスポンサー

防具クリーニング専門 武蔵坊・剣洗

【速報&生配信】12/3 H29第18回関東女子学生剣道新人戦大会

更新日: 2017/12/4

法政大が決勝で順天堂を破り、4年ぶり5度目の優勝!!

優勝 法政大
初の決勝進出を果たした順天堂を法政は2-1で振り切り5度目の優勝。

2017年12月3日(日)、第18回関東女子学生剣道新人戦大会が、東京都・墨田区総合体育館にて開催された。

大会へは77チームがエントリーし、試合は5人生団体戦、1、2年生のみの次世代チームで優勝が争われた。

法政大は7大会連続でベスト4進出を決め、準決勝で中央大に2-0で勝利し決勝進出を決め、順天堂大と対戦。順天堂は準々決勝で前回王者・國學院に勝利し、初のベスト4進出を決めると準決勝では明治大を3-1で勝利し決勝へ。

決勝戦、常に一本を奪い合う見応えのある一戦となった。

順天堂は一本を先取するも法政大に取り返され先鋒戦は引き分け、次鋒戦では法政・西口が逆転二本勝ちし1勝リード。中堅戦でも一本ずつ取り合い引き分けた。副将を勝利できれば優勝が決まる法政・木村は順天堂・鈴木と対戦。試合中盤、鈴木が間合いを詰めてきたところを木村はうまく外し、引きメンを合わせ一本勝ちし、法政が2-1で順天堂から勝利し4年ぶり5度目の優勝を決めた。

スポンサードリンク

生配信

結果

優勝 法政大

二位 順天堂

三位 明治大、中央大

・ベスト8

國學院、明星大、東農大、日体大

ベスト16トーナメント

ベスト16トーナメント

※結果トーナメント、大会詳細は【関東学生剣道連盟HP】に掲載されております。

スポンサードリンク

決勝

×順天堂(2-1)法政大○

決勝score

先鋒戦を引き分け、次鋒戦では法政は好調の西口。順天堂・安井に先制されるも、すぐに鋭いメンを二本決め返し逆転勝利。

決勝、次鋒戦

中堅戦が引き分けたのちの副将戦。法政・木村がメンを奪って一本勝ちし、チームの優勝を決めた。

副将戦

決勝

【動画】

スポンサードリンク

準決勝

1:○順天堂(3-1)明治大×

初のベスト4進出を果たした順天堂の勢いは止まらず、明治大から先鋒、次鋒、中堅を連勝し勝負を決めた。

準決勝1、中堅戦

準決勝1スコア

【動画】

2:×中央大(0-2)法政大○

法政は先鋒・北條、次鋒・西口で連勝。中大は中堅・浅野ほかポイントゲッターを配置し逆転を目指したが3戦引き分けとなってしまし、法政大が決勝進出を決めた。

準決勝2、先鋒戦

準決勝2スコア

【動画】

スポンサードリンク

準々決勝

1:×國學院(2-3)順天堂○

順天堂がリードしていたが國學院副将の勝利でスコアを戻すも、順天堂大将の上段・菅原が2本勝ちしチームの勝利を決定させた。

準々決勝1、大将戦

準々決勝1スコア

【動画】

2:×明星大(0-2)明治大○

取り合いつつ引き分けが続き、明治大は副将・小松が勝利し、大将戦でも藤﨑が勝利し準決勝進出を決めた。

準々決勝2、大将戦

準々決勝2スコア

【動画】

3:×東農大×(1-2)中央大○

中大は先鋒、次鋒に連勝し試合を優位に進め、東農大は副将戦を引き分けた時点でチームの敗退が決まってしまった。

準々決勝3、先鋒戦

準々決勝3スコア

【動画】

4:×日体大(2/2本ー2/3本)法政大○

試合は法政は次鋒・西口、中堅・後藤が連勝しリードを広げた。副将戦で日体大・中村が一本勝ちし流れを引き寄せ、大将・桑野は法政・佐藤から引き逆ドウを先取するもあと一本たりず、本数差で日体大が敗れた。

準々決勝4、大将戦

準々決勝4スコア

【動画】

スポンサードリンク

リアルタイム速報(1〜4回戦)

4回戦、法政大が青学大との大将戦に勝利し2-1で準々決勝進出を決める。

法政大

4回戦、順天堂が流経大から3-2で逆転勝利、ベスト8へ。

順天堂

3回戦、早大・太田は大将戦で法大・佐藤から試合終了間際に勝利し代表戦に持ち込んだ代表戦で再び対戦し、今度は法大・佐藤がメンを決めてベスト16進出を決めた。4回戦ではベスト8をかけて青学大と対戦へ。

法政大

今大会は波乱多発!!3回戦、青学大が金星、國士舘から2-1で勝利。

青学大

明治大、初戦となった2回戦で玉川大と代表戦。明大・藤﨑の勝利で3回戦へ。

明治大

2回戦、中央大が国武大から2-1で勝利し3回戦へ。法政大、國士舘も3回戦へ駒を進める。

中央大

2回戦、順天堂と清和大は本戦を1-1、代表戦で上段の順天堂・長友が諸手メンを決めて勝利した。

順天堂

2回戦、駒澤大が筑波大から1-0で勝利!

駒澤大

スコア

前回王者・國學院、初戦の2回戦を勝利。

國學院

1回戦、國士舘が帝京大との代表戦を制し2回戦へ。帝京大は各大会で善戦するも、上位進出に及ばず。

國士舘

開会式

開会式

10時より開会式

関東女子新人戦

トーナメント

トーナメント

※トーナメント、大会詳細は【関東学生剣道連盟HP】に掲載されております。

スポンサードリンク

概要

前回大会優勝、國學院大学
前回大会、決勝で國學院が早大との代表戦で勝利し初優勝。

第18回関東女子学生剣道新人戦大会が、2017年12月3日(日) 東京都・墨田区総合体育館にて開催される。

大会へは77チームがエントリーし、5人生団体戦、1、2年生のみでチーム編成される。

前回大会優勝の國學院大学は、優勝メンバーが多く残りさらに強豪高校出身の1年生選手が加わっている。順当に勝ち上がれば4回戦で東海大と対戦か。

前回二位の早大は強豪校の多いトーナメントにおり、3回戦では法政大、続く4回戦では國士舘との対戦が見込まれるが、國士舘の序盤には帝京大、尚美学園大と気の抜けない対戦が待っている。

優勝候補、筑波大は竹中、合瀬、久徳と実績のある2年生がチームの中心か。初戦となる2回戦で駒澤大となっている。

中央大は女子の強化進んでおり、早くも9月の関東女子優勝大会では準優勝の結果を残す。1年生の浅野、中野らメンバーがそのままに新人戦に出場することが予想される。2回戦で国際武道大との序盤戦の山場を乗り切れれば上位進出も見えてくる。

11月の全日本女子学生で優勝した日体大は4年生中心メンバーだったが、唯一試合メンバー入りしていた1年生の桑野、そして2年生の中村が新人戦にエントリーされており、登録7選手中1年生が6名と次世代を見据えた構成となっている。

昨年度の女子学生剣道界で活躍を見せた明治大、今年度は1年生の小松が個人で入賞している。また、2年生の藤﨑、浅井、春名など高校時に好成績を残した選手が多い。超強豪校は周りにおらず、実力を発揮できれば上位進出も可能だ。

LET’S KENDOではTwitterfacebookなどでも速報予定です!!

スポンサードリンク

過去大会

・H28大会(優勝:國學院、二位:早稲田)

・H27大会(優勝:日体大、二位:法政大)

H26大会(優勝:早稲田、二位:法政大)

・H25大会(優勝:法政大、二位:明治大)

・H24大会(優勝:法政大、二位:東海大)

・H23大会(優勝:法政大、二位:日体大)※取材なし

・H22大会(優勝:筑波大、二位:國士舘)

・H21大会(優勝:法政大、二位:日体大)

【取材&結果】8/7 H29全国定時制通信制高校剣道大会

更新日: 2017/8/7

男子団体、神奈川Aが東京を下し2年ぶりに王者返り咲き!!

男子団体優勝 神奈川A

スポンサードリンク

結果

閉会式
男子団体、個人とも神奈川勢が制し、女子団体は兵庫同士の決勝となった。


【男子団体】

優勝 神奈川県A(横浜修悠館高校)

二位 東京都A

三位 神奈川県B、福岡県

【女子団体】

優勝 兵庫県A

二位 兵庫県B

三位 静岡県、神奈川県A

【男子個人】

優勝 田中聖将(神奈川県)

二位 福嶋 剣(東京都)

三位 立花 仁(静岡県)

三位 丸山穂敬(兵庫県)

【女子個人】

優勝 樋口真琴(岐阜県)

二位 大塚菜乙(熊本県)

三位 坂本純奈(神奈川県)

三位 中里七星(長崎県)

トーナメント

男子団体男子団体

女子団体女子団体
男子個人男子個人
女子個人女子個人

スポンサードリンク

決勝

男子団体 ×東京A(0-2)神奈川A○

次鋒戦、神奈川・大田が二本勝ち次鋒戦、神奈川・大田が二本勝ち

大将で神奈川・工藤が二本勝ち、2-0で優勝を決めた大将で神奈川・工藤が二本勝ち、2-0で優勝を決めた
2年ぶりの優勝を果たした神奈川A2年ぶりの優勝を果たした神奈川A
スコアスコア

【動画】

女子団体 ×兵庫B(1/1本 勝ち 1/2本)兵庫A○

先鋒戦では兵庫B・吉川が一本勝ちするも、中堅戦で兵庫A・蓑田が2本勝ちし本数差で兵庫Aが優勝を決めた先鋒戦では兵庫B・吉川が一本勝ちするも、中堅戦で兵庫A・蓑田が2本勝ちし本数差で兵庫Aが優勝を決めた

決勝スコア大将で神奈川・工藤が二本勝ち、2-0で優勝を決めた

【動画】

男子個人 ×福嶋(東京)( 延長 反)田中(神奈川)○

鋭い面が持ち味の田中と、スピードで攻める福嶋。体格で勝る田中が、試合の流れでの場外反則で2回で一本得て優勝を決めた。

優勝 田中(神奈川)

【動画】

※動画

女子個人 ○樋口(岐阜)(コ 延長 )大塚(熊本)×

長身の大塚が鋭い攻めで試合を優位に進めているようにも見えたが、最後は小柄な樋口が出ばなコテを決めて優勝を果たした。

優勝 樋口(岐阜)

【動画】

動画一覧

動画一覧

スポンサードリンク

SPONSOR

広告募集中

top