スポンサードリンク

【速報&生配信】7/29〜30 全国道場少年剣道大会

更新日: 2019/8/2

7/30 生配信(中学生団体)

チャンネル1

スポンサードリンク

チャンネル2

スポンサードリンク

中学生の部 結果

優勝 九好会

閉会式

優勝 九好会

二位 福岡如水館

三位 東松舘道場、昭島中央剣友会

ベスト8

須恵剣友会、九学道場、昇龍館一福道場、清水剣友スポーツ少年団

ベスト16

※結果詳細は【全日本剣道道場連盟HP】に掲載されております。

スポンサードリンク

決勝

×如水館(1-2)九好会○

決勝

※試合動画

準決勝

×東松舘(1代表戦1)如水館○

準決勝1 代表戦

準決勝1 スコア

※試合動画

○九好会(1-0)昭島中央剣友会×

準決勝2

準決勝2 動画

※試合動画

準々決勝

○東松舘道場(1-0)須恵剣友会×

準々決勝1

×九学道場(0-1)如水館○

準々決勝2

○九好会(1代表戦1)一福道場×

準々決勝3

×水剣友スポーツ少年団(1-2)昭島中央剣友会○

準々決勝4

昭島中央が小曽根との代表戦に勝利しベスト8へ。

昭島

ベスト16

大会2日目は中学生団体戦!!

優勝旗返還 東松舘

中学生団体戦

7/29 生配信(小学生団体)

【LET’S KENDO YouTube】【FRESH!Live】【全道連 YouTube】で行われます。

チャンネル1

チャンネル2

スポンサードリンク

リアルタイム速報

優勝 今宿

結果

優勝 福岡如水館・福岡

二位 練兵館・栃木

三位 浦安本部道場・千葉

三位 山梨健心館・山梨

ベスト8

埼玉越生、須恵剣友会、鬼高剣友会、京都太秦

※大会の詳細・組合せは【全日本剣道道場連盟HP】に掲載されております。

スポンサードリンク

決勝

×練兵館・栃木(1/1本 1/2本)如水館・福岡○

決勝

※試合動画

準決勝

1:練兵館・栃木 × 浦安本部道場・千葉

2:山梨健心館・山梨 × 如水館・福岡

準々決勝

練兵館、埼玉越生との代表戦に勝利し準決勝へ。

準々決勝

如水館がベスト4へ一番乗り。

準々決勝

練兵館 × 埼玉越生

須恵剣友会 × 浦安本部道場

鬼高剣友会 × 山梨健心館

×京都太秦 × 如水館○

7回戦、山梨健心館が東松舘から勝利しベスト8進出へ。

7回戦

ベスト16

7回戦(ベスト16)

尼西水明×練兵館

越生錬成×一心剣

須恵×今宿

有明剣道×浦安本部

×鬼高

健心館×東松舘

せた魂剣×京都太秦

錦町剣連×如水館

前回王者・昭島中央に勝利した尼西水明クラブ(兵庫)はベスト16に進出。

序盤戦

ベスト16、途中経過

ベスト16

スポンサードリンク

全国道場少年剣道大会

第54回全国道場少年剣道大会

令和元年 2019年7月29日〜30日

東京・日本武道館

・7/29 小学生団体戦

・7/30 中学生団体戦

※大会の詳細・組合せは【全日本剣道道場連盟HP】に掲載されております。

スポンサードリンク

過去大会

※H30大会(小学生優勝・昭島中央剣友会、中学生優勝・東松舘道場)

※H29大会(小学生優勝・洗心道場、中学生優勝・九好会)

※H28大会(小学生優勝・昭島中央剣友会、中学生優勝・東松舘道場)

 

【速報&生配信】2/11 五葉館創立十周年記念少年剣道大会(栃木)

更新日: 2019/2/14

昭島中央剣友会が代表戦を制し優勝! !五葉館は惜しくも二位。

優勝 昭島中央剣友会
昭島が五葉館との代表戦を制し大会制覇。

2/11、五葉館創立10周年記念少年剣道大会が栃木県さくら市にて開催された。

大会は関東を中心に宮城、福島、新潟、岐阜などから104チームが集結し、トーナメント戦にて優勝を目指した。チーム編成は先鋒、次鋒、中堅は小学生、副将、大将が中学生の混合五人制団体戦にて行われた。

決勝戦は全国道連大会優勝メンバーを揃えた強豪・昭島中央剣友会(東京都)と、10周年記念に優勝を目指し、粘り強い試合展開で勝ち上がった五葉館Aが対戦した。

先鋒戦で五葉館・高松が試合中盤に鋭いメンを決めて一本勝ちと幸先の良いスタートを切ったが、次鋒戦では昭島・池田が試合終盤にドウを決めてスコアを戻す。試合は一進一退の末、中堅、副将、大将と引き分け、代表となる。代表戦では再び大将同士の対戦となる。五葉館大将・長屋は準決勝の浦安本部道場戦でも代表戦に勝利しており、勢いがあった。しかし、この代表は以外にも1分で決着を迎えた。仕切り直しの立会いで、昭島・武石が思い切りよく攻めて逆ドウを狙うと、これが優勝を決める一本となった。惜しくも二位となった五葉館だが、十分に実力と存在感を示した。

三位には浦安本部道場(千葉)、頸城大瀁少年剣道部(新潟)が入賞した。

浦安大将・小川、大瀁大将・長谷川は実力を発揮し、チームの支える試合展開は印象に残った。

ベスト8には一剣(岐阜)、鬼高(千葉)、下館士徳会(茨城)、結城尚武館(茨城)が敢闘賞をとなった。

大会レベルとしては非常に高く、どの会場でも熱戦、接戦が繰り広げられていた。上位入賞を逃したチームにも十分にチャンスがあり、また、地元・栃木勢はお隣の茨城勢の活躍も目立ったいて印象。

今回の大会は五葉館10周年記念で開催され、いまのところ毎年継続はしないようではあるが、今後、記念大会でまたハイレベルな試合が観れることを楽しみに、次回開催を待ちたい。

スポンサードリンク

結果

表彰式

優勝 昭島中央剣友会(東京)

二位 五葉館A(栃木)

三位 浦安本部道場(千葉)、頸城大瀁少年剣道部(新潟)

ベスト8

一剣(岐阜)、鬼高(千葉)、下館士徳会(茨城)、結城尚武館(茨城)

 

トーナメント1

トーナメント2

スポンサードリンク

決勝

×五葉館A(1 代表 1)昭島中央剣友会

※代表戦 ×長屋( 勝ち ド)武石○

代表戦で昭島・武石が五葉館・長屋から逆胴を決めて優勝

※試合動画

スポンサードリンク

準決勝

○五葉館A(2 代表 2)浦安本部道場×

代表戦

スコア

※試合動画

×頸城大瀁少年剣道部(0-3)昭島中央剣友会○

準決勝 スコア

※試合動画

準々決勝

五葉館A 対 一剣

スコア

浦安本部道場 対 鬼高

スコア

頸城大瀁少年剣道部 対 下館士徳会

スコア

結城尚武館 対 昭島中央剣友会

スコア

生配信

スポンサードリンク

スポンサードリンク

リアルタイム速報(序盤戦)

4回戦(ベスト16)

4回戦、浦安本部が萌木との代表戦に勝利し準々決勝へ

五葉館A 対 昭島中央燦々会

埼玉越生錬成会 対 一剣

浦安本部道場 対 萌木剣道教室

光武館道場 対 鬼高

頸城大瀁少年剣道部 対 上の台剣友会

下館士徳会 対 練兵館

敬武館今井道場 対 結城尚武館

×芳明館(1-2)昭島中央剣友会○

3回戦、五葉館Aは本数差で勝利し4回戦(ベスト16)。五葉館Bは昭島中央に敗退。

3回戦

3回戦
3回戦
3回戦

2回戦、終盤戦!

2回戦

2回戦
2回戦
2回戦

2回戦途中経過

2回戦

2回戦
2回戦
2回戦

2回戦へ!シードチームも登場!!

2回戦

2回戦
2回戦
2回戦

試合開始!1回戦が進行中!!

1回戦

1回戦
1回戦
1回戦

1回戦

1回戦
1回戦
1回戦

1回戦

1回戦
1回戦
1回戦

選手宣誓は五葉館キャプテン・石橋がおこなった

選手宣誓

開会式。関東を中心に新潟、岐阜から104チームが集結!!

開会式

スポンサードリンク

五葉館創立十周年記念少年剣道大会

五葉館十周年記念大会
2019年2月11日(月・祝日)
栃木県さくら市 氏家中学校 体育館

トーナメント、五人制団体(小学生3選手+中学生2選手)

組合せ

第1会場

第2会場
第3会場
第4会場

【速報&生配信】3/4 関東近県高校選抜剣道大会

更新日: 2018/3/5

男子決勝は栃木対決。佐野日大が小山を下し2度目の優勝。

男子優勝 佐野日大
男子決勝、佐野日大が小山から3-0で勝利し優勝。

2018年3月4日(日)、第38回関東近県高校選抜剣道大会が栃木県小山市・栃木県立南体育館にて開催された。

大会へは男子38チーム、女子33チームがエントリーし、五人制団体戦で優勝を目指した。

男子、前回大会優勝の小山(栃木)は3回戦で聖光学院(福島)に勝利すると、準々決勝では中央学院(千葉)と代表戦となり小山・篠原がドウを決めて勝利しベスト4進出。小山は準決勝で甲府商業(山梨)と対戦し、小山は先鋒、次鋒を二本勝ちするも、中堅、副将では甲府商が取り返したが、本数差1本で小山が2年連続決勝進出を決めた。

前回二位の佐野日大(栃木)は、3回戦で宇都宮東(栃木)との対戦では4選手が引き分けとなり、大将戦で佐日・大平が勝利し1-0で勝利するもさらに苦戦は続き、準々決勝では茗溪学園(茨城)では本戦を1-1で代表戦となり、佐日・大平が茗渓・浅野へスピードの乗った鋭いメンを決めてベスト4進出を決めた。

今月末の全国高校選抜でも優勝候補の佐野日大と水戸葵陵で争われた準決勝では、先鋒戦で動きの良い佐日・原田が反応良く、最短距離で飛び込む出ばなメンを決めて一本勝ちし、次鋒から副将まで引き分け。勝利が必要な葵陵・岩部と佐日・大平の強豪選手同士の一戦は4分で決着がつかず引き分けとなり、佐野日大が1-0で勝利し決勝進出を決めた。

決勝戦は前回大会と同一カード、小山と佐野日大の栃木県ライバル校同士で優勝が争われた。

先鋒、次鋒を引き分け、中堅戦から一気に佐野日大に流れが訪れた。佐日・志良堂がコテと反則で2本勝ちすると、怪我から復帰した西野が飛び込みメン、さらに出ばなコテを決めて2本勝ちしチームの優勝を決め、大将・大平も勝利し3-0で佐野日大が勝利し、2度目の優勝を果たした。

積極的な攻めが印象的な佐野日大、攻守とも堅実な小山、両チームとも選抜での活躍に期待したい。また、選抜に出場が決まっている水戸葵陵、土浦日大、日本航空など今大会では優勝には届かなかったが、課題を修正し全国大会では上位進出をねらっていることだろう。

女子、守谷が大会制し12度目のV。地元・小山は二位。

女子優勝 守谷
守谷は勢いそのままに勝ち進み、決勝で小山に勝利し優勝。

前回大会の優勝の都立深川(東京)と準々決勝で対戦した小山(栃木)。試合は代表戦までもつれ込む接戦を、小山・野生が深川・上原から鋭いコテを決めて勝利。小山は準決勝で茗渓学園(茨城)に先鋒、次鋒を先取され最大のピンチが訪れたが小山は副将、大将でで取り返し、準々に続き代表戦へ。小山は再び大将の野生が代表戦に出場し、茗渓・松原から飛び込みメンを奪って勝利し決勝戦へ。野生の勝負勘、思い切りの良さが際立った。

小山の決勝で守谷との対戦。守谷は大将・柿元を中心にチーム完成度は高く、準々決勝では日体大や世界大会で活躍した村瀬諒が監督を務める日体桜華(東京)を3-0、準決勝の東京学館浦安(千葉)を4-0で勝利し決勝進出を決めた。

決勝戦、小山は守谷の勢いを止めることができず、守谷は副将・阿部の一本勝ちがチームの3勝目となり、守谷大将・柿元も勝利で終え、結果4-0で優勝を決めた。

スポンサードリンク

結果

男子

優勝 佐野日大

二位 小山

三位 甲府商業、水戸葵陵

・ベスト8

中央学院、文星芸大、大田原、茗溪学園

女子

優勝 守谷

二位 小山

三位 茗溪学園、東京学館浦安

・ベスト8

都立深川、三条、東京学館浦安、日体桜華

※結果・詳細は【栃木県高体連剣道専門部HP】に掲載されております。

スポンサードリンク

決勝

男子 ×小山(0-3)佐野日大○

男子決勝スコア

女子 ×小山(0-4)守谷○

女子決勝スコア

男子準決勝

○小山(2勝4本ー2勝3本)甲府商業×

男子準決勝1スコア

×水戸葵陵(0-1)佐野日大○

男子準決勝2スコア

女子準決勝

○小山(2 代表 2)茗溪学園×

女子準決勝1スコア

×東京学館浦安(0-4)守谷○

女子準決勝2 スコア

男子・準々決勝

○小山(1 代表 1)中央学院×

文星芸大 対 甲府商業

水戸葵陵 対 大田原

×茗溪学園(1 代表 1)佐野日大○

女子・準々決勝

守谷

都立深川 対 小山

茗溪学園 対 三条

健大高崎 対 東京学館浦安

×日体桜華(0−3)守谷○

スポンサードリンク

リアルタイム速報

3回戦、佐野日大が宇都宮東に1−0で勝利しベスト8進出。準々で茗溪学園と対戦。

佐野日大

2回戦、立教新座が土浦湖北との大将戦を制し3回戦へ。

立教新座

2回戦が進行中。前回大会優勝の小山、強豪・水戸葵陵が3回戦へ。

小山

水戸葵陵

開会式。試合開始は10時頃より!

開会式

組合せ

組合せ 組合せ

生配信

※大会当日、9時ころより

 

スポンサードリンク

【女子】
<dt

=”0″ allowfullscreen=”allowfullscreen”>

H30第38回関東近県高校選抜剣道大会

男子優勝 小山
前回大会、男子は地元・小山、女子は深川(東京)が優勝を果たした。

2018年3月4日(日) 栃木県小山市・栃木県立南体育館

男女 5人制団体戦

スポンサードリンク

SPONSOR

広告募集中

top