スポンサードリンク

【結果】10/20 丸山杯争奪中学生剣道大会

更新日: 2019/10/23


丸山杯中学生剣道大会

令和元年度 第27回丸山杯争奪中学生剣道大会

令和元年 2019年10月20日(日)

國學院大學栃木高校 40周年記念館

男女・5人制団体戦

※大会詳細【丸山杯剣道大会HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

結果

男子団体

優勝 小山三中(栃木県小山市)
二位 陽南中(栃木県宇都宮市)
三位 寺尾中(群馬県高崎市)
三位 下館中A(茨城県筑西市)
・敢闘賞
館林一中(群馬県館林市)
戸塚中(神奈川県横浜市)
下館中B(茨城県筑西市)
壬生中A(栃木県壬生町)

女子団体

優勝 小山三中A(栃木県小山市)
二位 小山三中B(栃木県小山市)
三位 壬生中A(栃木県壬生町)
三位 下館中A(茨城県筑西市)
敢闘賞
竹来中(茨城県阿見町)
南河内ニ中(栃木県下野市)
陽南中(栃木県宇都宮市)
小山三中C(栃木県小山市)
栗橋東中A(埼玉県久喜市)

【速報&生配信】10/20 近藤杯争奪少年剣道大会

更新日: 2019/10/22

生配信

スポンサードリンク

中学団体、如水館が九好会との代表戦に勝利し優勝!!小学生、中学女子も制す。

如水館

結果

中学生の部

如水館

優勝 福岡如水館(福岡)

二位 九好会(熊本)

三位 洗心道場(愛知)、東松舘道場(東京)

優良賞 武徳館剣道教室A(愛知)

敢闘賞 和道館、養浩館道場、昭島中央剣友会、解脱練心館、水龍館

中学生の部

中学生男子団体1中学生男子団体1

中学生男子団体2中学生男子団体2
中学生男子団体3中学生男子団体3
中学生男子団体4中学生男子団体4
中学生男子団体5中学生男子団体5

小学生の部

如水館

優勝 福岡如水館(福岡)

二位 京都太秦少年剣道部(京都)

三位 昭島中央剣友会A(東京)、洗心道場(愛知)

優良賞 山梨健心館(山梨)

敢闘賞 東松舘道場、浦安本部道場、埼玉越生錬成会A、東レ居敬堂、戸塚道場

小学生の部

小学生団体戦1小学生団体戦1

小学生団体戦2小学生団体戦2
小学生団体戦3小学生団体戦3
小学生団体戦4小学生団体戦4

小学生団体戦5小学生団体戦5

低学年の部(小学4年生以下)

養正館

優勝 福井養正館A(福井)

二位 洗心道場A(愛知)

三位 東レ居敬堂(滋賀)、福岡如水館

敢闘賞 佐貫清心会、和光剣心塾、京都清練会、竹の子剣道クラブ

低学年の部

小学生低学年団体戦1小学生低学年団体戦1

小学生低学年団体戦2小学生低学年団体戦2
小学生低学年団体戦3小学生低学年団体戦3
小学生低学年団体戦4小学生低学年団体戦4

中学女子の部

如水館

優勝 福岡如水館(福岡)

二位 四誠館(埼玉)

三位 鬼高剣友会(千葉)、浜松東部剣友会(静岡)

敢闘賞 久田剣道場、結城尚武館、東レ居敬堂、東松舘道場

中学女子の部

中学生女子団体1中学生女子団体1

中学生女子団体2中学生女子団体2

※大会詳細は【愛知県剣道道場連盟HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

試合動画一覧

再生リスト

※YouTube LET’S KENDOチャンネル へリンクします。

スポンサードリンク

決勝

中学生男子 ○如水館(1 代表 1)九好会×

※代表戦 ○林(メ 勝ち )高島×

代表戦

※試合動画

スポンサードリンク

中学女子 ○如水館(2-0)四誠館×

※試合動画

小学生 ○如水館(4-0)京都太秦×

スコア

※試合動画

スポンサードリンク

小学生低学年 ×洗心道場(1-2)養正館○

※試合動画

準決勝

中学生男子・準決勝

 

×1洗心道場(0-1)3如水館○

中学生準決勝

○4九好会(3-0)東松舘×

準決勝

スポンサードリンク

小学生の部 準決勝

○福岡如水館(2-0)昭島中央剣友会×

○京都太秦少年剣道部(0 代表 0)洗心道場×

中学生男子・決勝トーナメント1回戦

×2武徳館(2 本数差 2)3如水館○

小学生、中学生男子・決勝トーナメント組合せ

小学生 中学生

リアルタイム速報

中学生の部、5回戦。勝利チームが決勝トーナメント5へ進出。

○九好会 対 解脱練心館×

○如水館 対

○東松舘 対 養浩館

×昭島中央 対 武徳館○

○洗心道場 対 水龍館×

小学生、中学先鋒の部とも3回戦の終盤。まもなく4回戦が出揃う。

中学生

小学生

中学生団体戦は2回戦に突入し、九好会、如水館、東松舘などシードチームが登場し勝利した。

九好会

如水館

東松舘

小学生団体戦、2回戦へ。

東松舘

小学生

メインアリーナでは中学生男子、小学生の部が開催中!!

小学生団体戦

小学生

中学生

第二アリーナでは、小学生低学年、中学生女子が開催中!

第二アリーナ

8時半より開会式!試合開始は9時頃より

開会式

開会式

近藤杯

組合せ

※中学生団体・組合せ

中学生男子団体1中学生男子団体1

中学生男子団体2中学生男子団体2
中学生男子団体3中学生男子団体3
中学生男子団体4中学生男子団体4
中学生男子団体5中学生男子団体5

中学生女子団体

中学生女子団体1中学生女子団体1

中学生女子団体2中学生女子団体2

小学生団体戦

小学生団体戦1小学生団体戦1

小学生団体戦2小学生団体戦2
小学生団体戦3小学生団体戦3
小学生団体戦4小学生団体戦4

小学生団体戦4小学生団体戦5

小学生低学年団体戦

小学生低学年団体戦1小学生低学年団体戦1

小学生低学年団体戦2小学生低学年団体戦2
小学生低学年団体戦3小学生低学年団体戦3
小学生低学年団体戦4小学生低学年団体戦4

10/19、愛知に500チームが集結!!少年大会・秋のG1、近藤杯が開幕。大会前日、セレモニーが行われた。

セレモニー

近藤杯セレモニー

セレモニーでは、全中、全国道場大会の中学生の部で優勝した九好会(九学中)と全国道場大会小学生の部で優勝した福岡・如水館が挨拶、そしてインタビューを受けた。

九好会

如水館

太鼓のパフォーマンス、そして、錬成会が行われた。

太鼓パフォーマンス

錬成会・練習試合

スポンサードリンク

近藤杯争奪少年剣道大会

令和元年度 愛知県剣道道場連盟「近藤杯」争奪少年剣道錬成大会

令和元年 2019年10月19日(土)〜20日(日)

愛知県・小牧市スポーツ公園総合体育館(パークアリーナ小牧)

10/19 交流試合・開会セレモニー

10/20 大会(※速報&生配信)

・小学生・低学年の部(小学4年生以下・5人制)108チーム

・小学生の部(5人制)182チーム

・中学生の部(5人制)126チーム

・中学生女子の部(3人制)83チーム

※大会詳細は【愛知県剣道道場連盟HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

【結果】10/13 宮崎武道館旗高校剣道大会

更新日: 2019/10/15


宮崎武道館旗高校剣道大会

第18回宮崎武道館旗争奪高等学校剣道競技大会

令和元年 2019年10月13日(日)

宮崎県・宮崎武道館

男女5人制団体戦、予選リーグA〜H 上位2チームが決勝トーナメント(ベスト16)へ進出

※大会詳細は【宮崎県スポーツ施設協会HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

結果

男子の部

宮崎勢、男子は日章学園、女子は高千穂が三位入賞を決めた。
宮崎勢、男子は日章学園、女子は高千穂が三位入賞を決めた。

優勝 福大大濠(福岡)

二位 明豊高校(大分)

三位 福岡第一(福岡)

三位 日章学園(宮崎)

・ベスト8

九州学院(熊本)

錦江湾(鹿児島)

高千穂(宮崎)

龍谷(佐賀)

・優秀選手

小畔 直(福大大濠)

峯松大季(明豊高校)

林 陽暉(福岡第一)

井本李玖(日章学園)

多川泰地(高千穂)

女子の部

優勝 三養基(佐賀)

二位 中村学園女子(福岡)

三位 高千穂(宮崎)

三位 筑紫台(福岡)

・ベスト8

八代白百合学園(熊本)

高鍋高校(宮崎)

鹿児島国体(鹿児島)

阿蘇中央(熊本)

・優秀選手

重岡凛咲(三養基)

松永樹音(中村学園女子)

平川美桜(高千穂)

徳田侑紗(筑紫台)

深田 聖(高鍋高校)

上位戦スコア

・決勝

男子:×明豊(0-2)福大大濠○

女子:×中村学園(0-2)三養基○

・準決勝

男子1:○明豊(0 代表 0)福岡第一×

男子2:○福大大濠(2-1)日章学園×

代表戦○峯松(ド 勝ち )川上×

女子1:×中村学園(1-0)高千穂○

女子2:○三養基(2-0)筑紫台

 

【速報&生配信】10/14 第37回早慶対抗女子剣道試合

更新日: 2019/10/14

生配信


スポンサードリンク

早大が4-3で慶大から勝利!連勝記録を伸ばす。慶応、粘るも一歩及ばず。

早大

スポンサードリンク

結果

○早稲田大学(3-4)慶應義塾大学×

優秀選手

太田麻友(早稲田大学)

早津実乃莉(慶應義塾大学)

スコア

※慶應義塾大学 剣道部HP

※早稲田大学 剣道部HP

スポンサードリンク

試合動画

スポンサードリンク

大将戦 ○太田(早大)(コ 延長 )馬場(慶大)×

大将戦、延長で早大・太田が鋭く攻めてコテを決めた。

大将戦

副将 ×品川(早大)( 延長 コ)早津(慶大)○

慶大

三将 ×中澤(早大)( 延長 メ)川村(慶大)○

三将戦

中堅 ○浅野(早大)(メ 一本勝ち )髙梨(慶大)×

中堅戦

五将 ×川畑(早大)( 一本勝ち メ)木村(慶大)○

五将戦

次鋒 ○大坂(早大)(メ 延長 )髙橋(慶大)×

次鋒戦

先鋒 ○二神(早大)(メメ 勝ち )藤村(慶大)×

先鋒戦

応援にも熱が入る!

早稲田側、応援

慶応側、応援

試合前には記念撮影、開会式、エール交換がおこなわれた。

エール交換

エール交換

開会式

開会式

記念撮影

スポンサードリンク

第37回早慶対抗女子剣道試合

早慶戦女子

令和元年 2019年10月14日(月・祝日) 14時〜

慶應義塾大学 日吉剣道場

7人生団体戦

※男子は11/17(日)に開催されます。

※慶應義塾大学 剣道部HP

※早稲田大学 剣道部HP

スポンサードリンク

対戦表

対戦表

 

 

【最終日!成年男子!】9/29〜10/1 茨城国体 剣道競技

更新日: 2019/10/1


開催地・茨城県が剣道3部門を完全制覇!!

茨城国体2019

茨城国体・剣道

第74回国民体育大会【いきいき茨城ゆめ国体2019】剣道競技

令和元年 2019年9月29日〜10月1日

茨城県筑西市・下館総合体育館

9/29 少年男女・1〜2回戦、成年女子の部

9/30 少年男女・準決勝〜決勝、成年男子・1〜2回戦

10/1 成年男子・2回戦〜決勝

※大会詳細は【茨城国体2019 HP】に掲載されています。

※いきいき茨城ゆめ国体2019 剣道競技速報サイト

速報サイト

スポンサードリンク

組合せ

少年男子少年男子(9/30)

少年女子少年女子(9/30)
成年男子成年男子
成年女子結果成年女子(9/29)

※大会詳細・組合せは【茨城国体2019 HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

成年男子 結果(10/1)

優勝 茨城(松﨑、神部、海老原、鍋山、本名)

二位 東京(横田、竹ノ内、権瓶、中田、寺地)

三位 千葉(小川、熊谷、小谷、鈴木、林)

四位 神奈川(田中、宮本、高鍋、小山、宮崎)

・ベスト8

愛知(久田松、吉武、津田、阪野、北村)

三重(和田、山下、笠原、浜口、爪橋)

熊本(曽我、西村、小川、益田、今村)

栃木(大平、市川、鈴木、藤原、安良岡)

※決勝 ×東京(2-3)茨城○

成年男子決勝スコア

先鋒 ×横田( 勝ち メメ)松﨑○

茨城・松﨑が東京・横田の面を見切って引きメンで先取。さらに小手返しメンを決めて二本勝ち。

次鋒 ○竹ノ内(メコ 勝ち メ)神部×

試合開始早々、上段の茨城・神部が東京・竹ノ内に片手メンを決める。竹ノ内は攻め合いの中から出ばなメン、さらに上段構えの左コテを決めて逆転勝利。

中堅 ×権瓶( 勝ち コツ)海老原魔

試合中盤、茨城・海老原が諸手ツキを決める。立ち合いの遠間から東京・権瓶が面を狙ったが、海老原がコテを合わせて二本勝ち。

副将 ×中田( 勝ち メメ)鍋山○

試合序盤、近い間合いから茨城・鍋山が鋭くメンに飛び込み先取。試合終盤、鍋山と東京・中田は面の打ち合いとなり、最後は鍋山がかつぎメンを決めて二本勝ちし、茨城の優勝を決めた。

大将 ○寺地(メメ 勝ち メ)本名×

東京・寺地がメンに飛び込み先取したが、茨城・本名も打ち合いの中でメンを決める。最後は寺地が再びメンを決めて勝利した。

※三位決定戦 ×神奈川(2-3)千葉○

※準決勝

○東京(3-1)神奈川×

×千葉(0-4)茨城○

※準々決勝

東京(3-2)愛知×

×三重(2-3)神奈川○

×熊本(2-3)千葉○

○茨城(4-0)栃木×

少年男子 結果(9/30)

少年男女表彰

優勝 茨城(関、佐藤、新谷、木村、鈴木)

二位 福岡(池田(龍)、濵地、谷口、池田(虎)、田城

三位 兵庫(大竹野、藤岡、山本、三浦、阿部)

四位 神奈川(武石、田村、大埜、伊藤)

少年男子決勝スコア

先鋒 茨城・関が池田を追い込みコテを決め、一本勝ち

次鋒 福岡・濵地がいい攻めを見せるが旗は上がらず、茨城・佐藤が濵地の打ち終わりに引きドウを決める。試合終了間際、攻め続ける濵地は体勢を崩しつつもメンを決めて延長戦へ持ち込む。延長戦で濵地が2度目の場外反則をしてしまい、茨城・佐藤の勝利となった。

中堅 試合開始早々に福岡・谷口が逆ドウを決め、中盤には茨城・新谷も引きメンを返し、さらにコテを決めて逆転二本勝ちで茨城の優勝を決めた。

副将 両選手とも積極的に攻め合い、池田が引きコテを決めて先取し、引きメンも決めて二本勝ち。

大将 引き分け

※いきいき茨城ゆめ国体2019 剣道競技速報サイト

スポンサードリンク

少年女子 結果(9/30)

優勝 茨城(大西、内藤、小川、今村、柿元)

二位 長崎(峯松、森、沖洲、松下、岩本)

三位 福岡(寺本、八木、笠、奥谷、大嶋)

四位 青森(本間、丸山、杉本、森永、齋藤)

※決勝

少年女子決勝スコア

先鋒 延長開始早々に茨城・大西がコテを決めて勝利。

次鋒 コテメンの連続技、2本目の立会いで攻めた森を見切り内藤が引きメンを決めた

中堅 茨城・小川が試合序盤に引きメン、試合終了間際にコテを決めて二本勝ち。

副将 長崎・松下がメンを決め、そのまま一本勝ち

大将 柿元が引きメンで先取、さらに二本目は鋭く攻めて飛び込みメンを決めて二本勝ち

成年女子 結果(9/29)

茨城(竹中、相馬、川上)

福岡(妹尾、枦込宮本)

岡山(横道、小津野、稲垣)

山梨(有賀、海老本、平塚)

※決勝

成年女子決勝スコア

※先鋒、茨城・竹中が延長で引き逆ドウを決め勝利。次鋒、茨城・相馬が引きメンで先取し、さらにメンに飛び込み二本勝ちで茨城の優勝を決めた。

【速報&生配信!!】9/27 全国刑務官武道大会・柔道

更新日: 2019/9/27


たまには、LET’S JUDO !?

全国矯正職員武道大会 選手権試合・女子柔道試合

男子

女子

令和元年 2019年9月27日 大阪刑務所体育館

※柔道 第71回、女子柔道 第12回

※各決勝動画は準備中です。

※剣道はこちらから>>

※武道で活躍中の刑務官についてはこちらから>>

スポンサードリンク

男子結果

男子66kg級

優勝 西尾亨祐(高松刑務所) 二位 小林 玄(東京拘置所)

決勝

表彰

男子73kg級

優勝 竹内信康(立川拘置所) 二位 石田宏樹(福岡刑務所)

決勝

表彰

男子81kg級

優勝 佐藤祐樹(山形刑務所) 二位 宮金昇吾(福岡刑務所)

決勝

表彰

男子90kg級

優勝 金山天地(東京拘置所) 二位 大島一起(島根あさひ社会復帰促進センター)

決勝

表彰

男子90kg超級

優勝 高田大樹(旭川刑務所) 二位 上川大樹(広島刑務所)

決勝

表彰

男子各トーナメント

柔道男子1

柔道男子2

女子結果

女子57kg以下級

優勝 金子絵理(府中刑務所) 二位 岡本彩夏(福島刑務所)

決勝

表彰

女子70kg以下級

優勝 山本絵玲奈(東京拘置所) 二位 中尾美絋(美弥社会復帰促進センター)

決勝

表彰

女子70kg超級

優勝 佐藤杏香(札幌刑務所) 二位 荒巻有可里(和歌山刑務所)

決勝

表彰

女子各トーナメント

柔道女子1

柔道女子2

【速報&生配信】9/21 全日本実業団剣道大会

更新日: 2019/9/24

生配信

スポンサードリンク

NTT、6年ぶり5度目の制覇!大将戦、代表戦で兵藤が勝利を重ね優勝に貢献。

優勝 NTT

結果

優勝 NTT・本社

二位 パナソニック・LS本社

三位 富士ゼロックス・本社

三位 富士ゼロックス東京・本社

ベスト8

九電工・本社

パナソニック・LS門真

東京海上日動・本店

日通商事・本社

ベスト16

※結果詳細は【全日本実業団剣道大会HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

決勝

○NTT・本社(1 代表 1)パナソニック・LS本社×

代表 ○兵藤(コ 勝ち )足達×

NTTリードの大将戦だったが、勝負強さに定評のあるパナLS大将・足達が逆ドウで勝利し代表戦へと持ち込む。代表戦は大将同士で再び対戦し、試合開始まもなく、二連敗は許されぬNTT・兵藤が鋭くせめて足達からコテを奪い、NTTが6年ぶり5回目の優勝を決めた。

優勝したNTT

大将戦でパナ・足達が逆胴を決めて一本勝ち
代表戦、NTT・兵藤がコテを決めて勝利した。
決勝スコア

※試合動画、9/24掲載予定!!

準決勝

×富士ゼロックス・本社(2-3)NTT・本社○

NTT、2勝のリードを許すも逆転勝利!

準決勝

※試合動画、準備中

×富士ゼロックス東京・本社(1-2)パナソニックLS・本社○

先鋒を富士FX東京・坪井が、次鋒戦ではパナLS・有田がそれぞれ2本勝ち。大将戦でパナLS・足達が上段・新海から勝利し2-1で決勝進出を決めた。

準決勝

準決勝2スコア

※試合動画、準備中

準々決勝・ベスト8

○富士ゼロックス・本社 対 九電工・本社×

準々決勝1

×パナソニックLS・門真 対 NTT・本社○

準々決勝2スコア

○富士ゼロックス東京・本社 対 東京海上日動・本店×

準々決勝3スコア

×日通商事・本社 対 パナソニックLS・本社

準々決勝4スコア

※結果詳細は【全日本実業団剣道大会HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

ベスト16

ベスト16

5回戦、NTTがRFテクニカから勝利。

5回戦

※実業団HP 速報サイト

速報サイト

2回戦、シードチームも登場

2回戦

1回戦進行中!

レジェンドチームも参戦中

1回戦

9時より開会式!

開会式

開会式

全日本実業団剣道大会

全日本実業団剣道大会

※大会詳細・組合せは【全日本実業団剣道連盟HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

富士ゼロックス、二連覇に挑む!パナソニックLS、王座奪還なるか!?

前回大会優勝 富士ゼロックス

第62回全日本実業団剣道大会

令和元年 2019年9月21日(土)

東京都・墨田区総合体育館

5人制団体戦

エントリー・377チーム

※大会詳細・組合せは【全日本実業団剣道連盟HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

組合せ

1

2
3
4

※大会詳細・組合せは【全日本実業団剣道連盟HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

過去大会

※H30大会(優勝・富士ゼロックス、二位・パナソニック(ES本社))

※H29大会(優勝・パナソニック(ES本社)、二位・東レ(滋賀))

※H28大会(優勝 パナソニック・ES門真、二位 富士ゼロックス東京・本社)

※H27大会(優勝・西日本シティ銀行、二位・伊田テクノス)

※H26大会(優勝・東洋水産、二位・九州電工)

※H25大会(優勝・NTT、二位・西日本シティ銀行)

※H24大会(優勝・パナソニック(ES本社)、二位・東洋水産)

※H23大会(優勝・東洋水産、二位・日通商事)

※H22大会(優勝・パナソニック電工(本社)、二位・JR東日本)

※H21大会(優勝・JR東日本リテールネット(東京支店)二位・パナソニック電工(本社))

【結果】9/15 全日本都道府県対抗少年剣道優勝大会

更新日: 2019/9/19


全日本都道府県対抗少年剣道優勝大会

第14回全日本都道府県対抗少年剣道優勝大会

令和元年 2019年9月15日(日)

大阪市・丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)

5人制団体戦(小学生の部、中学生の部)

※3チーム予選リーグ+決勝トーナメント

※各都道府県剣道連盟の推薦または予選会を経て選出された選手によりチーム編成

※大会詳細・出場選手・結果は【全日本都道府県対抗少年剣道優勝大会 公式HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

結果

中学生の部

優勝 長崎県

二位 佐賀県

三位 千葉県、栃木県

・ベスト8

東京都、兵庫県、大阪B、石川

小学生の部

優勝 広島県

二位 京都府

三位 島根県、兵庫県

・ベスト8

岡山県、長崎県、山梨県、福岡県

※大会詳細・出場選手・結果は【全日本都道府県対抗少年剣道優勝大会 公式HP】に掲載されています。

【速報&生配信!】9/15 関東学生剣道優勝大会

更新日: 2019/9/17

生配信

スポンサードリンク

スポンサードリンク

筑波大、中央大との代表戦を制し優勝!

優勝 筑波大

第68回関東学生剣道優勝大会

令和元年 2019年9月15日(日)、神奈川県川崎市・とどろきアリーナにて第68回関東学生剣道優勝大会が開催された。

大会へは93チームがエントリーし、七人制団体戦で優勝を目指した。

また、ベスト16(4回戦進出校)と出場決定戦を勝ち抜いた4校、合計20校が10月27日に開催される全日本学生剣道優勝大会(千葉ポートアリーナ)への出場権を得ることができる。

決勝戦は、筑波大学と中央大学が対戦した。

筑波大学は6月の全日本学生選手権で優勝した星子、松﨑、白鳥の3名がベスト4へ進出する活躍を見せ、今大会でも優勝候補であった。3回戦で國學院を6-1で下しベスト16進出を決めると4回戦では勢いよく勝ち上がってきた東京大に勝利。準々決勝では日大を4-0、準決勝は強豪選手揃う明治大に2-1で競り勝ち決勝へコマを進めた。

対する中央大学は前回大会二位、全日本学生選手権では山崎が三位、本間、丸山がベスト8と強豪選手が揃う。しかし、主力の丸山がケガにより欠場したせいもあるのか、苦戦する試合もあったが大将・本間、副将・清家が奮闘、持ち前の勝負強さでチームを決勝まで導いた。3回戦で駿河台、4回戦の東京学芸大は本間の二本勝ちで逆転本数差勝利、準々決勝では専修大を2-0、準決勝では久々のベスト4へ勝ち上がった東海大をこちらも本数差の接戦を制して決勝へ勝ち上がった。

決勝戦、筑波大は新人・重黒木を先鋒で起用し期待に応える二本勝ちをしたが、次鋒戦では中央大・黒木が二本勝ち仕返す展開となるも、その後は引き分けが続き勝負は代表戦となり、大将同士が再び出場。筑波大・星子、中央大・本間はともに九州学院高校、本間が一学年上であるものの、試合が始まれば関係ない。

一進一退、星子の引き面、本間の小手など会場のボルテージも上がった。最後は星子が本間を鋭く追い詰め迷いなく放った逆ドウが筑波大の優勝を決める一本となった。

筑波大は2年ぶり6度目の大会制覇。中央大は2年連続二位と悔しい結果となったが、充分にその存在感を示した。

結果

表彰式

優勝 筑波大

二位 中央大

三位 明治大、東海大

ベスト8

専修大、東京農大、日大、慶応大

ベスト16&全日本出場校

※全結果トーナメント、試合スコアは【関東学生剣道連盟HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

決勝

・×中央大(1 代表 1)筑波大○

代表戦:×本間( 勝ち ド)星子○

※先鋒戦では筑波・重黒木が、次鋒戦では中大・黒木がそれぞれ二本勝ちで試合が始まるも、その後は一進一退。代表戦では筑波・星子が中大・本間から逆ドウを決めて勝利し、優勝を決めた。

決勝戦決勝戦

先鋒戦、筑波・重黒木がコテを二本決めて勝利。先鋒戦、筑波・重黒木がコテを二本決めて勝利。
次鋒戦では中大・黒木がコテで二本勝ち。次鋒戦では中大・黒木がコテで二本勝ち。
代表戦で筑波・星子が逆胴を決め、筑波大が優勝を果たした。代表戦で筑波・星子が逆胴を決め、筑波大が優勝を果たした。

決勝スコア

※試合動画

スポンサードリンク

準決勝

・○中央大(3/6本 勝ち 3/5本)東海大×

※全試合で有効打を取り合う乱打戦!大将戦で中大・本間が東海大・山本からメンを決めて一本勝ちし逆転勝利で決勝へ。

準決勝1、大将戦

準決勝1スコア

・○筑波大(2-1)明治大×

※両チーム共強豪選手が並ぶ。厳しい試合展開の中、筑波大次鋒・橋本、三将・佐藤の勝利で筑波大が勝利。チーム勝負は決まっていたが、大将戦では筑波大・星子、明治大・槌田の九学対決が実現し、この試合では先輩・槌田に軍配。

準決勝2、次鋒戦

準決勝2スコア

準々決勝

・○中央大(2-0)専修大×

準々決勝1スコア

 

・×東京農大(2 代表 2)東海大○

準々決勝3、副将戦

準々決勝2スコア

・×日大(0-4)筑波大○

準々決勝3スコア

・×慶応大(1-3)明治大○

※全結果トーナメント、試合スコアは【関東学生剣道連盟HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

序盤戦リアルタイム速報

4回戦(全日本学生出場決定校)

中央大 対 東京学芸大

立教大 対 専修大

駒沢大 対 東京農業大

東海大 対 国武大

東洋大 対 日大

東京大 対 筑波大

慶応大 対 早大

日本文化大 対 明治大

4回戦、中央大は東京学芸大にリードされるも、中大大将・本間の二本勝ちし本数差で東学大から勝利しベスト8へ。

4回戦

3回戦、立教大が代表戦で法政大から勝利。法政大は敗者復活戦で全日本出場を狙う。筑波は國學院に勝利。東大、国武大、明治大など4回戦進出し、全日本学生出場を決めた。

3回戦

2回戦、優勝を狙う筑波大は危なげなく初戦に勝利。

2回戦

2回戦、国武大が桐蔭大に勝利し3回戦へ。

2回戦

2回戦、日大がシードの日体大から2ー1で勝利。

2回戦

2回戦、明治大は粘る帝京大を振り切り2-1で3回戦進出を決める。

2回戦

2回戦、法政大、慶応大、東大が3回戦へ進出を決めている。

2回戦

2回戦、中大が武蔵大から勝利。日本文化大がシードの流経大から勝利し3回戦へ。

2回戦

1回戦、帝京大が神大から勝利、2回戦では明治大と対戦へ。東大も2回戦へ、台風の目となれるか。早大、日大も勝ち進。

1回戦

9時より開会式!!

開会式

開会式

関東学生剣道優勝大会

組合せ

組合せ

 

関東学生剣道優勝大会

第68回関東学生剣道優勝大会

令和元年 2019年9月15日(日)

神奈川県川崎市・とどろきアリーナ

※大会詳細・組合せは【関東学生剣道連盟HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

組合せ

組合せ

※大会詳細・組合せは【関東学生剣道連盟HP】に掲載されています。

【結果】8/24〜25 全国高等専門学校体育大会剣道競技

更新日: 2019/9/10


第54回全国高等専門学校体育大会剣道競技

令和元年 2019年8月24日(土)、25日(日)

山口県・光市総合体育館(山口県光市)

※大会の詳細・結果は【全国高専体育大会剣道競技HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

結果

男子団体

男子優勝

優勝  神戸市立工業高等専門学校

二位 弓削商船高等専門学校

三位 佐世保工業高等専門学校

三位 群馬工業高等専門学校

男子団体

スポンサードリンク

女子団体

女子団体

優勝 都城工業高等専門学校

二位 鈴鹿工業高等専門学校

三位 米子工業高等専門学校

女子団体

スポンサードリンク

男子個人

優勝 若田 泰希 (弓削商船高等専門学校)

二位 都筑 健太 (神戸市立工業高等専門学校)

三位 若松 敬史 (弓削商船高等専門学校)

三位 西依 輝 (大島商船高等専門学校)

男子個人

女子個人

優勝 高木 日香留(小山工業高等専門学校)

二位 北村 沙羅 (旭川工業高等専門学校)

三位 川添 桜子 (鹿児島工業高等専門学校)

三位 岩下 涼 (北九州工業高等専門学校)

女子個人

※大会後関係者のみなさま、資料提供をありがとうございます!

スポンサードリンク

SPONSOR

広告募集中

top