スポンサードリンク

【速報&結果】8/9〜12 全国高等学校剣道大会 2021

更新日: 2021/8/17

金沢インターハイ・剣道〜Web開会式〜

8/10、男子個人戦決勝は荒木(日章学園)が渡會(仙台育英)から延長でメンを決めて勝利。女子は長谷川(四日市工業)が生出(島原)から延長で引きドウ!

8/11、中村学園が八代白百合との代表戦に劇的勝利!5連覇達成!

8/12、男子団体戦 九州学院が秋田商業から2-1で勝利し3連覇!

令和3年度全国高等学校総合体育大会 剣道競技

〜金沢インターハイ・剣道〜

令和3年、2021年8月9日~13日、第68回全国高等学校剣道大会(金沢インターハイ)が石川県金沢市・いしかわ総合スポーツセンターにて4日間、開催された。

2年ぶりの開催となった金沢インターハイは、新型コロナウィルス感染拡大防止措置を徹底し、消毒や無観客、試合においてはコロナ禍における暫定ルール(主につば競り合いの早期解消)によりおこなわれた。

今年のインターハイ王者は、男子個人戦では荒木千葵(宮﨑・日章学園)、女子個人戦は長谷川唯(三重・四日市工業)が個人優勝を果たし、団体戦では男子優勝が九州学院(熊本)、女子は中村学園女子(福岡)となった。

男子個人戦は荒木(日章学園・2年)が制覇

男女個人戦は各地の予選上位2選手(開催地・石川県4選手)が出場し、大会初日(8日)には1~4回戦が行なわれベスト8進出選手が決まり大会二日目に準々決勝以降の試合が行なわれた。男子個人では荒木が決勝で渡會(仙台育英)から延長でメンを決めて優勝を果たし、三位には末広(九州学院)、そして、指本(金沢桜丘)が三位となった。また、北信越勢では信濃(龍谷富山)もベスト8の結果を残し、前田(中京)、桑田(磐田東)、吉倉(水戸葵陵)が最終日まで勝ち残った。

女子個人戦、長谷川(四日市工業)が強豪から勝利し頂点へ

女子個人戦は、三重県勢初のインターハイ王者を生んだ。四日市工業高校の長谷川凛。序盤戦から勢いよく勝ち上がり、日をまたいだ上位戦でも好調を維持し、決勝では生出(島原)から延長でドウを決めて優勝を果たした。三位には宮本(琴平)、大石(茗溪学園)が入賞した。ベスト8には北井(淑徳巣鴨)、海野(日大高)が入り関東勢からは上位に3名が勝ち残り、樋口(高山西)、長澤(五泉)がベスト8入賞を果たした。

九州学院、3連覇!秋田商、一歩及ばず

団体戦は地域予選1枚のみの出場権を獲得したチームが出場した。予選リーグのハイライトとしては、開催地の石川県は2チームが出場し、金沢市工業、羽咋工業とも予選リーグで姿を消した。予選でリーグでは高千穂が水戸葵陵、大社に勝利し決勝トーナメント(決勝T)へ進出。龍谷と広島沼田がリーグ同スコアとなり決定戦で龍谷が勝ち抜けた。明豊は佐野日大、履正社の関東、関西の強豪校に勝利。磐田東は和歌山東、東海大札幌から連勝、そして、九州学院も試合内容もよいリーグ2連勝で突破を決めた。

秋田商業は予選でも紙一重の勝負をものにし決勝T1回戦で福岡第一を2-1、準々の高千穂は1-0、準決勝の玉島は代表戦に勝利し決勝進出を果たした。

九州学院の決勝T1回戦は今年の国体開催で強化が進む三重との試合は、大将戦で末永が中学時代からのライバルでもある藤堂から二本勝ちし2-1で勝利し、さらに準々決勝の磐田東は代表戦でこの試合も末永が勝利でベスト4へ勝ち進む。準決勝は九州対決、明豊を5-0で勢いのある勝利で決勝へ。

秋田商業と九州学院の決勝は、先鋒戦で九学先鋒・鮫島が一本勝ちし、副将戦で九学・山野が二本勝ちで九州学院が2-1で優勝を果たした。

大会初の5連覇!中村学園女子が代表戦を制す。

女子団体戦予選リーグ、石川勢は金沢高が優勝候補の中村学園女子に敗れ敗退するも、金沢桜丘はリーグ突破を決めた。

激戦リーグを勝ち抜いた鈴鹿、予選リーグで島原に勝利し日吉ヶ丘に引き分けリーグ突破を決めた。星城が高千穂、秋田北から2連勝、八代白百合も高知、聖ドミニコに連勝しリーグ突破を決めた。東奥義塾は小禄と引き分けるも鳥取城北に勝利しリーグと突破を決めた。守谷、五泉、帝京第五、小山、錦江湾など強豪校が決勝トーナメントへ勝ち進んだ。

決勝トーナメント1回戦(ベスト16)の8試合中5試合が代表戦と各試合場で大接戦が繰り広げられ、八代白百合、守谷、高松商業、鈴鹿が勝利し、そして、中村学園は金沢桜丘と対戦し先鋒、次鋒を桜丘が勝利するも中村が取り返し代表戦で松永が勝利し逆転勝利した中村学園は準々決勝で五泉を2-0、準決勝の鈴鹿を1-0と接戦を制して決勝進出を決めた。

八代白百合は準々決勝で選抜三位の東奥義塾から2-0、準決勝の守谷戦では代表戦となり白百合・岩原が守谷・秋庭からメンを決めて初の決勝進出を決めた。

決勝、本戦は0-0となり代表戦を再び大将同士が15分以上試合をし、最後は中村学園・松永が白百合・岩原からコテを決めて優勝を果たした。

男子団体戦 結果

優勝 九州学院(熊本)

二位 秋田商業(秋田)

三位 玉島高校(岡山)

三位 明豊高校(大分)

ベスト8

高千穂(宮崎)、花巻北(岩手)、磐田東(静岡)、久御山(京都)

大会公式速報ページはこちらから>>

8/12 4日目・速報

男子団体戦

決勝:×秋田商業(2-1)九州学院○

準決勝

1:○秋田商業(0 代表 0)玉島×

※代表戦 ○高橋(メ 勝ち )赤星×

秋田商と玉島は本戦を0-0で代表戦となり、大将同士が再び対戦した。この日の秋田商・高橋は決勝T1回戦の福岡第一戦、準々の高千穂戦を大将戦で勝利し勝ち上がりってきており、勝負強さが際立っていた。玉島・赤星も今大会、勝負所を粘り強く戦いチームの勝利に貢献してきた。代表戦の序盤は赤星が積極的に攻めたが、高橋も徐々に圧力を強めるも互角の展開。試合時間が5分を経過したころ、赤星の面に来たところを高橋がコテを決めて、この試合を制した。秋田商業は第5回大会優勝、第6回大会準優勝以来、62年ぶりの決勝進出を決めた。

2:○九州学院(5-0)明豊×

準決勝は九州学院と明豊の九州対決となった。明豊は大分大会を6連覇、全国選抜も4年連続出場し全国大会でも好成績を残している。しかし、この試合では九州学院が流れを引き寄せ勝負所をもにし5-0という結果で勝利し、決勝進出を果たした。

準々決勝

×高千穂(0-1)秋田商業○

×花巻北(0-3)玉島○

○九州学院(0代表0)磐田東×

×久御山(0代表0)明豊○

決勝トーナメント1回戦(ベスト16)

・×東海大相模(2 代表 2)高千穂○

・福岡第一×秋田商業

・×龍谷富山(1 代表 1)花巻北○

・龍谷×玉島

・×三重(1-2)九州学院○

・○磐田東(1-0)城北×

・×育英(1 代表 1)久御山○

※久御山・山本がメンを決めて勝利。

・長崎南山×明豊

大会公式速報ページはこちらから>>

女子団体戦 結果

優勝 中村学園女子(福岡)

二位 八代白百合(熊本)

三位 守谷高校(茨城)、鈴鹿高校(三重)

ベスト8

東奥義塾(青森)、広島皆実(広島)、錦江湾(鹿児島)、五泉高校(新潟)

大会公式速報ページはこちらから>>

8/11 3日目・速報

※8/10PMより、サーバー会社の不具合でアクセスしにくい状況が続いております。ご迷惑をおかけし、申し訳ありません。

女子団体戦

決勝×八代白百合(0 代表 0)中村学園女子○

※代表戦 ×岩原( 勝ち コ)松永○

準決勝

1:○八代白百合(1 代表 1)守谷×

※代表戦 ○岩原(メ 勝ち )秋庭×

2:×鈴鹿(0-1)中村学園女子○

男子団体戦・決勝トーナメント

Dリーグ、小禄の2戦目は久御山に0-2で敗れ、リーグ1勝1敗。久御山は次戦、群馬沼田との対戦となる。

L、磐田東が東海大札幌に勝利。札幌は1勝1敗でリーグを終えた。リーグ突破チームは磐田東と和歌山東の結果次第となった。

O、奈良大附属が正則学園に1-0で勝利し、奈良大は1勝1敗で終えた。Oリーグは1勝1分の秋田商業が決勝トーナメント進出が決まった。

G、佐野日大が履正社に勝利し、リーグ1勝1敗。次戦、履正社が明豊に勝利すると、このリーグは混戦になる。

P、九州学院が2戦連続で5-0、長野日大から勝利し、決勝トーナメントへ進出を決めた。

C、龍谷富山が高知から2-1で勝利。次戦は中京。

D、選抜ベスト8の小禄はリーグ初戦で群馬沼田から2-0で勝利。次戦は強豪・久御山との対戦。

O、秋田商業と正則学園は0-0の引き分け。秋田商業は1勝1分。正則と奈良大の結果次第ではまだ1位がわからない状況。

K、東海大相模が錦江湾に2-0で勝利。リーグ突破と新田との試合次第。

H、城北(徳島)が野田学園に2-1で勝利。2戦目は仙台育英。

L、東海大札幌と和歌山東の名門対決は、2-0で東海大札幌が勝利。次戦は磐田東と対戦。

P、九州王者・九州学院の一戦目は全国選抜3位の桜丘。九学はこの試合を5-0で勝利した。リーグ最終戦は長野日大と対戦へ。

Gリーグ、初戦は明豊と佐野日大の強豪対決となり、明豊の副将・飯田、大将・蔵座が連勝し2-0で勝利した。リーグ2試合目は履正社との対戦。

O、秋田商業が奈良大附属から2-1で勝利。

男子団体予選リーグ、前半戦がほぼ終了。高千穂、三重、育英、長崎南山、玉島、福岡第一が予選リーグ突破を決めている。

A、高千穂が水戸葵陵から3-1で勝利。

E、三重が酒田光陵との接戦を制し、3-1で勝利。2連勝でリーグ突破。

F、地元・金沢市立工業は広島沼田に1-2で敗れリーグ突破ならず。広島沼田と龍谷がリーグ1位をかけて対戦は引き分けとなり、リーグ1位決定戦で龍谷・西浦が勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。

Eリーグは、三重と酒田光陵が直接対決。城北埼玉は2敗と悔しい結果となった。

J、長崎南山が勝利から3-1で勝利。翔凜は勝負のかかった初戦となり厳しい状況であったが、南山の勢いが勝った。

i、育英が米子松蔭に5-0で勝利し、リーグ2連勝で決勝トーナメントへ

N、最終戦は福岡第一といわきが対決。

A、水戸葵陵が大社と接戦、中堅・正田、大将・吉倉の勝利で2-1で勝利。リーグ突破をかけて高千穂と対戦へ。

※大会公式速報ページはこちらから>>

N、福岡第一は副将・井上の二本勝ちで逆転の本数差勝ち。

※学校名を間違えておりました。大変申し訳ありません。

B、敦賀が花巻北から2-1で勝利。

F、龍谷が金沢市立工業との大将戦に勝利し2-1。神沢勢、厳しい状況が続いている。

J、長崎南山が地元・羽咋工業を5-0で勝利。南山の次戦は関東王者の翔凜との注目の一戦。羽咋もくらいつけるか。

E、三重が4-0で城北埼玉から勝利。三重、リーグ突破へ期待。

M、○琴平3-0甲府商業×

A、高千穂が大社を大将戦で勝利し1-0。大社は次戦、水戸葵陵と対戦へ。

iリーグ、近畿2位の育英が3-0で東奥義塾から勝利。

10時半頃より、男子団体戦予選リーグ開始予定!!

男子団体戦予選リーグ組合せ

※各リーグ1位が決勝トーナメントへ。組合せは再抽選されます。

8/10 2日目・速報

荒木千葵(日章学園)、2年生で個人戦制す!!

女子個人、長谷川(四日市工業)が生出(島原)から勝利し、三重県勢初のインターハイ制覇!

個人戦結果

男子の部

優勝 荒木千葵(宮﨑・日章学園2年)

二位 渡會剛生(宮城・仙台育英3年)

三位 末永英大(熊本・九州学院3年)

三位 指本悠稀(石川・金沢桜丘2年)

ベスト8

前田健心(中京)、信濃壱星(龍谷富山)、桑田虎太郎(磐田東)、吉倉百汰(水戸葵陵)

※大会公式速報ページはこちらから>>

 女子の部

優勝 長谷川凛(三重・四日市工業3年)

二位 生出琴華(長崎・島原高校3年)

三位 宮本奈々(香川・琴平高校2年)

三位 大石修子(茨城・茗溪学園3年)

ベスト8

北井沙樹(淑徳巣鴨)、樋口恵淑(高山西)、長澤彩紗(五泉高校)、海野美帆(日大高)

※大会公式速報ページはこちらから>>

個人戦決勝

男子:×渡會(仙台育英)( 延長 メ)荒木(日章学園)

荒木は序盤戦から粘り強い試合展開で、延長戦になる試合も自分のペースを崩さず、4回戦では強豪・菅野(桐蔭学園)からドウを決めてベスト8へ勝ち進んだ。

準々決勝では桑田(磐田東)を延長でコテ、準決勝では地元開催で勢いのある金沢桜丘の指本と対戦。指本は小山(島原)、山野(九学)、準々決勝では吉倉(水戸葵陵)などの強豪選手に勝利しベスト4まで勝ち進んだ。準決勝は延長戦となり、荒木がドウを決めて決勝へ勝ち進み、渡會(仙台育英)との対戦となった。渡會は準々の前田(中京)そして準決勝の末永(九学)とも延長でメンを決めて決勝を勝ち進んだ。

決勝戦、本戦4分は落ち着いた試合展開、延長戦も10分以上続き荒木が足をツるアクシデントの乗り越え、最後は荒木がコテメンに飛び込み、優勝を決める一本を決めた。

名門道場の東松舘出身の荒木は全国道場連盟大会優勝などの実績を持ち、甲斐修二監督の指導を求め宮崎・日章学園へ渡った。荒木は「宮崎では慣れない環境や試合でも勝てないことがあったが、甲斐先生からの何度も何度も自分の悪いところを中止・指導してもらい少し良くなってきた部分はあると思います。今年は団体で出場できなかったので、来年は団体で出場し優勝を目指したいと思います。」と話した。また、甲斐監督は「今日の荒木は、普段以上の力が出ました。出来過ぎ以上の出来でしたね。」と、笑顔で話してくれた。

女子:○長谷川(四日市工業)(ド 延長 )生出(島原)×

長谷川に関しては「勢いよく勝ち上がってくる選手がいる」という認識だった。本日、ベスト8に進出してからも思い切りの良さは変わらず、準々決勝では樋口(高山西)をツキと反則で二本勝ちし、準決勝では宮本(琴平)をメンとコテで二本勝ちし決勝へ進出。決勝までの6試合で二本勝ちが4回と決定力のある選手。対するは、生出(島原)は全中個人優勝、島原では大将と超実力選手。1〜4回戦は強豪選手との対戦となり全てで延長戦での決着となった。焦る事なく攻め、機会を見極める。決勝戦、お互いに崩し切る事ができず延長戦へ突入し、生出の居着きを見逃さず長谷川が引きドウを決めて優勝を果たした。

「まだ実感がわきません。応援してくださった方が先生、関わってくださったすべての方々に感謝しています。全国大会は小学生や全中も三重代表で出場したことがありますが、全然強くないんですよ〜。」と謙虚に話し、大会中のコンディションに関しては「調子が良い悪いではなく、とにかく応援されていたのでがんばらないといけない!やり切るしかない!と思って毎試合のぞみました。」と話してくれた。

男子個人・準決勝

○渡會(仙台育英)(メ 延長 )末永(九州学院)×

○荒木(日章学園)(ド 延長 )指本(金沢桜丘)×

女子個人・準決勝

×宮本(琴平)( 勝ち メコ)長谷川(四日市工業)○

○生出(島原)(メメ 勝ち )大石(茗溪学園)×

男子個人戦・準々決勝

・×前田(中京)( 延長 メ)渡會(仙台育英)○

・○末永(九州学院)(コ 延長 )信濃(龍谷富山)×

・×桑田(磐田東)( 延長 コ)荒木(日章学園)○

・×吉倉(水戸葵陵)( 延長 メ)指本(金沢桜丘)○

女子準々決勝

・○宮本(琴平)(コ 延長 )北井(淑徳巣鴨)×

・×樋口(高山西)( 勝ち ツ反)長谷川(四日市工業)○

・○生出(島原)(メ 一本勝ち )長澤(五泉)×

・×海野(日大高)( 延長 メ)大石(茗溪学園)○

14時半より、男女個人戦、準々決勝〜決勝がおこなわれます!!

リーグ突破!決勝トーナメントの組合せ公開!!

※8/11午後に決勝トーナメント1回戦〜決勝がおこなわれます。

東奥義塾、鳥取城北を4-1で勝利しリーグ突破を決めた。

Gリーグ、八代白百合が盛岡白百合、市立船橋に連勝しリーグ突破を決めた。

Oリーグ、帝京第五は和歌山工業と1-1の引き分けに終わり、1勝1分けでリーグ突破を決めた。

pリーグ、初戦を落とした小禄は2戦目に東奥義塾と対戦し、小禄は副将を取り返し、結果1-1の引き分けとなった。東奥義塾はリーグ突破に向け、次の鳥取城北に2勝以上での勝利が必要となった。

kリーグ、鈴鹿は島原を1-0で下し、日吉ヶ丘とは引き分けでリーグ戦を終える。島原は日吉ヶ丘に2-0で勝利。リーグ突破の決まったは1勝1分でリーグを終え、、島原・1勝1負、日吉ヶ丘・1敗1分となった。

地元・金沢桜丘、岡山商大との大将戦に勝利し2-1で勝利。続く、淑徳巣鴨戦でも大将戦を制しリーグ2勝で決勝トーナメント進出を決めた。

Cリーグ、五泉は健大高崎と対戦し1-0の接戦を制す。次戦は佐賀女子。

D×四天王寺東(1/1本 1/2本)富岡東、G○八代白百合2-0盛岡白百合×、O×甲府商1-2帝京第五○、△和歌山工業0ー0甲府商△

鳥取城北が小禄との大将に勝利し2-1で1勝目。次戦は東奥義塾と。

錦江湾が白河との大将戦で勝利。リーグ1勝1分で決勝トーナメント進出を決めた。

守谷はリーグ戦で札幌日大、山口桜ヶ丘をそれぞれ2-0で勝利し、リーグ突破を決めた。

Nリーグ、小山と敦賀は0-0で引き分け。小山が1勝1分けでリーグ突破

Fリーグ、明豊が高知、聖ドミニコに連勝。

Eリーグ、本庄第一、奈良大附属、広島皆実が全戦引き分けに終わり、勝者数差で広島皆実がリーグ突破。

Mリーグ、星城大将・江尾が高千穂に逆転二本勝ちで本数差勝利。星城がリーグ突破を決める!

中村学園女子、山形市立商業に3-0で勝利しリーグ2連勝で決勝トーナメント進出を決めた。

桐蔭学園が錦江湾に続き、白河とも0-0の引き分けとなった。リーグ突破は白河と錦江湾の試合次第か。

松商学園が大社に2-1で勝利。iリーグは勝者数差で高松商業が1位となった。

○小山2-0草津東×

星城が秋田北との大将戦に勝利し2-1。次戦、リーグ突破をかけて高千穂と対戦へ

高松商業が松商から3-0で勝利。

○札幌日大2-0山口桜丘×、×奈良大附属1-2広島皆実○

2試合目、優勝候補・中村学園女子は地元・金沢高3-0で勝利。

錦江湾リードの大将戦を桐蔭・井上が一本勝ちし1-1の引き分けとなった。

△敦賀1-1草津東△、○明豊2-0高知×

第1試合目、守谷は札幌日大と大将戦になり守谷・森園の勝利で2-1で勝利。

×本庄第一0-1奈良大附属○、○大社2-0高松商業×、○高千穂2-0秋田北×

女子予選・3校リーグが始まる!

※速報ページはこちらから>>

8/9 1日目・速報

※12時半〜 男女 個人戦 1回戦〜4回戦

男子個人戦

準々決勝

・前田(中京)×渡會(仙台育英)

・末永(九州学院)×信濃(龍谷富山)

・桑田(磐田東)×荒木(日章学園)

・吉倉(水戸葵陵)×指本(金沢桜丘)

男子個人ベスト8

※大会公式速報ページはこちらから>>

4回戦

末永(九学)が伊東(高千穂)から延長でメンを決めてベスト8を決めた。

指本(金沢桜丘)は、山野(九州学院)対戦し、山野の強い攻めに対し指本は冷静に対応し、最後は指本がメンを決めて準々決勝進出を決めた。

4回戦

○前田(中京)(メ 延長 )香川(杵築)×

○渡會(仙台育英)(コ 延長 )中野(札幌日大)×

×伊東(高千穂)( 延長 メ)末永(九州学院)○

○信濃(龍谷富山)(メ 一本勝ち )溝上(佐賀北)×

×岸本(明豊)( 一本勝ち メ)桑田(磐田東)○

○荒木(日章学園)(ド 延長 )菅野(桐蔭学園)×

○吉倉(水戸葵陵)(メ 延長 )德橋(敦賀)×

×山野(九州学院)( 一本勝ち メ)指本(金沢桜丘)○

3回戦

荒木(日章学園)は徳永(奈良大)との延長戦でコテを決めて4回戦進出を決めた。

2回戦

菅野(桐蔭学園)は、3月の全国選抜で優勝したときの大将。しかし、今大会では個人のみの出場となった。2回戦、伊佐(小禄)が菅野を追い詰めるも、延長で菅野がドウを決めて3回戦進出を決めた。

九州大会団体優勝の九州学園で大将の末永と、関東大会団体個人二冠王の中田(翔凜)の試合は、常に攻めの姿勢をくずさなかなった末永が試合中盤にメンを決めて勝ち上がった。

強豪対決、初戦の藤島(福岡常葉)はやや動きが硬く、積極的に攻めた吉倉(葵陵)が試合中盤にコテを決めて一本勝ち。

1回戦

荒木(日章学園)は鈴木(群馬沼田)から延長でメンをきめて勝利。

向井(鹿児島実業)が坂本(大社)からコテを決めて延長戦を制した。

1回戦、地元・金沢桜丘の指本がメンを決めて一本勝ちし、2回戦へ。

吉倉(水戸葵陵)は延長で両手ツキを決めて2回戦進出。近畿個人優勝・大津(奈良大)、同3位・井上(比叡山)、山野(九州学院)、東(日本航空)、阪野(高山西)ら、2回戦へ。

2回進出選手、前田(中京)、安田(島原)、東海林(秋田南)

女子個人戦1〜4回戦

準々決勝

※8/10開催

・宮本(琴平)×北井(淑徳巣鴨)

・樋口(高山西)×長谷川(四日市工業)

・生出(島原)×長澤(五泉)

・海野(日大高)×大石(茗溪学園)

女子個人戦ベスト8

4回戦(ベスト16)

生出(島原)は宮田(明豊)と、30分以上の延長戦を制し、準々決勝進出を決めた。

関東個人3位の北井は(淑徳巣鴨)は秋庭(守谷)との対戦で延長戦を繰り返し、秋庭の小手の打ち終わりに鋭くメンを放って勝利した。

海野(日大)は、九州大会個人2位の與﨑(錦江湾)を相手にスピード勝負、延長で海野がメンを決めて準々決勝進出を決めた。

・平松(日本航空)×宮本(琴平)

・北井(淑徳巣鴨)×秋庭(守谷)

・○樋口(高山西)(コ 延長 )菅藤(聖光学院)×

・×盛迫(樟南)(メ  勝ち メメ)長谷川(四日市工業)

・○生出(島原)×宮田(明豊)×

・長澤(五泉)×國分(久留米商業)

・○海野(日大)(メ 延長 )與﨑(錦江湾)×

・○大石(茗溪学園)(コメ 勝ち )楠岡(高知)×

3回戦

生出(島原)は和泉(東洋大姫路)と対戦は一進一体、延長の末、生出がコテを決めて勝利。

2回戦、シード選手も登場。

2回戦勝者

弓(三養基)、平松(日本航空)、宮本(琴平)、小場佐(菊池女子)、北井(淑徳巣鴨)、鈴木(山形市立商業)、柏木(小禄)、樋口(高山西)、永野(高知)、盛迫(樟南)、海野(日大)、楠木(久御山)、塚田(富岡東)、

1回戦、秋葉(守谷)が延長でメンを決めて勝利。土井(龍谷)、延長でコテを消えて2回戦へ。強豪多血、宮田(明豊)が中澤(東奥義塾)から勝利。

※1回戦勝利

梅原(敦賀)、山根(山口桜ヶ丘)、宮本(琴平)、小場佐(菊池女子)、佐々木(盛岡白百合)、樋口(高山西)、本村(大村)、和泉(東洋大姫路)、松本(阿蘇中央)、楠木(久御山)、菅藤(聖光学院)、上山(岡山商大)、盛迫(樟南)、臼井(新南陽)、宮川(甲府商業)、大石(茗溪学園)、鹿毛(岡山商大)、増尾(磐田東)、長谷川(四日市工業)、石島(宮﨑日大)、太田(東奥義塾)

井上(中村学園)、延長でメンを決めて2回戦進出。

大会開幕!女子個人戦1回戦が進行中!本日は4回戦まで。

令和3年度全国高等学校総合体育大会 剣道競技

〜金沢インターハイ・剣道〜

令和3年/2021年8月9日(月)〜12日(木)

石川県金沢市・いしかわ総合スポーツセンター

日程

8/9  男女 個人戦 1回戦〜4回戦

8/10 女子団体戦・予選リーグ、男女 個人戦・準々決勝〜決勝

8/11 男子団体戦・予選リーグ、女子団体戦・決勝トーナメント1回戦〜決勝

8/12 男子団体戦・決勝トーナメント1回戦〜決勝

※LET’S KENDOではライブ配信をおこないません。「速報」を中心におこないます。

※大会詳細・日程等は【輝け君の汗と涙 北信越総体2021 HP】に掲載されております。

組合せ

※大会詳細・日程等は【輝け君の汗と涙 北信越総体2021 HP】に掲載されております。

8/11 3日目・速報

※9時〜 男子団体戦・予選リーグ、女子団体戦・決勝トーナメント1回戦〜決勝

【速報・生配信!】6/22〜23 東海高校剣道大会

更新日: 2019/6/25

 

生配信

大会2日目(団体戦)


スポンサードリンク

男子団体決勝、中京(岐阜)が前回王者・磐田東から勝利し優勝!!

男子団体優勝 中京(岐阜)

女子団体、高山西が優勝!決勝で磐田西から勝利。

女子団体優勝 高山西

団体戦結果

男子

優勝 中京学院中京(岐阜)

二位 磐田東(静岡)

三位 東海大翔洋(静岡)、名古屋大谷(愛知)

男子決勝トーナメント

女子

優勝 高山西(岐阜)

二位 磐田西(静岡)

三位 中京学院中京(岐阜)、済美(岐阜)

女子決勝トーナメント

※結果詳細・トーナメントは【静岡県高体連剣道専門部HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

個人戦結果

男子

優勝 内山一吹(三重高校)

二位 小倉浩介(星城高校)

三位 加藤壮太郎(郡上)、佐野立流 (磐田西)

男子個人

女子

優勝 川合芳奈(東海大翔洋)

二位 田口風花(桜丘)

三位 近藤こころ(桜丘)、松田萌華(磐田西)

女子個人

※結果詳細・トーナメントは【静岡県高体連剣道専門部HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

試合動画一覧

動画一覧

※YouTube再生リスト・試合動画一覧へリンクします>>

スポンサードリンク

決勝

男子団体:○中京(2-1)磐田東×

男子団体決勝

男子団体決勝スコア

※試合動画

女子団体:×磐田西 対 高山西○

女子団体決勝

女子団体決勝スコア

男子個人:○内山(三重高校)(メ 一本勝ち )小倉(星城)×

男子決勝

※試合動画

女子:○川合(東海大翔洋)(メド 勝ち ) 田口(桜丘)×

女子決勝

※試合動画

※結果詳細・トーナメントは【静岡県高体連剣道専門部HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

準決勝

男子団体:○中京(3-1)東海大翔洋×

男子団体:×名古屋大谷(1-4)磐田東○

 

女子団体:磐田西 対 中京

女子団体:済美 対 高山西

女子準決勝

 

準々決勝

男子

○中京(3-1)大同大大同×

×浜名(1-2)東海大翔洋○

○名古屋大谷(2-1)西尾東×

×池新田(1-4)磐田東○

女子

磐田西 対 岡崎城西

中京 対 浜名

×桜丘(代表)済美○

○高山西(代表)鈴鹿×

男子予選、浜名が桑名と対戦し、大将戦も先攻される展開からの逆転勝利。2勝1敗でリーグ突破で決める。

男子予選

男子団体、名古屋大谷が郡上に勝利し3勝目。予選3組をトップ通過。

男子予選

男子予選、勝ったほうがリーグ突破がきまる池新田と桜丘は、3-0で池新田が勝利。

男子予選

予選リーグ表、途中経過

男子予選女子団体

※結果詳細・トーナメントは【静岡県高体連剣道専門部HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

男子団体予選、桑名(三重)が郡上(岐阜)との大将戦を制し2-1で勝利。池新田(静岡)は本数差1本で鈴鹿(三重)から勝利。

中京(岐阜)は桜丘(愛知)を3-1で勝利。中京はリーグ2勝目。

男子予選

女子、磐田西が東邦から勝利しリーグ2勝目。桜丘は中京と接戦を制し、2-1で勝利。

女子予選

男女団体戦予選リーグ始まる!!

最終日

昨日開催された団体予選の1試合目の結果

男子 女子

スポンサードリンク

生配信・試合順

生配信

男子

 

 

スポンサードリンク

大会1日目

個人戦結果

男子

優勝 内山一吹(三重高校)

二位 小倉浩介(星城高校)

三位 加藤壮太郎(郡上)、佐野立流 (磐田西)

女子

優勝 川合芳奈(東海大翔洋)

二位 田口風花(桜丘)

三位 近藤こころ(桜丘)、松田萌華(磐田西)

※結果詳細・トーナメントは【静岡県高体連剣道専門部HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

男子個人ベスト4

準決勝

内山(三重高校)対 加藤(群上)

佐野(磐田西)対 小倉(星城)

女子個人ベスト4

川合(東海大翔洋)対 近藤(桜ヶ丘)

田口(桜丘)対 松田(磐田西)

男子、前回王者・磐田東は市立岐阜商に2-1の接戦を制した。

磐田東

男子、西尾東が三重から1-0で勝利。三重大将・嶌田は果敢に攻めたが一本取ることができなかった。

男子予選

男子、中京が池新田との大将戦に勝利し、1-0で一勝目。

女子前回王者・磐田は初戦を完勝。リーグ突破へまずは一勝。

磐田西

 

開会式

開会式

開会式

 

令和元年度 第66回東海高等学校剣道大会

東海高校剣道大会

2019年6月22日(土)、23日(日)

静岡県・静岡市中央体育館

・男女団体戦(予選リーグ+決勝トーナメント)、男女個人戦(トーナメント)

・6/22(土) 開会式、男女団体予選(途中まで)、男女個人戦

・6/23(日) 男女団体戦予選、決勝トーナメント、閉会式

※大会詳細は【静岡県高体連剣道専門部HP】に掲載されております。

スポンサードリンク

組合せ

男子団体男子団体戦

女子団体女子団体戦
男子個人男子個人戦
女子個人戦女子個人戦

※大会詳細は【静岡県高体連剣道専門部HP】に掲載されております。

スポンサードリンク

予選結果

愛知県

男子団体優勝 名古屋大谷、男子個人優勝 小倉浩介 ( 星城 )

女子団体優勝 中部大春日丘、女子個人優勝 岩坂結衣 ( 星城 )

※結果詳細は【愛知県高体連剣道専門部HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

岐阜県

男子団体優勝 市立岐阜商、男子個人優勝 加藤壮太郎(郡上)

女子団体優勝 高山西、女子個人優勝 小林 京(高 山 西)

※結果詳細は【岐阜県高体連HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

三重県

男子団体優勝 三重高校、男子個人優勝 本多亮輔(桑名高校)

女子団体優勝 三重高校、女子個人優勝 菊池月菜(鈴鹿高校)

※結果詳細は【三重県高体連剣道専門部HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

静岡県

男子団体優勝 池新田、男子個人優勝 大石剛寅(静清)

女子団体優勝 磐田西、女子個人優勝 川合芳奈(東海大翔洋)

※結果詳細は【静岡県高体連剣道専門部HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

SPONSOR

広告募集中

top