インタビュー – 第3回 女優兼プロレスラー兼剣道家 女子プロレス「アイスリボン」 志田光 後編

更新日: 2010/9/10

志田光選手に、LET’S KENDOが入場衣装を提供!!

努力は裏切らない

昨年9月にインタビュー企画(下にインタビューあり)に登場して頂きました、女子プロレスラー・志田光選手(アイスリボン所属)に、プロレス入場用の道着と袴をプレゼントしました!!
今年の正月にアイスリボンさんへご新年の挨拶と、インタビュー収録時に撮影した写真パネルを渡しに行ったことがキッカケです。
(2010年)年末のプロレス大会で、志田選手が白道着・袴で入場した際、非常に評判が良かったとの話を伺い、「それなら作りましょう!!」即決。その場で打ち合せを行ないました。
「色落ちしないもの」「装着を簡単に」この2つが最低条件となりました。色落ちすると、試合用のコスチュームに色がついてしまうこと、先発で入場する場合は相手の入場の間に脱ぐことができますが、後発で入場し脱着に時間がかかると、進行にも影響がでてしまうからです。
そして、私がその足で向かった先は、LET’S KENDOで、手ぬぐいを作ってもらったり、一周年記念際にも竹刀袋+剣道手提げ袋を作ってもらった、オリジナル商品、ハンドメイドでなんでも作ってしまう、竹島武道具さんです。

 

女優兼プロレスラー兼剣道家

スポンサードリンク

女優、そしてプロレスラー

両親には内緒でタレント事務所に入りました(笑)

浪人生から女優へ!?
浪人生から女優へ!?

__大学で剣道を続けようと思わなかったのですか?
志田:大学進学は考えていましたが、剣道を続けることは考えていなかったです。「高校まで」って決めていたところもありますね。インターハイや国体に出場できていたら、剣道を続けていたかもしれないですが(笑)。大学へは勉強で浪人して目指すことにしました。中学、高校と剣道ばかりやっていたので、勉強が・・・
__剣道を一生懸命やっていた分、勉強が・・・というのは理解できます(笑)。「女優」になりたと思ったのはいつからですか?
志田:小さい時からの夢でした。中・高校と剣道に夢中になり、大学浪人しつつも、いろいろ今後の事を考えていたのです。そして、「女優」になることが自分の夢だったことを思い出したんです(笑)。浪人中だったので、両親には内緒でタレント事務所に入りました(笑)。
__立場上、言いづらいですよね(笑)

本当にプロレスラーになるんだったら合格!?

http://3count.ne07.jp/
厳しいトレーニングに耐え、主演に決定!!

__いまは女優兼プロレスラーとして活躍しています。どういうキッカケでプロレスラーになったのですか?
志田:「スリーカウント」というプロレスを題材にした映画のオーディションを受けたんです。そしたらプロデューサーに「本当にプロレスラーになるんだったら合格。」って言われたんです(笑)。プロレスって見た事もなかったのですが「映画に出れる!!」と思い、やることにしました。
__映画の役だけど、本当のプロレスラーとしてデビューもするってことですか?
※ここでアイスリボン 佐藤社長が登場(以下:社長):映画の出演条件は、映画の撮影開始日(クランクイン)までに、本当にプロレスデビューする事だったんです。その方が映画に「リアリティ」がでるので。
__そうですね。
社長:ド素人がプロレスに入門しプロレスデビューまでを、ドキュメンタリー的な番組として、テレビ埼玉の「マッスルヴィーナス〜筋肉美女」で放映したんです。だから志田は、プロレスラーになるために、本当に辛いトレーニングしてアイスリボンの大会で「プロレスラー」としてデビューを果し、映画に出演したのです。さらにその番組から一緒にプロレスデビューし、映画に出演した8人の中から、主演を勝ち取ったんです。
__へ〜 志田選手、すごいですね!
志田:(笑顔)
社長:かわいい子ってたくさんいるけど、「がんばっている子」っていうのも人を引きつけれると思うんです。実際にトレーニング期間はノーギャラで、交通費も支払っていません。最初は100人くらいの参加がありましたが、トレーニングの厳しさや仕事、金銭面も含めて離脱者が相次ぎ、結果8人がデビューしました。そして、いまアイスリボンに残っているのは3人だけですからね。
__3人ですか・・・

映画が終わったら絶対にプロレスは辞める!

辞める予定だったプロレス・・ 今はアイスリボンのエースを狙う!
辞める予定だったプロレス・・ 今はアイスリボンのエースを狙う!

社長:オーディションでは、「映画が終わるまではプロレスラーでいること」が条件だったんです。当初志田は、「映画が終わったら絶対にプロレスは辞める!」って泣きながら言ってましたからね(笑)
志田:(苦笑)
__しかし志田選手はいまだにプロレスをやってますね。
社長:志田は実際の映画を見たら「プロレスをやりたくなった!」って自分から言い出したんですよ(笑)。
志田:はい(照笑)。
__プロレスラーになることをご両親は反対しませんでしたか?
志田:しなかったです!逆に父は賛成してくれて、それこそスパルタですよ(笑)。父からはやっぱり「頂点を目指せ」と言われました(笑)。
__ストイックなお父さんがでてきましか!(笑)
志田:プロレスの道場では基礎体力とプロレスのトレーニングをして、さらに自宅では父の指導の元、筋トレ。厳しかったですが、剣道の稽古でも辛い経験があったので乗り越える事ができました!
__気を使っていただきありがとうございます(笑)
志田:いやいや、本当ですよ!!いまのプロレスのトレーニングは、肉体的にも精神的にも本当に辛いですが、高校の時の部活も本当に辛かったですから。しかし「努力は裏切らない」という事を剣道を通して学び、「練習して上達を楽しむ」という考え方になりました。剣道で自分なりに結果を残せた経験を信じて、プロレスでもトレーニングを重ねて結果を残します!

プロレスでも女優でも1番になる!

取材後に行なわれた試合では、見事勝利!
取材後に行なわれた試合では、見事勝利!

__期待しております!!最後に、今後の目標をお願いします!
志田:まず、プロレスの試合で「竹刀」を使う事ですね(笑)。これはやりたいです。
__反則は5秒までオッケーなのがプロレス特有のルールですからね!(笑)
志田:プロレスのリングで防具を付けて「剣道マッチ」もやりたいです!
社長:顔が見れないだろ(笑)。
__そうですね!(笑)。その時は是非協力させて下さい!(笑)
志田:最終目標は、プロレスでも女優でも1番になることです!!
__応援しております!!今日はお忙しい所、本当にありがとうございました!!

柔道仕込みの払い腰!剣道を活かした技の開発はこれから!?
柔道仕込みの払い腰!剣道を活かした技の開発はこれから!?

プレゼント

プレゼント

プレゼントは終了しています。

志田選手が主演し、プロレスデビューのきっかとなった
映画「スリーカウント」のDVDを、抽選で2名様にプレゼント!!
●応募方法●
1、〒・住所 2、氏名 3、年齢
4、LET’S KENDO、インタビューの感想
※1〜4を必ずおご記入ください。
〜応募はメールにて受付〜
※メールの件名に
「スリーカウントプレゼント 」
とお書きください。


志田 光(しだ ひかる)

志田 光(しだ ひかる)
1988年6月11日生まれ 神奈川県出身
剣道三段
女子プロレス「アイスリボン」所属
【剣道戦績】
・神奈川県中学校剣道大会 個人ベスト8
・玉竜旗高校剣道大会 出場
・神奈川県高校剣道大会(団体) 3位
・関東高校剣道大会 出場
【映画・テレビ】
・テレビ埼玉「マッスルビーナス」
・映画「スリーカウント」主演
・映画「ロボゲイシャ」
・映画「平成トンバチ野郎〜男はツラだよ〜」
【プロレス】
・2008年8月23日デビュー
※幼少の頃より培われた武道精神で「女子プロレス界の将来を担うエースの器」と高い評価を得ている。

※女子プロレスラー&女優「志田光」オフィシャルブログ
志田っくすのでらっくすでいず!

※女子プロレスラー&女優「志田光」オフィシャルブログ
志田っくすのでらっくすでいず!

※女子プロレス団体
-アイスリボン-official site

※今話題!!
ー19時女子プロレスー
☆動画配信サイト「USTREAM」にて
熱い試合を生放送・無料配信中!


大会告知

【大会告知】
☆2010年9月23日12時より、後楽園ホールにて「リボンの騎士たち」を開催!!志田選手も出場し、豪華カードがズラリ!!
※すでに売切れ席種もあるので、チケットのご購入はお早めに!!
※後楽園大会「リボンの騎士たち」の詳細はこちらから!!
☆埼玉県蕨市にあるアイスリボン道場「レッスル武闘館」にて、定期プロレス大会も開催中です!!


 

●協力
有限会社ネオプラス
女子プロレス アイスリボン

栄光武道具
剣道倉庫 全日本武道具センター
城西武道具
竹島武道具

●撮影サポート
永田“Zeah!”芳美

関連情報リンク

スポンサードリンク

SPONSOR

広告募集中

top