スポンサードリンク

インタビュー – 第1回 実業団の猛者 梅山義隆(NTT東日本) 後編 大学生〜現在

数々のタイトルを獲得し、選手としての集大成の時期にさしかかっている、梅山義隆選手(34歳)。
剣道を始めて30年、その足跡を駆け足でお伝えしようと思います。
今回のロングインタビューは、前編を剣道を始めたキッカケから高校生まで、後編を大学〜現在と2回に分けてお伝えします。

挫折、衝撃の舞台とは・・・

梅山義隆

ー専修大学へ進学し、剣道を続けることになります。稽古は、どうでしたか?
梅山義隆選手(以下:梅山):普段の稽古は、1時間半くらいです。高校の時に比べたら、楽でしたね(笑)。ただ合宿は、すごくキツかったです。高校以上でした。

ー普段の稽古で、物足りなさや方針に、疑問を持ったりしませんでしたか?
梅山:それはなかったですね。専修大学の山田監督は、自由にというか、個性を生かすというような方針だったので、私に合ってました。監督から、「左手・左足」を特に意識する事を教えられ、強くなれたと思います。福大大濠の黒木先生も、長所を延ばすような感じだったと思います。

悔しい2位

ー大学では、関東学生団体優勝などで活躍されました。今日は大学3年生時の、関東学生個人2位について、お伺いしたいと思います。「2位」というのは、単純にスゴい事だと思います。ただ、選手によって、「2位」の受け止め方はさまざまです。先日のバンクーバーオリンピックで、銀メダルを獲得したフィギュアの浅田選手は「悔しい銀(2位)」、スピードスケートの長島選手は「嬉しい銀(2位)」でした。この例えで言うと、梅山選手の2位は、どちらですか?
梅山:「悔しい2位」でした。準々決勝あたりから、あの「ひらめきの面」が出始めたので、「優勝できる!」と思いました。そして決勝戦の相手は、1学年上の川原選手(当時:明治大学)。延長を繰り返し、最後は一瞬の隙をつかれて負けてしまいました。

ー敗因は、なんだったのでしょうか?
梅山:調子が良かったので、自分から攻めすぎてしまったしまったのだと思います。例えばですが、必殺技は「ここぞ!」と言う時に出してこそ、必殺技と言えるのでしょう。この敗戦で「試合の組み立て方」という課題ができたので、負けて良かったとは言えないですけど、得るものは大きかったです。

梅山義隆
手首の柔らかさを活かした胴も得意としている。

ー「組み立て」「得たもの」とは、具体的にどのよなことですか?
梅山:自分のスタイルである「攻める」だけでは勝てない、という事を学びました。「打つ機会」を待つというか、作るというのでしょうかね。
ーなるほど。ちょっと話がそれてしまうのですが、試合で「負けてしまうかも?」と、思う事はありますか?
梅山:ん〜、ないですね。負ける事を恐れず「やってやるぞ!」って思います。予想外の力が出せたりしますね。
ーそうなんですか。そして大学を卒業し、現在のNTT東日本へ入社します。警察官になろうと思ったことはないですか?
梅山:ないですね。教員になりたかったです。ただ、専修大学では「社会科」の教員免許しか取れなかったんです。できれば体育の免許が欲しかったです(笑)。今は、母校・専修大学剣道部のコーチとして、私の経験してきたことを、少しでも学生達に伝えたいと思ってます。
ーNTT東日本は、実業団の中で強豪ですが、あくまで会社員です。警察や教員に比べたら、稽古が少ないと思います。1回の稽古に対するモチベーションや、考え方などは変わりましかた?
梅山:稽古が1時間であっても、それ以上の稽古ができるようにしたいと思ってます。現状ですと、週に1〜2回できればいい方です。仕事によっては2〜3週間、稽古ができないとストレスになります(笑)。
ー具体的に「時間以上の稽古」とは、どういうことですか?
梅山:稽古が終わったら、稽古日記みたいなものをつけてます。例えば3分の地稽古行ない、後でその3分を思い出して、反省点などを手帳に書いています。気持ちの問題でもあるのですが、頭で考え、イメージする事によって2倍、3倍の稽古をしています(笑)あとは、稽古のための心の準備をします。稽古前、または稽古する数日前から。
ーなんかデートの前に、あの映画見て、あそこでご飯食べて・・・なんて考えますよね?そんな感じですか?(笑)
梅山:そうそう、その感覚に近いもしれないですね(笑)。あと、稽古の為に仕事や用事は、済ませるようにしてます。別に、仕事で手を抜いたりサボったりする訳ではないですよ(笑)。それくらい1回の稽古を大切にしてます。

出場してはいけない大会に出場してしまった・・・

出場してはいけない試合に出てしまった
栄光と挫折を味わった日本武道館

ーでは、全日本選手権に出場したときの事をお伺いします。2006年、東京予選で3位になり、出場権を得ました。準決勝の相手は?
梅山:警視庁の内村選手です。以前に対戦していたので、イメージはあったのですが・・・ 結果的に2本負けでした。準々決勝までは「ひらめきの面」が、出てたんですよ!ただすでに選手権出場が決定した後だったので、足の痛みを感じてしまい(笑)準決勝はでなかったですね(笑)。
ー内村選手の印象はどうですか?
梅山:強いです。どこから何がくるか、わからないですからね。その予選の前年に、内村選手と練習試合で対戦していて、引き胴で勝ったんですよ(笑)。練習試合なので、内村選手は100%の力ではないかもしれませんけど。その勝ちは、剣道をやる上での自信にもなっています。
ーそれは自信になると思います! 全日本選手権は、どうでしたか?
梅山:まず、1回目の出場が23歳の時で、まわりは年上の人ばかりでした。控え室でも居場所がないような感じでしたし、なにより完全に浮き足立ってましたね。試合も、何がなんだかわからない間に、終わってしまいました。そして2回目、今度は年下ばかりでしたね(笑)。その時は、全日本選手権の雰囲気を味わうことができました。試合は負けてしまいましたが、自分の剣道をすることができました。満足はしてないですけどね(笑)。
ー2回目の出場では、1回戦で福岡代表・松岡選手と対戦しました。
梅山:松岡選手とは、高校時代によくやっていました。印象的なのは2年生の冬、第2回全国選抜・福岡予選決勝の相手です。高校の時に勝てなかった相手が、まさか全日本選手権で対戦し・・・やっぱり勝てなかった(笑)。
ー苦手な相手、タイプって言うのがあるのでしょうね。「全日本選手権出場」、自信がついたのではないでしょうか??
梅山:いや・・・ 出場してはいけない大会に出場してしまった・・・。パンドラの箱を開けてしまったような感じ、と言うのでしょうかね。1回目の出場後は、自分を見失ってしまいました。
ー燃え尽きてしまったのでしょうか?
梅山:プレッシャーですかね。大学を卒業し、まだ勢いのある中で、予選を勝ち上がることができたんです。ところが、あの大会に出場することで、勝手に周囲の期待を感じてしまい、いい試合をしなければならないと思い込んでしまった。「またあの舞台に上がるには・・・」なんて考えても、答えがわからなかったですね。初めて剣道で辛いと感じました。
ーそれでも稽古は続けていたんですよね?
梅山:続けてはいましたが、自分の剣道がまったくできなかったです。初出場後2〜3年は、全然ダメでしたね。試合でも、当然勝てなかったです。
ー復活のキッカケは??
梅山:ん〜 続けているうちに・・・というのでしょうか。気持ちのリセットの仕方を覚えました。過去の栄光は栄光として、胸にしまうことができるようになった、というのかな。うまく忘れるというか・・・。だからと言って、またすぐに全日本に出場できたわけではなく、8年かかって2回目の出場ができたんです(笑)。
ー全日本選手権は、「剣道の強さ」だけではなく、「心の強さ」も必要なんですね・・・。

引退、考えますね。 ただ・・・

今年の都道府県大会、東に京代表・五将として出場する
今年の都道府県大会、東に京代表・五将として出場する

ー今後の目標は??
梅山:やはり最終的な目標は、全日本選手権に3回目の出場をすることです。2度ある事は3度ある・・・なんて(笑)。
ーいやいや、期待してますよ!あと、4月の全国都道府県対抗剣道優勝大会・東京都代表(五将)として出場します。
梅山:いままで、予選で勝てなかったので・・・ 初代表です(笑)。今回の予選には、妻と子供が来ていたので、いままで以上に「がんばらないとな」って思ったんです。勝ててホントに良かった(笑)。本戦は団体戦なので、迷惑を掛けないようにやるだけです!!
ー期待しております!!梅山選手は、現在34歳です。そろそろ、「引退」を考えたりしますか?
梅山:ん〜 NTT東日本のキャプテンもおりましたし、引退、考えますね。 ただ、すぐに辞めようとは思ってないです。今まで以上に、1年1年をしっかり集中して、やっていきたいと思ってます。40歳までは、現役でやってないと思います(笑)。あくまで「現役引退」なだけで、剣道を辞めるって訳ではないですからね。昇段審査も、ずっとありますし。
ーわかりました。最後に、お子さんがお生まれになりました。ズバリ、剣道をやらせたいと思いますか?
まだ小さいですからね(笑)。ん〜、やっぱり一度はやらせたいと思いますよ。その後は本人次第で(笑)。
ー奥様も剣道をやられていますよね?いつかは親子で三人団体戦なんてできたらおもしろいですね(笑)。
娘が18歳になったら、私は50歳をすぎてるのか〜 まだまだがんばらないとダメですね(笑)。
ー今後も、ご活躍を応援しております!今日は本当にどうもありがとうございました!!


インタビュー中は終始笑顔で、「ホントに強いのかな??」なんて思ってしまうほどでした。
梅山選手は、「面を付けたら強気になれる」と言ってました。確かに先日の都道府県大会東京予選でも、勝負強さをいかんなく発揮してておりましたので、間違いないです!!4月の本大会では、「ひらめきの面」をだしていただきたいと思います!!


梅山義隆選手

梅山義隆(うめやまよしたか)
昭和50年12月3日生まれ 大分県出身
身長168cm 体重70kg
剣道六段
大分・三芳少年剣士会にて剣道を始める。
日田市立東部中学校
福大大濠高校 九州大会個人、玉竜旗、インターハイ 各優勝
専修大学 関東学生(団体)優勝、関東学生(個人)2位
NTT東日本 全日本実業団、関東実業団 各優勝3回
※全日本選手権 2回出場
※専修大学剣道部コーチ

関連情報リンク

インタビュー – 第1回 実業団の猛者 梅山義隆(NTT東日本) 前編 幼稚園〜高校生

数々のタイトルを獲得し、選手としての集大成の時期にさしかかっている、梅山義隆選手(34歳)。
剣道を始めて30年、その足跡を駆け足でお伝えしようと思います。
今回のロングインタビューは、前編を剣道を始めたキッカケから高校生まで、後編を大学〜現在と2回に分けてお伝えします。

テレビに出るために強豪校へ!?

梅山義隆選手

 ーーインタビュー企画第1弾です。よろしくお願いいたします!
梅山義隆選手(以下:梅山):こちらこそ。

ーー最初に、「LET’S KENDO」というマイナーサイトはご存知でしたか?
梅山:知ってましたよ。他の部員たちも見てますよ。

ーーうれしいです!!早速ですが始めさせいただきます。
梅山:お願いします(笑)。

ーー剣道を始めたキッカケはなんだったのですか?
梅山:私が幼稚園の頃、1才年上の兄貴と小学校の体育館で遊んでいる時に、三芳少年剣士会が稽古をしていて「やりたいな」って思ったんです。軽い気持ちでした(笑)。指導では、小宇佐先生や本川先生が勝負だけではなく、剣道の本質や楽しさを教えてくれたことが、剣道にのめり込むキッカケとなりました。私の剣道に対する「原点」となることをたくさん教わりました。

ーー小学生の頃の成績はどうでしたか?
梅山:自分の納得できる結果は、まったく得られなかったですね。「日本一」を目標としていましたが、道場連盟の全国大会大分予選は勝ち抜くものの、優勝には至りませんでした。毎日稽古していたんですけどね(笑)。

ーー中学校でも剣道は続けられましたよね?
日田市立東部中学校に入学し、剣道部に入部しました。

ーー練習環境は、どうでしたか?
梅山:中学校の部活で約2時間、その後、三芳剣士会に行ってまた稽古してました。稽古が増えましたね(笑)。休みは基本的に日曜日でしたが、中学生の時も結局試合などで休むことはほとんどなかったですね(笑)。

ーー小学生の頃から毎日剣道をやり、さらに中学生になってからは二部練習ですか(笑)。中学生の頃の成績はどうでしたか?
梅山:全国中学校大会も九州大会も、出場していないです。県大会であと一歩のところまでは、いってたのですが・・・ 個人戦もダメでしたね。道場連盟の大会でも、勝てなかったです。だから、小・中ではホントに結果が残せなかったんですよ(笑)。

私のほうからお願いをして、入学させてもらったんです(笑)

ーー高校は名門・福大大濠に進学しました。どのような経緯だったのですか?
梅山:中学生の時に、玉竜旗のテレビ放映を見ていたんです。「テレビに出て、さらに日本一になれるのは、福大大濠ではないか?」と勝手に思ったんです(笑)。

ーー剣道推薦で入学されたんですよね?
梅山:ん〜 推薦入学ですが、私のほうからお願いをして、入学させてもらったんです(笑)。

ーーそうだったんですか(笑)。今までの経歴を見させていただいたら、スカウトされて入学したのかと思ってました。入学後は、寮生活となりました。先輩方と同じ屋根の下、いろいろと大変だったのではないでしょうか?
梅山:福大大濠には、体育寮と勉強寮があったんです。私は剣道推薦でしたが、なぜか勉強寮だったんです(笑)。だから先輩達とは、一緒ではなかったんです。運が良かったのか、悪かったのか(笑)。

ーー良かったと思います(笑)。自主練習はしていましたか?
梅山:夜8時に部活が終わり寮で夕食を済ませた後、勉強寮生は強制で約2時間の「勉強会」が毎日あったんです。まぁ参加していただけですけど・・・(笑)。その後に、寮の近くにあった非常に急な坂を、何本もダッシュしてましたね。他の寮生からは、あきれた感じで「よくやるね〜」とか「がんばってるね」なんて、言われてましたよ(笑)。私はそんな感覚、一切なかったですけどね。

ーー陰の努力があったのですね。剣道日本3月号のインタビューで「コンクリート入りのタイヤを引いていた」というのを読んだのですが。
梅山:あ〜 それは、剣道部の朝練でやっていました(笑)。決して楽ではないですけど、「坂道ダッシュ」のおかげで、死ぬほど辛かった訳でもないですね。

「ひらめきの面」、相手の動きがスローモーションみたいに遅く見えましたよ

ーー同期は何人いたのですか?
梅山:最初は10人、最終的には7人になっちゃいました。同期は、本当に強かったですね。ただ私は、大分から福岡に出て来たので「負けられない」「結果を出す」ということを常に思ってました。あと、大会や練習試合の度に親が大分から見に来てくれていたので、喜ばせるためにも「強くなってやる」と心に決めていました。

ーー強い決意があったんですね。1年生の時は、雑用など大変だったんじゃないですか?
梅山:私は「部室掃除係」でしたね(笑)。キレイに掃除していたつもりだったのですが、先輩の機嫌が悪かったのか、気に入らなかったみたいで、めちゃくちゃに怒られたことはありましたね。あれにはまいったな〜。確かに私自身、いまだにちょっと片付けは苦手なのはあるんですけど(笑)。

ーー気まぐれな先輩っていますよね(笑)。実家に帰る事はあったんですか?あと、ホームシックになったり。
梅山:夏と正月に、一泊二日くらいでしょうか。ホームシックになりましたね(笑)。ただ、自分が決めたことだし、親にも無理を言って入学させてもらったので、引くに引けないところはありました。

梅山義隆選手

ーーでは、自分が「強くなったな」と感じた瞬間、またはキッカケとなったことはありましたか?
梅山:1年生の12月、千葉・習志野高校での練習試合の時に「あっ、これは!」という、面打ちが偶然出来たんですよ。「ひらめきの面」っていうんですかね?「打てば当たる間合い」というのを見つけたんです。当時、自分が考えていた間合いより「一歩遠間」だったんです。その練習試合では、面だけではなく、小手でも何でも当たってましたね。相手の動きが、スローモーションみたいに遅く見えましたよ(笑)。ちょうど福大大濠剣道部監督・黒木先生も見ていくれていて、普段はまず褒めてくれない先生が、褒めてくれたんです。

ーー強い人の話しを聞くと、「ひらめき」的なものがあると聞いた事があったのですが、梅山さんもあったんですね。
梅山:その「ひらめきの面」は、1日に数えくきれないくらい練習試合をして、肉体的にも精神的にも限界だったからこそ、出来た事なのではないかと思いますね。ちょっと感覚的なものなで、伝えづらいのですが(笑)。

ーーその後は、稽古での基本打ちでも「一歩遠間」を意識してたんですか?
梅山:実は、「一歩遠間」だと気づいたのは、大学に入学してからなんです(笑)。高校生の時は、その「ひらめきの面の感覚」を忘れないようにと意識してました。

ーーやはり、「孤独の坂道ダッシュ」や「コンクリートタイヤ引き」のお陰ですかね(笑)。
梅山:(無視して)これも後から気づいたのですが、その「一歩遠間」は、相手が「来ないだろう」または、構え直して次の打ちに準備する一瞬の「隙」の間合いなんだと思いました。ただ、その練習試合の時とまったく同じ感覚で「ひらめきの面」は、打てない事が多かったですけどね(笑)。

ーーそもそも小・中学校から、面は得意だったのですか?
梅山:得意ではあったのですが、絶対的な技ではなかったです。自信を持ち始めたのは高校に入って「払い面」を覚え、「ひらめきの面」からですかね。そして、得意技を身につけたことで、技や試合の組み立てに幅が持てるようになったと思います。

ーーいつからレギュラーになれたのですか?
梅山:最初のメンバー入りは1年生の終わりころ、第1回全国高校選抜の時に補欠になりました。その時、2回戦から先鋒で出させていただき、2位になりました。2年の夏までは基本的に補欠だったので、テレビ放映のある玉竜旗では、プラカードを持ってました。初めてテレビに映れたのは、そんな姿でした(笑)。それを見た地元の友達に、まったく悪気はないと思いますが「プラカード持ってたね」なんて言われて、勝手にスゴく悔しい思いをしたのを覚えてます。だから、「来年は絶対に出場する!!」って思いましたよ(笑)。

ーーやっぱりテレビで試合をする事が最大のモチベーションだったんですね(笑)。

「先鋒とは、必ず勝ってこなければいけない!」

ーー自分の剣道に、自信を持てるようになったのはいつですか?
梅山:2年生の冬に、九州大会個人戦で優勝した時です。

ーーでは調子の良いまま、第2回全国選抜・福岡予選に臨んだんですか?
梅山:それがですね〜、予選は先鋒として出場したにもかかわらず、1回も勝てなくて、決勝で福工大に負けました。自信過剰だったのかな(笑)。黒木先生に「先鋒とは、必ず勝ってこなければいけない!」と、こっぴどく叱られました。言われてからは、それまで以上に「勝ち」にこだわるようになりましたね。あの時は、本当に悔しかったですよ。車の中で泣きましたね。なんか、懐かしいな〜(笑)。

ーー黒木先生は怒る時、どんな感じですか?闘魂注入されるんですか??
梅山:全然手はださないんですよ。ただ・・・ 同じ九州ですが、福岡弁で怒られるのは怖かったですね〜。「そんな口調で怒るなら、殴ってくれたほうがいいよ」って何度も思いました(笑)。

ーー3年生になり、インターハイ予選を制した後、玉竜旗で優勝しました。念願のテレビ放映されたんじゃないんですか??
梅山:そうなんですよ!調子が良くて、トータルで25人抜きとかしたんですけど、注目される決勝だけは、引き分けでした・・・・(残念そうに)。

ーー準決勝も放映されたんじゃないですか??
梅山:いや〜、それが準決勝は、中堅から放送されたんですよ。まぁ決勝だけでも、映れたんでよかったです(笑)。

ーー話が進んでしまいますが、玉竜旗後の栃木インターハイでも優勝しています。決勝だけは、NHKで放送されたんですよね?
梅山:それが・・・ なかったんです・・・(これまた残念そうに)。バスケットボールの放映をしていたようです(笑)。

ーーあぁ〜残念でしたね〜(笑)。話が前後してしまいましたが、インターハイで優勝しました。やはり玉竜旗の勢いがあったのでしょうか?
梅山:ありましたね。

ーー優勝した感想は?
梅山:決勝で、あの「ひらめきの面」と全く同じ感覚で打てたんです!本当に、「三年間やってきてよかったな」って思えましたね。黒木先生も、褒めてくれましたし。あとは、「ホッとした」というのが本音ですね。

ーー「ホッとした」と言うのはどういうことですか?
梅山:さっきも言いましたが、「先鋒の役目=勝つ事」を達成できたということですね。当時、試合に関するデータを取っていたのです。先鋒(=梅山)が勝つと、チームの勝率が8〜9割というデータがあったのです。

ーーということは、そのインターハイでは梅山さん自身、負けなしですか?
梅山:予選リーグで1回負けました(笑)。チームとしては、なんとか引分けでした。そして、予選リーグは1勝1分けが2チーム、本数差で決勝トーナメントへ行きました。「やっぱりオレは負けちゃいけないな」とあらためて思い、決勝トーナメントからは、気合いを入れ直して、全勝しましたよ(笑)。
ーーテレビはなかったのは残念したが、優勝できて良かったですね!!


「テレビに映る」ことを目標とした結果、玉竜旗、インターハイ優勝、九州大会個人優勝などのタイトルを獲得した梅山少年。
後半では、大学入学から現在に至るまでを語っていただきます。


梅山義隆選手

梅山義隆(うめやまよしたか)
昭和50年12月3日生まれ 大分県出身
身長168cm 体重70kg
剣道六段
大分・三芳少年剣士会にて剣道を始める。
日田市立東部中学校
福大大濠高校 九州大会個人、玉竜旗、インターハイ 各優勝
専修大学 関東学生(団体)優勝、関東学生(個人)2位
NTT東日本 全日本実業団、関東実業団 各優勝3回
※全日本選手権 2回出場
※専修大学剣道部コーチ

※2010/3/17公開記事


関連情報リンク

スポンサードリンク

SPONSOR

広告募集中

top