スポンサードリンク

【ライブ配信】4/4 東京剣道祭(八段演武)

更新日: 2021/4/4

創立70周年記念 第61回東京剣道祭り

2021年/令和3年4月4日(日) 東京武道館

※個人試合 (五段、六段、七段、高齢者、八段、範士)

→トーナメント等の試合形式ではありません。組合せ・指定選手との立ち合い形式のような試合です。

※選手・関係者には新型コロナウィルス感染症拡大防止対策をおこない開催。また、無観客にて開催。

※大会詳細・組合せは【東京都剣道連盟HP】に掲載されています。

生配信(八段演武)

※配信は、12時ころより開始します。

※予定:14時〜 八段演武をライブ配信します。

八段

チャンネル1

チャンネル2

【速報!】3/14 全日本剣道選手権大会

更新日: 2021/3/15

第68回全日本剣道選手権大会/第59回全日本女子剣道選手権大会

新王者・松﨑賢士郎(茨城)!決勝の壁を超える!村上雷多(大阪)から豪快勝利!

男子決勝

諸岡温子(東京)20歳、新女王!決勝は山崎里奈(宮崎)と中村学園対決!

優勝者
閉会式

令和3、2021年3月14日(日)、第68回全日本武道具剣道選手権大会、第59回全日本女子剣道選手権大会が長野県長野市・ホワイトリング(長野市真島総合スポーツアリーナ)にて、大会史上初の男女同時開催された。例年、女子選手権が9月、男子選手権が11月におこなわれている新型コロナウィルス感染症拡大の影響を受けて延期されていた。

試合は5分三本勝負、例年の選手権大会の上位戦では試合時間が10分になるが今回は5分のまま。

今大会、剣道のトップ選手が多い警察関係の選手が警察庁の判断で不出場になったことにより初出場選手が増えたこと、また、試合ではつばぜり合いなど試合ルールも見直され、例年とはひと味違う大会となった。

筑波勢がベスト4を独占

男子、3回戦(ベスト16)に大学生が8選手、教員、刑務官、実業団選手が顔を揃た。ベスト4へ勝ち進んだのは筑波大現役学生とOB。松﨑賢士郎(茨城)と星子啓太(鹿児島)の準決勝は、同級生対決。2年前の全日本学生剣道選手権と同じ顔合わせとなり、試合終盤に星子が間合いをつめてコテを狙ったが長身の松﨑がメンを合わせて有効打を奪い、一本勝ちで2大会連続で決勝進出を決めた。

準決勝の2試合目では、村上雷多(大阪)と林田匡平(福井)の教員対決となった。

村上は各世代で活躍しつづける強豪選手。選手権2回目の出場ではあるが、激戦の大阪予選を勝ち抜くことは並大抵のことではない。林田は選手権で三位入賞の実績があり、世界大会(韓国)では日本代表選手に選出されるなど活躍し続けている。この試合、筑波大の先輩である村上が試合序盤に鋭く豪快なメンを決め一本勝ちし、村上が初の決勝進出を決めた。

決勝は、松﨑、村上とも初優勝を掛けたおこなわれた。決勝戦の緊張感が見ているものにも伝わるほどの緊迫した間合いの攻防が続き、開始から約3分経過したころ、村上の攻めに合わせて松﨑がメンに飛び込み先取。取り返したい村上は面を中心に攻めたが、松﨑が冷静に攻めを見極めコテを決めて二本勝ちし初優勝を果たした。

女子、予想がつかぬ展開へ!学生が活躍。

準々決勝では優勝候補同士の対戦となった、大西ななみ(福井)と竹中美帆(栃木)の対戦は延長戦となり、大西が手元の上がりを見逃さず竹中がコテを決めて勝利し、準決勝では諸岡温子(東京)と対戦。諸岡は思い切りのいい、爆発力のある面を武器に東京予選から本大会まで勝ち進んできた。

準決勝では竹中が小手返しメンで先取したが諸岡は飛び込みメンを取り返す展開に。延長開始から約1分、竹中が先に動きだし面を狙うと諸岡も同じタイミングで相メンとなり白旗三本、諸岡のメンが一本となり決勝進出を決めた。

ベスト4に進出した小松加奈(青森)も、また優勝候補のひとり。準決勝では山崎里奈(宮崎)と対戦した。両選手は、明治大学の同門、小松が4年生で山崎が3年生という間柄である。山崎は足を使って攻め、小松は冷静に制しながら試合展開。試合中盤、山崎が間合いをつめると小松が一瞬下がってしまい山崎がメンに飛び込み先取し、一本勝ちで山崎が決勝進出を決めた。

決勝戦、諸岡と山崎の対戦となる。両選手とも、福岡・中村学園女子高校の同門で、山崎が一つ年が上の先輩になる。

試合は一進一体。手の内を知る両選手なだけに、これまでにない慎重さが試合からも感じ取れた。試合は延長戦となり、厳しい攻め合いがつづき、山崎が放った小手の機会は良かったが諸岡も前で対応したため深くなり、諸岡が流れのなかで放ったメンが一本となり、諸岡が優勝を決めた。

・結果

・男子

優勝 松﨑賢士郎(茨城)

二位 村上雷多(大阪)

三位 林田匡平(福井)

三位 星子啓太(鹿児島)

※優秀選手賞

岩部光(香川)

白木恒二郎(徳島)

安藤千真(愛知)

森山竜成(神奈川)

白鳥湧也(千葉)

山本有樹(東京)

男子選手権・ベスト16
男子選手権・ベスト16

※結果詳細は【全剣連HP】に掲載されています>>

・女子

優勝 諸岡温子(東京)

二位 山崎里奈(宮崎)

三位 竹中美帆(栃木)

三位 小松加奈(青森)

※優秀選手

大西ななみ(福井)

小川梨々香(新潟)

金田一裕美(岩手)

志藤綾子(埼玉)

須坂喜江(長野)

村田桃子(鹿児島)

女子選手権・ベスト16
女子選手権・ベスト16

※結果詳細は【全剣連HP】に掲載されています>>

・男子決勝

○松﨑賢士郎(茨城・筑波大)(メコ 勝ち )村上雷多(大阪・大体大教員)×

決勝

2大会連続の決勝進出を果たした松﨑だが、相手となったのは筑波大の先輩であり超強豪の村上雷多。試合序盤に松﨑がメンに飛び込み先取すると、試合のペースを握り、最後は村上の面に合わせてコテを放ち2本勝ちで優勝を決めた。

・女子決勝

○諸岡温子(東京・中央大)(メ 延長 )山崎里奈(宮崎・明治大)×

両選手の出身校である中村学園女子高校では山崎が諸岡より一つ年が上だが、ともに稽古をおこないレギュラーとして試合に出場していた。

諸岡は、決勝までの5試合とは違っていた。やはり手の内を知り尽くしているもの同士、そして優勝を掛けた一戦に警戒感の試合展開となる。

試合は延長戦となり、最後は諸岡の鋭いメンが山崎を捉え、優勝を決めた。

・男子準決勝

1::○松﨑賢士郎(茨城・筑波大)(メ 一本勝ち )星子啓太(鹿児島・筑波大)×

2:○村上雷多(大阪・大体大教員)(メ 一本勝ち )林田匡平(福井・丸岡高校教員)×

・女子準決勝

1:×竹中美帆(栃木・団体職員)(メ 延長 メメ)諸岡温子(東京・中央大)○

2:山崎里奈(宮崎・明治大)(メメ 延長 メ) 小松加奈(青森・明治大)

・男子・準々決勝

○村上(大阪)(メコ メ)森山(神奈川)×

×白鳥(千葉)( 勝ち メメ)林田(福井)○

・×白木(徳島)( 延長 コ)松﨑(茨城)○

・○星子(鹿児島)(メ 延長 )安藤(愛知)×

・女子・準々決勝

×大西(福井)( 延長 コ)竹中(栃木)○

○諸岡(東京)(メ 一本勝ち )小川(新潟)×

○山崎(宮崎)(コ 延長 )金田一(岩手)×

×志藤(埼玉)( 一本勝ち メ)小松(青森)○

・女子3回戦、諸岡が村田からメンを決めて勝利。準々決勝へ。

・男子3回戦、最年長・山本(東京)が村上(大阪)から先取するも、村上は出ばなコテ、出ばなメンを決めて2本勝ちし、準々決勝へ。

森山(神奈川)は山下(茨城)から2本勝ちしベスト8進出。

男子2回戦、中嶋(東京・三菱商事)は椿(兵庫)に先取されるも、冷静に試合展開し二本取り返し逆転勝利。

・林田(福井)が高瀬

・女子2回戦、諸岡(東京)は乗田(三重)から豪快にメンを2本決めて3回戦へ進出。

・村田(鹿児島・鹿体大)が3回戦へ勝ち進み、4回戦で諸岡(東京)と対戦へ。中村学園出身対決が楽しみだ。

・男子2回戦、山本(東京・NTT)は松田(高知)から2本勝ちし3回戦へ。

・女子2回戦、山崎(宮崎・明大)が本川(東京)から延長でコテを決めて3回戦へ。

・女子2回戦、大西(福井)は、内藤(山梨)から近い間合いでメンを決めて一本勝ち。

・女子2回戦、金田一(岩手・教員)、竹中(栃木)、3回戦へ進出

・男子1回戦、武田(宮城・教員)が、警視庁でも活躍した川﨑(佐賀)と一本ずつ取り合い、延長戦の末に武田が面を決めて勝利。

1回戦、星子(鹿児島・筑波大)と本間(千葉・実業団)の同門九学、そして、筑波と中大でもなんども対戦してきた一戦は、延長で星子が引きメンを決めて勝利。ベテランの橋本(埼玉・伊田テク)は強い攻めを見せたが、長い延長戦の末、林田(福岡)がめんを決めて勝利。

・女子1回戦、諸岡(東京・中大)が勝利。村田(鹿児島・鹿体大)も2回戦へ。

1回戦、大平(栃木・筑波大)が林田(福井・教員)から先取するも、林田が冷静な試合展開で2本取り返し逆転勝利。

1回戦から名勝負!高(大阪・パナソニック)が前回二位の松﨑(茨城・筑波)から先取するも、松﨑がドウ、メンを決めて逆転勝利。中嶋(東京)は我慢強い剣道で一回戦突破

1回戦、開催地の長野からの出場の矢野(教員)は、國士舘大、そして教員としても先輩である菅野(岩手)から逆転二本勝ちで2回戦進出を決めた。

女子、小川(新潟)、志藤(埼玉)が2回戦進出を決めている

男子、白鳥(千葉・筑波大)が佐伯(宮崎・高千穂教員)からコテを決めて勝利。動きにもキレがあった。

女子、竹中(栃木)が竹内(愛知)から勝利。竹中は動きもよく、上位進出も狙えそうだ。地元長野・須坂がベテランらしい試合展開で1回戦突破。

男子、大学生・橋本(京都・筑波)が1回戦突破。杉本(神奈川・日体大)は尾崎(石川)との長い延長戦を制した。

山下(茨城・教員)は学生の杉田(岐阜・鹿体大)から勝利。

女子、高校生の内藤(山梨・守谷高)は攻めの姿勢を崩さず、メンを決めて勝利を収めた。

女子、大西(福井)は深見(兵庫)に先取を許す厳しい展開も、延長で逆転勝利で2回戦へ。

男子1回戦、筑波出身対決となった村上(大阪)と寺島(富山)の一戦は延長となり、村上がメンを決めて勝利。女子、須波(香川・学生)が勝利。

男子1回戦、白木(徳島)が石田(東京)から面を決めて一本勝ち。竹越(埼玉)も1回戦に勝利。女子、山崎(宮崎)が2回戦へ勝ち進む。

男子1回戦、山本(東京)が梶原(大分)との延長戦を制し2回戦へ。山川(沖縄)、松田(高知)がそれぞれ勝ち進む。女子、本川(東京)1回戦突破。

開会式、日本剣道形

9時開会、試合は10時から開始!!

※速報【全剣連Twitter】

※速報【全剣連HP】トーナメント・対戦/決まり手一覧

生配信

※ライブ配信は全剣連YouTubeチャンネルにて!

第1試合場:男子

第1試合場

第2試合場:男子

第2試合場

第3試合場:女子

第3試合場

第4試合場:女子

第68回全日本剣道選手権大会

第59回全日本女子剣道選手権大会

第68回大会優勝・國友錬太朗(福岡)
第68回大会優勝・國友錬太朗(福岡)

令和3年 2021年3月14日(日)

長野県・ホワイトリング 長野市真島総合スポーツアリーナ

※主催:全日本剣道連盟

※全日本選手権大会詳細は【全日本剣道連盟HP】に掲載されています。

※全日本女子選手権大会詳細は【全日本剣道連盟HP】に掲載されています。

※大会当日、全剣連YouTubeにて男女全4試合場のライブ配信をおこないます。また、全剣連HP・SNSで速報予定!!

2020年内に開催予定だった第68回全日本剣道選手権大会、第59回全日本女子剣道選手権大会が新型コロナウィルス感染症拡大の影響で延期されたが、主催者である全日本剣道連盟の尽力により2021年3月14日(日)、長野県長野市での男女同時開催されることになった。

大会開催の意義、開催までの経緯などを全剣連の網代忠宏副会長、中谷行道専務理事先生に伺うことができ「全日本選手権(男女)は日本剣道界で最高峰の選手を決める大会です。」と、あらためて選手権大会の重要性を聞くことができた。(※インタビューの詳細に関してはベージ下部【インタビュー動画】を参照ください。)

実業団選手、教員、学生などが大会へ出場!

今大会、警察関係の選手が予選に不出場ということになった。これは、新型コロナウィルス感染症拡大の影響により、感染リスクを回避する警察庁としての判断と聞いている。剣道選手である前に、人々を助ける警察官としての使命が優先された結果であり、尊重されるべきことだと強く感じる。また、中谷専務理事も「警察官が出場できないことは残念です。ただ、剣道は警察の方だけではなく広く一般の方々がやっているので、警察官が不参加でも大会を開催することにしました。警察選手がまた戻ってくることを、強く期待しています」と話した。

男子、最年少が20歳、最年長が45歳と幅広い出場選手層となり、また、女子においてはさらに幅広く、高校生の出場もみられる。

男子では前回大会二位の松﨑(茨城・筑波大)、三位入賞経験のある林田(福井)、日本代表候補の村上(大阪・大体大監督)、学生王者の星子(鹿児島・筑波大)、ベスト8入賞経験のあるベテランの橋本(埼玉・伊田テクノス)などの強豪選手の出場が決まっている。また、筑波大や國士舘大の現役・出身選手が多く見受けられ、例年とは違った顔ぶれとなり、歴戦の猛者が揃っている。

女子、選手権二位経験のある大西(福井)、内田(静岡)、同三位で世界大会・韓国では日本代表に選出された竹中(栃木)、インターハイ個人優勝者では小松(青森・明治大)などの出場が決まっている。男子に増して、学生選手の出場が目立っている。

男女とも全剣連HPにトーナメントが公開されており、同門対決(現役やOB対決)や若手対ベテランなど注目カードが多数あり、今年も見応えのある試合を見ることができそうだ。

※大会の詳細は全日本剣道連盟HPに掲載されています。

※全日本選手権大会詳細は【全日本剣道連盟HP】に掲載されています。

※全日本女子選手権大会詳細は【全日本剣道連盟HP】に掲載されています。

組合せ

※トーナメントは、全日本剣道連盟に許可を得て公開しております。

※インタビュー動画(網代副会長、中谷専務理事)

※【オンライン武道チャンネル「GEN」】に出場選手のインタビューなども掲載されています。

【リアルタイム速報】

※大会当日、結果や注目カードを速報予定!!

【速報&生配信】12/20 東京都剣道選手権大会 全日本予選(男女)

更新日: 2020/12/24

男子優勝は大ベテランの山本有樹(NTT)、女子は大学2年の諸岡温子(中央大)がそれぞれ初優勝を果たし、全日本選手権へ挑む!!

令和2年/2020年12月20日(日)、第59回東京都剣道選手権大会、第39回東京都女子剣道大会が東京都足立区・東京武道館にて開催された。

新型コロナ感染症拡大の影響で両大会とも延期されていたが、2021/3/14に全日本剣道選手権・男女同時開催が発表され、その予選としての意味合いもある今大会。男女とも上位4選手が全日本選手権へ出場する。

今大会へは、男女とも毎大会上位を独占したといっても過言ではない警察勢が出場を見送り、上位進出選手、また選手権出場権の行くへが誰の手に渡るのか注目が集まった。

女子、学生勢が上位へ

午前中に開催された女子選手権には、52選手がエントリー。

勢いを見せたのは中央大2年の諸岡。1回戦では中村学園高校の先輩でもある合瀬に勝利し勝ち進み、準々決勝では畝本(法務)から勝利し準決勝進出を決め、全日本出場権を得る。準決勝では同じく学生の松下と対戦し先取されるも逆転勝利で決勝へ進み、本川(足立区)と対戦が決まった。本川は、飯田愛梨と言えば分かる人も多いだろう。高校、大学、実業団と常に活躍する強豪選手。

女子決勝、本川の動き、洞察力に諸岡はやや慎重な動きとなったが、両選手とも攻める時は攻めるメリハリのある展開。本戦で決着がつかず延長戦となり、勝負が決まった一本は、逆胴を狙った本川の打ち終わりに諸岡が素早く、思い切り良くメンを決めて優勝を果たした。

諸岡は試合後に「優勝でき、また、女子選手権への出場権を得ることができて嬉しいです。試合前から選手権出場することだけを考えていました。大会前は自主稽古が中心でしたが、本日は調子が良かったです。準決勝では先取されて気持ちが切れかけましたが、取り返すことができてよかったです。決勝も、攻める気持ちを忘れずに試合できました。」と話した。

女子のベスト4には、諸岡(中大)、本川(足立)、桜井(明大)、松下(早大)の4選手が全日本女子選手権への出場権を得た。

男子、強豪選手の勝ち上がりは!?

午後から始まった男子選手権には、152選手がエントリーした。

優勝候補の一人、全日本選手権三位、学生王者など数々のタイトルを手にした梅ヶ谷翔(港区・富士ゼロックス)は準々決勝まで駒を進めたが、大柄な村冨(西東京)が延長でメンを決めて村冨が準決勝へ進出した。また、強豪実業団・富士ゼロックス勢としては上原、岩川など主力選手も出場したが、上位進出することができなかった。

世界大会日本代表にも選ばれた村瀬諒(杉並・日体大桜華教員)は、4回戦で鈴木純之介(西東京)に敗れた。強豪選手ひしめくの山を制したのは、高輪高校でインターハイ 団体・個人で優勝し、進学した国士舘大学でも大将をつとめた石田雄二(千代田区・大塚家具)が勝ち抜け選手権出場権を獲得するも、準決勝で実業団・NTTで活躍する山本有樹(学連剣)に逆転負けで三位となった。

過去にも全日本選手権へ出場している山本は、経験を積んだ選手らしく例え一本を取られても冷静に試合展開を見極め、良い機会に思い切ったメンを見せて勝ち上がり、決勝では若手実業団選手の中嶋優樹(千代田)と対戦となった。

中嶋は東京の名門・東松舘で道場日本一を経験し、國學院久我山高校、早稲田大学と進学し現在、社会人1年目。スピードに頼ることなく、落ち着いた試合展開で出ばな技、そして、気持ちの強さもある面や突きなどで試合を組み立てる。

決勝戦、山本、中嶋とも真っ直ぐな構えから攻防が行われ見応えのある試合となる。試合終盤に差し掛かった頃、中嶋の動き出しを山本がコテを決め、一本勝ちで優勝を決めた。

※山本選手のコメントは準備中

今大会、つばぜり合いでの発声、攻防をなくし、引き技は流れの中、体当たり+引き技、打突の打ち終わり狙う、などコロナ感染対策として選手同士の接触を極力控える試合展開で行なわれた。今後の各種大会でも、選手権大会でもおそらくこのような対策が行なわれることが予想され、選手も慣れる必要があるのではないかと思う。

3月の全日本選手権は出場選手だけではない、みどころの多い大会になりそうだ。

「東京都剣道連盟大会実施にあたっての感染拡大予防ガイドライン」

※大会の詳細は【東京都剣道連盟HP】に掲載されています。

動画一覧

動画一覧
動画一覧は YouTube LET’S KENDOチャンネルにあります。

結果

男子

優勝 山本有樹(学連剣・NTT)

二位 中嶋優樹(千代田・三菱商事)

三位 村冨聖気(西東京・国士舘大学職員)

三位 石田雄二(千代田・大塚家具)

男子表彰

女子

優勝 諸岡温子(中央大2年)
二位 本川愛梨(足立区)
三位 桜井陽奈子(明治大・2年)
三位 松下夏生(早稲田大・2年)

女子表彰

※大会の詳細は【東京都剣道連盟HP】に掲載されています。

リアルタイム速報

決勝

×中嶋(千代田)( 一本勝ち コ)山本(学連剣)○

男子決勝
山本は落ち着いて試合展開でペースを握る。中嶋も思い切った技で攻めるが山本を捕らえられず、逆に山本が出ばなコテを決めて一本勝ちとなった。

準決勝

・×村冨(西東京)(メ 延長 ドド)中嶋(千代田区)○

準決勝1
中嶋が胴を決めて先取。村冨のタイミングを外しつつ試合展開する。しかし村冨もメンを決めて追いつき延長へ。中嶋は勝負の一本も冷静に胴を決めて決勝進出を決めた

・○山本(学連剣)(メメ 延長 メ)石田(千代田)×

石田が試合序盤に豪快にメンを決めて先取。山本は戦況を見極めつつ、思い切ったメンを二本決めて逆転勝利で決勝へ駒を進めた。

準々決勝

※勝者が全日本出場権獲得

×梅ヶ谷(港区)( 延長 メ)村冨(西東京)○

×高木(法務)( 勝ち メメ)中嶋(千代田)○

○山本(学連剣)(メ 延長 )設楽(学生クラブ・法政大)

×伊藤(千代田区)( 勝ち コメ)石田(千代田)○

2、3回戦が進行中!

男子、12時半より開会式。152選手がエントリー。

女子、諸岡(中大・2年)が本川(足立)からメンを決めて優勝。

女子決勝

×本川・足立( 延長 メ) 諸岡・中大○

諸岡「優勝でき、また、女子選手権への出場権を得ることができて嬉しいです。試合前から選手権出場することだけを考えていました。大会前は自主稽古が中心でしたが、本日は調子が良かったです。準決勝では先取されて気持ちが切れかけましたが、取り返すことができてよかったです。決勝も、攻める気持ちを忘れずに試合できました。」

試合巧者の本川、強い攻めが持ち味の諸岡。両選手とも攻め合い一進一体のまま延長戦へ。本川が攻めて逆胴を狙うも打ち終わりの一瞬を見逃さず諸岡がメンを決めて優勝を果たした。

女子準決勝

・×桜井・明大( 一本勝ち メ) 本川・足立○

準決勝1
じっくりと攻め合う試合展開は延長戦に。試合開始から10分以上たち、桜井が小手を狙ったところへ本川が飛び込んだメンが一本となった。

・○諸岡・中大(メメ 延長 メ)松下・早大×

松下がメンで先取したが、二本目の立ち合いで伸びのあるメンですぐに取り返した諸岡。面を中心に組み立てた諸岡は延長戦でも、思い切りのいいメンを決めて逆転勝利で決勝進出を決めた。

※全日本選手権へは学生3名と、実力選手の本川が決める

女子、準々決勝

・○桜井・明大 (メ 延長 )小川・西東京×

・×三好・港( 延長 )本川・足立○

・○諸岡・中大(メ 一本勝ち ) 畝本・法務

・○松下・早大 (メメ 勝ち )菅原・千代田×

女子1回戦が進行中!強豪選手も多数出場!女子は52選手がエントリー。

10時より女子大会が開始!!

組合せ

※大会当日より。(女子大会10時〜、終了後、男子大会)

延期されていた東京都剣道選手権大会がいよいよ開催!

生配信

【速報&ライブ!】2/24 第68回東京都剣道大会

更新日: 2020/2/27

ライブ!

警視庁Aが連覇!決勝で港区・実業団チームに勝利

優勝 警視庁

結果

優勝 警視庁A

二位 港区

三位 西東京A

三位 皇宮警察

ベスト8

東京学連剣友連合、警視庁C、法務剣友会(刑務官)、東京学生クラブC(中大)

※西東京は、東京都23区以外の連合チームです。

トーナメント

大会詳細は【東京都剣道連盟HP】に掲載されています。

動画一覧

※動画一覧はYouTube LET’S KENDOチャンネルへリンクします。

決勝

○警視庁A(6-0)港区×

※試合動画

準決勝

○警視庁A(5-2)西東京A×

※試合動画

×皇宮警察(1-4)港区○

※試合動画

準々決勝

○警視庁A(5-0)東京学連×

※試合動画

×警視庁C(3 代表戦 3)西東京A○

※試合動画

×法務剣友会(2-3)皇宮警察○

※試合動画

○港区(3-1)学生クラブA(中大)×

準々決勝

※試合動画

3回戦(ベスト16)

警視庁A 対 板橋区A

江東区 対 学連剣友連

警視庁C 対 中央区A

台東区 対 西東京A

中央区B 対 法務剣友会

西東京D 対 皇宮警察

港区 対 東京消防庁A

学生クラブ(中大)対 警視庁B

3回戦、法務局は中央区から勝利。警視庁勢も揃って勝ち進んでる。

3回戦
3回戦

2回戦、前回大会三位の西東京Aは教員チームとの接戦を制した

2回戦

2回戦、警視庁A、学連チームが3回戦進出。港区、法務局も勝ち進む。

2回戦
途中経過
警視庁
学連

1回戦、千代田区、荒川区、法務、新宿、学生クラブA(中大)、高体連・教員チームなどが2回戦進出を決めた。

1回戦
1回戦
1回戦

10時より開式!

開会式
優勝旗返還
東京都剣道大会

組合せ

第68回東京都剣道大会

・令和二年・2020年2月24日(月) 10時〜

・東京都足立区・東京武道館

・七人制団体戦、5分三本勝負

※東京23区各代表チームと都下・西東京(連合チーム)チーム、そして大会連覇中の警視庁チーム、消防庁など官公庁勢、学連、学生などが参加!!

※大会詳細は【東京都剣道連盟HP】に掲載されています。

過去大会

※H31大会(優勝:警視庁A、二位:警視庁B)

※H30大会(優勝:警視庁A、二位:皇宮警察)

※H29大会(優勝:警視庁A、二位:学生クラブ(中央大))

※H28大会(優勝:警視庁A、二位:学生クラブ(日体大))

※H27大会(優勝:警視庁A、二位:皇宮警察)

※H26大会(優勝:警視庁A、二位:警視庁B)

※H25大会(優勝:警視庁A、二位:学生クラブ(中央大))

※H23大会(優勝:警視庁A、二位:警視庁B)

【速報&ライブ!】2/7 全国矯正職員武道大会女子剣道試合

更新日: 2020/2/9



生配信

個人戦は吉田(名古屋)が初優勝。決勝では岡本(大阪)を下した。強豪選手ぞろのトーナメントを大接戦を制す

団体戦、麓刑(佐賀)が3連覇!決勝で栃木から完封勝利。

令和二年、2020年2月7日(金)、第26回全国矯正職員武道大会・女子剣道試合が愛知県名古屋市・矯正研修所名古屋支所体育館にて開催された。

大会は午前中に三人制団体戦、午後より39選手がエントリーした個人戦がおこなわれた。

団体戦は4つのリーグに別れ、リーグ1位が決勝トーナメント(ベスト4)を進む。

大会連覇中の麓刑務所チーム(前回大会はBチームが優勝)が強さを発揮し、今大会では麓Aが決勝で栃木に勝利し3連覇を決めた。3位には広島と名古屋が入賞した。

麓Aには第23回大会個人優勝している河原(中村学園出身)が先鋒、前回大会個人優勝の西(阿蘇→鹿体大)が中堅、大将には前々回個人2位、全日本女子選手権にも出場している西(龍谷→鹿体大)と強豪選手が揃っていた。

個人戦では吉田沙紀(豊橋、龍谷→鹿体大)が決勝で岡本(高松)から伸びのあるメンを決めて一本勝ちで優勝を果たした。

準決勝では吉田が河原(麓)からメンを決めて一本勝ち。この日、吉田のメンは冴えていた。

岡本の準決勝は、上段の橋本(大阪)に片手メンで先取されるも、試合終了間際に引きドウを決め、延長で左コテを打ち抜き逆転勝利で決勝を進んだ。

団体、個人とも少々参加が少なく感じたが、それでも刑務官においては、稽古も業務の一環として取り組んでいることもあり、随所でレベルの高い試合が見られた。

結果

個人戦

優勝 吉田沙紀(豊橋)
二位 岡本亜貴(高松)
三位 橋本美里(大阪)
三位 河原結依(麓)

団体戦

優勝 麓刑務所A

二位 栃木刑務所

三位 広島管区混成チーム

三位 名古屋管区混成チーム

試合動画一覧

動画一覧

※動画一覧はYouTube LET’S KENDOチャンネルへリンクします>>

スポンサードリンク

個人戦決勝 ×岡本(高松)( 一本勝ち メ)吉田(名古屋・豊橋)○

吉田がメンを決めて一本勝ちし、初優勝を決めた。

※試合動画

個人準決勝

1:○岡本(高松刑)(ドコ 延長 メ)橋本(大阪拘)×

橋本が上段から片手メンを決めて先取したが、試合終了間際に岡本が引きドウ、さらに延長戦で左コテを決めて逆転勝利した。

2:○吉田(名古屋)(メ 一本勝ち )河原(麓刑)×

吉田がメンを決め先取。河原の果敢な攻めにも吉田は一本を許さず、一本勝ちで決勝進出を決めた。

スポンサードリンク

団体決勝

○麓刑務所A(3-0)栃木刑務所×

決勝トーナメント・準決勝

×広島混合(0-1)麓刑務所A○

×名古屋混合(0-1)栃木刑務所○



団体戦、予選リーグが進行中!

予選リーグ
予選リーグ
予選リーグ

予選リーグ

開会式

全国刑務官女子剣道大会

9時より開会式!

全国女子刑務官大会
全国女子刑務官大会

組合せ

団体戦

団体戦

※団体戦 試合順

試合順

個人戦

個人戦

<令和元年度 全国矯正職員武道大会女子剣道試合

全国刑務官女子剣道大会

【全国刑務官女子剣道大会】

令和二年 2020年2月7日(金曜日)

開会式:9時

愛知県名古屋市・矯正職員研修施設体育館

AM:女子団体戦

・39選手、トーナメント制

PM:女子個人戦

・13チーム、予選リーグ+決勝トーナメント(4チーム)

※組み合わせは大会当日に公開予定!!

(さらに…)



生配信

個人戦は吉田(名古屋)が初優勝。決勝では岡本(大阪)を下した。強豪選手ぞろのトーナメントを大接戦を制す

団体戦、麓刑(佐賀)が3連覇!決勝で栃木から完封勝利。

令和二年、2020年2月7日(金)、第26回全国矯正職員武道大会・女子剣道試合が愛知県名古屋市・矯正研修所名古屋支所体育館にて開催された。

大会は午前中に三人制団体戦、午後より39選手がエントリーした個人戦がおこなわれた。

団体戦は4つのリーグに別れ、リーグ1位が決勝トーナメント(ベスト4)を進む。

大会連覇中の麓刑務所チーム(前回大会はBチームが優勝)が強さを発揮し、今大会では麓Aが決勝で栃木に勝利し3連覇を決めた。3位には広島と名古屋が入賞した。

麓Aには第23回大会個人優勝している河原(中村学園出身)が先鋒、前回大会個人優勝の西(阿蘇→鹿体大)が中堅、大将には前々回個人2位、全日本女子選手権にも出場している西(龍谷→鹿体大)と強豪選手が揃っていた。

個人戦では吉田沙紀(豊橋、龍谷→鹿体大)が決勝で岡本(高松)から伸びのあるメンを決めて一本勝ちで優勝を果たした。

準決勝では吉田が河原(麓)からメンを決めて一本勝ち。この日、吉田のメンは冴えていた。

岡本の準決勝は、上段の橋本(大阪)に片手メンで先取されるも、試合終了間際に引きドウを決め、延長で左コテを打ち抜き逆転勝利で決勝を進んだ。

団体、個人とも少々参加が少なく感じたが、それでも刑務官においては、稽古も業務の一環として取り組んでいることもあり、随所でレベルの高い試合が見られた。

結果

個人戦

優勝 吉田沙紀(豊橋)
二位 岡本亜貴(高松)
三位 橋本美里(大阪)
三位 河原結依(麓)

団体戦

優勝 麓刑務所A

二位 栃木刑務所

三位 広島管区混成チーム

三位 名古屋管区混成チーム

試合動画一覧

動画一覧

※動画一覧はYouTube LET’S KENDOチャンネルへリンクします>>

スポンサードリンク

個人戦決勝 ×岡本(高松)( 一本勝ち メ)吉田(名古屋・豊橋)○

吉田がメンを決めて一本勝ちし、初優勝を決めた。

※試合動画

個人準決勝

1:○岡本(高松刑)(ドコ 延長 メ)橋本(大阪拘)×

橋本が上段から片手メンを決めて先取したが、試合終了間際に岡本が引きドウ、さらに延長戦で左コテを決めて逆転勝利した。

2:○吉田(名古屋)(メ 一本勝ち )河原(麓刑)×

吉田がメンを決め先取。河原の果敢な攻めにも吉田は一本を許さず、一本勝ちで決勝進出を決めた。

スポンサードリンク

団体決勝

○麓刑務所A(3-0)栃木刑務所×

決勝トーナメント・準決勝

×広島混合(0-1)麓刑務所A○

×名古屋混合(0-1)栃木刑務所○



団体戦、予選リーグが進行中!

予選リーグ
予選リーグ
予選リーグ

予選リーグ

開会式

全国刑務官女子剣道大会

9時より開会式!

全国女子刑務官大会
全国女子刑務官大会

組合せ

団体戦

団体戦

※団体戦 試合順

試合順

個人戦

個人戦

<令和元年度 全国矯正職員武道大会女子剣道試合

全国刑務官女子剣道大会

【全国刑務官女子剣道大会】

令和二年 2020年2月7日(金曜日)

開会式:9時

愛知県名古屋市・矯正職員研修施設体育館

AM:女子団体戦

・39選手、トーナメント制

PM:女子個人戦

・13チーム、予選リーグ+決勝トーナメント(4チーム)

※組み合わせは大会当日に公開予定!!

(さらに…)

【結果】2/2 第7回全日本選抜剣道七段選手権大会

更新日: 2020/2/3


第7回全日本選抜剣道七段選手権大会 (横浜七段戦)

令和2年 2020年2月2日(日)

神奈川県・神奈川県武道館

結果

優勝 中野貴裕(京都、警察、 39歳)
二位 岩下智久(千葉、警察、41歳)
三位 内村良一(東京、警察、39歳)
三位 米屋勇一(埼玉、警察、43歳)

ベスト8

松脇伸介(東京)、朝比奈一生(神奈川)、李康鎬(韓国)

【結果】12/22 全国道場対抗剣道大会・全国道場少年剣道選手権大会

更新日: 2019/12/24

全国道場対抗剣道大会

第37回全国道場対抗剣道大会・全国道場少年剣道選手権大会

令和元年 2019年12月22日(日)
新潟県上越市・謙信公武道館(新潟県立武道館)

・全国道場対抗剣道大会【5人制団体戦(小・中学生各1名、一般三名)】

・全国道場少年剣道選手権大会【小学生、中学生、各男女個人戦】

※大会詳細・結果は【全日本剣道道場連盟HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

結果

全国道場対抗剣道大会

優勝 福岡如水館(福岡)

二位 須恵剣友会(福岡)

三位 練兵館(栃木)

三位 上の台剣友会(千葉)

全国道場少年剣道選手権大会

小学生男子の部

優勝 大河原靖太(練兵館・栃木)

二位 林晃 毅(福岡如水館・福岡)

三位 内藤 航(山梨健心館・山梨)

三位 松村 惇己(東松舘道場・東京)

中学生男子の部

優勝 留場啓伍(清水剣友スポーツ少年団・福島)

二位 藤﨑 敬(南月少年剣道クラブ・鹿児島)

三位 高島壮右馬(九好会・熊本)

三位 藤田将人(練兵館・栃木)

小学生女子の部

優勝 福地史佳(練兵館・栃木)

二位 林 心乃(洗心道場・愛知)

三位 嶋 柚希(神埼町少年剣道クラブ・佐賀)

三位 松波 心音(小川少年剣道クラブ・熊本)

中学生女子の部

優勝 鈴木瞳美(上の台剣友会・千葉)

二位 森園華乃(悟道館後藤道場・岐阜)

三位 松岡心空(広島己斐道場・広島)

三位 北澤毬乃(清野秀武舘倉石道場・長野)

結果詳細・トーナメントは【全日本剣道道場連盟HP】に掲載されています。

 

【速報&生配信】12/12 第7回全国消防職員剣道大会

更新日: 2019/12/17

生配信

千葉・君津消防本部Aが東京消防庁を1-0の接戦を制し初優勝!!

優勝 君津消防本部

令和元年 2019年12月12日(木)、第6回全国消防職員剣道大会が東京都江東区・東京スポーツ文化館にて開催された。

大会は2年に1度開催され、5人制団体戦、女子個人戦の2部門が開催され、団体戦へは全国から68チームが参加した。

参加チームの中には学生時代に活躍した選手のほか、現役で国体や都道府県大会などへ都道府県の代表として出場する選手も多く見られ、大会のレベルをあげる選手と言える。

参加チームは、北は北海道、南は沖縄からエントリーしたものの、業務の都合等で参加できない地域もあった。

大会連覇中の東京消防庁勢からAチームが勝ち上がり、君津消防本部A(千葉)との対戦となった。この2チームは昨年開催された関東消防職員剣道大会では君津が勝利しており、また、第4回大会では準優勝となっており、近年、東京消防庁の最大のライバルと言って過言ではない。

決勝戦は一本を取り合う激しい展開なるも両チームとも一歩も引かず引き分けが続き、副将戦で君津・大野の二本勝ちにより1-0で君津消防本部が東京消防庁から勝利し、初優勝を果たした。

過去5大会で二位に入賞している八女消防本部は今大会でも優勝に一歩届かずBチームが三位に入賞し、同じく福岡勢から飯塚地区消防連合も三位に入った。

結果

団体戦

優勝 君津市消防本部A(千葉)

二位 東京消防庁A(東京)

三位 八女消防本部B(福岡)、飯塚地区消防連合(福岡)

敢闘賞

君津消防本部B(千葉)、和歌山消防連合(和歌山)、天草広域連合(長崎)、東京消防庁B(東京)

トーナメント

女子個人戦

優勝 古畑(長野市消防局)

二位 宮田(可茂消防事務組合消防本部)

三位 菊名(越谷市消防本部)、日野(東京消防庁)

決勝

団体戦決勝:×東京消防庁A(0-1)君津市消防本部A

副将戦

スコア

※決勝動画

女子個人決勝:○古畑(長野)(コ 延長 )宮田(岐阜・加茂)×

女子決勝

準決勝

・東京消防庁A 対 八女消防本部B

・飯塚地区消防連合 対 君津消防本部A

準々決勝

準々決勝

・○東京消防庁 対 君津消防本部B×

・○八女消防本部 対 和歌山消防連合×

スコア

・○飯塚地区消防連合(2 代表 2)天草広域連合×

・×東京消防庁B 対 君津市消防本部A○

https://youtu.be/rVBZDJb74Ds

決勝トーナメント1・2回戦!

決勝トーナメント

トーナメント

団体、予選リーグが進行中!!

予選

予選

予選

表彰

12時半時点

消防大会

消防大会

消防大会

消防大会

消防大会

開会式!10時10分より試合開始!!

優勝旗返還

開会式

9時45分より開会式!!

全国消防職員剣道大会

スポンサードリンク

第6回全国消防職員剣道大会

全国消防剣道大会

令和元年 2019年12月12日(日)

東京都江東区・東京スポーツ文化館

【団体戦】 団体戦は、5人制の団体試合とし、リーグ戦後、決勝トーナメント方式。チームの編成は原則として消防本部単位とし、各都道府県内及び近隣本 部での混成チームの編成も可能。

フリーオーダー制、3分3本勝負。

【個人戦】個人戦は、女性職員のみとし、リーグ戦後、決勝トーナメント方式で実施。

※大会詳細は【東京消防庁 剣道部会HP】に掲載されています。

※前回大会はこちらから>>

スポンサードリンク

組合せ

団体戦

女子個人

※大会詳細は【東京消防庁 剣道部会HP】に掲載されています。

【結果】12/8 第19回毎日レディース剣道大会

更新日: 2019/12/10


毎日レディース剣道大会

第19回毎日レディース剣道大会

令和元年 2019年12月8日(日)
東京都・日野市市民の森ふれあいホール

※結果詳細は【全日本剣道道場連盟HP】に掲載されています。

スポンサードリンク

結果

すみれの部(小・中学生)

優勝 上の台剣友会(千葉)

二位 四誠館A(埼玉)

三位 東松舘道場(東京)、大田原剣友会A(栃木)

梅の部(30歳未満)

優勝 警視庁剣道部A(東京)

二位 星明会A(埼玉)

三位 警視庁剣道部B(東京)、岐阜わかくさ(岐阜)

桃の部(30歳以上45歳未満)

優勝 書劍林大橋道場U−35(栃木)

二位 翔遊会(新潟)

三位 なごみ会(東京)、仁王館(神奈川)

桜の部(45歳以上60歳未満)

優勝 三重(三重)

二位 東競武道館A(東京)

三位 修道会(千葉)、青森桔梗野(青森)

藤の部(60歳以上)

優勝 大河錬武館(鹿児島)

二位 東京修道館(東京)

三位 かくや姫会(東京)、東競武道館(東京)

※結果詳細、上位トーナメントは【全日本剣道道場連盟HP】に掲載されています。

【速報&生配信】12/1 第30回学連剣友剣道大会(大学OB戦)

更新日: 2019/12/3

生配信

スポンサードリンク

リアルタイム速報

結果

閉会式

男子1部

優勝 東海大

二位 中央大

三位 順天堂、日大

男子2部

優勝 中央大

二位 法政大

三位 日体大、東海大

男子3部

優勝 國士舘

二位 専修大

三位 法政大、日体大

女子1部

優勝 法政大

二位 早稲田

三位 埼玉大、清和大

女子2部

優勝 日体大

二位 流経大

三位 日本女子体育大学、東海大学

スポンサードリンク

動画一覧

動画一覧

※動画一覧は【YouTube LET’S KENDOチャンネル・再生リスト】へリンクします>>

スポンサードリンク

男子の部・決勝

男子1部 ×中央大(0-2)東海大○

先鋒 △兵藤( 引分け )阿部△

次鋒 ×榎本( 一本勝ち コ)川村○

五将 △渡部( 引分け )青木△

中堅 △飯蓋( 引分け )林△

三将 ×河上( 一本勝ち コ)迫丸○

副将 △尾方( 引分け )小山△

大将 △三木( 引分け )辻山△

決勝

男子1部決勝

男子2部決勝 ○中央大(4-0)法政大×

先鋒 ○大島(コメ 勝ち )加藤×

次鋒 ○新村(ツ 一本勝ち )小笠原×

中堅 ○金田(メ 一本勝ち )岩瀬×

副将 △福崎( 引分け )野上△

大将 ○西野(メコ 勝ち )浦上×

男子2部決勝戦・先鋒

男子3部決勝 ○國士舘(1-0)専修大×

先鋒 △佐藤( 引分け )大塚△

中堅 △安永( 引分け )蛭田△

大将 桜木(メ 一本勝ち )恒次×

男子3部決勝・大将戦

女子の部・決勝

1部決勝 ○法政大(2-0)早稲田×

女子1部決勝

女子1部優勝 法政大

2部決勝○日体大(1-0)流経大×

先鋒 △関口( 引分け )本多△

次鋒 ○伊賀(コ 一本勝ち )山崎×

大将 △黒澤( 引分け )大島△

女子2部決勝・中堅戦

1部・準決勝

・中央大 対 順天堂

・東海大 対 日大

1部・準々決勝

・×早稲田(0-1)中央大○

・×埼玉大 対 順天堂○

代表戦

・×筑波大 対 東海大○

・×拓殖大 対 日大○

 

4回戦、早稲田は前回王者・日体大に2-2、本数差1本で準々決勝進出を決めた。

早稲田

4回戦、筑波大は京都大・東京に勝利しベスト8進出。

筑波大

3回戦、中央大は帝京大に勝利。

中央大

3回戦、順天堂が代表戦で勝利

順天堂

3回戦、国武大が亜大との代表戦に勝利し4回戦へ。

国武大

2回戦、専修大は大阪大・東京と対戦し、2-1で勝利

専修大

3回戦、日体大が立教大との大将戦に勝利し2-1でベスト16進出を決めた。

日体大

2回戦、中央大が東大に勝利。

中央大

2回戦、東海大が法政大から3-2で勝利。早大、国武大も初戦に勝利。

東海大

1回戦、青学大が國士舘に勝利

1回戦

カナダからの招待チーム、トロント大は1回戦で敗退

トロント大

開会式

開会式

優勝杯

第30回学連剣友剣道大会

第30回学連剣友剣道大会

R1 第30回学連剣友剣道大会(大学OB大会)

令和元年 2019年12月1日(日)

東京都・墨田区総合体育館

団体戦・5部門開催

・男子1部 竜王杯(7人制団体戦・50歳以下)※生配信

・男子2部 鳳凰杯(5人制団体戦・50〜60歳)

・男子3部 天行杯(3人制団体戦・60歳以上)

・女子1部 飛翔杯(5人制団体戦・40歳以下)

スポンサードリンク

SPONSOR

広告募集中

top