スポンサードリンク

【速報】11/3 第70回全日本剣道選手権大会2022

更新日: 2022/11/10

※LET’S KENDOに掲載している写真・動画の無断使用は、一切禁止しております。

※更新:〜11/10 決勝〜準々決勝、3〜2回戦、1回戦・32試合分ハイライト

村上哲彦が初優勝!!天皇杯は瀬戸内海を渡り初の愛媛へ!決勝で安藤から二本勝ち

令和4年/2022年11月3日(木・祝)、第70回全日本剣道選手権大会が東京・日本武道館にて開催された。

第70回の記念大会の決勝は、10回目の出場を果たし優勝候補の安藤翔(東京)と村上哲彦(愛媛)が対戦し、大方の予想をはるかに上回り、村上が鋭く早いメンを日本決めて安藤から勝利し、初優勝を果たした。

村上は今大会が2度目の出場、前回大会のベスト8から今大会優勝と大きくステップアップを果たした。村上は愛媛県松山市出身、剣道の名門・新田高校から地元・松山大学に進学し中四国学生個人優勝、えひめ国体では優勝など活躍し、現在は媛県警察機動隊に所属し、全国警察大会でも愛媛県警チームの勝利に貢献した。

惜しくも二位となった安藤。その活躍は、あらためて言うまでもない。悲願の優勝を目指し初の決勝へコマを進めたが、栄冠を手にすることができなかった。大会後の表情、口調は悔しさに溢れていたが、再びこの舞台に立ち「日本一」を勝ち取ってもらうことを願う。

村上:「剣道を始めて、初めて日本一になりました。まだ、実感はないです。自分が稽古してきたことを出せ、結果につながったことを嬉しく感じます。昨年、始めて出場しベスト8でしたが、終わってみて「もっともっとこの舞台で試合をしたい」という想いが強くなり、今年の予選の時からなんとしてでも出場し昨年よりも良い順位、そして、自分のやってきたことを出すということを意識していました。
毎日毎日、限られた時間の中で稽古をおこない、剣道以外のときも考えたり研究し、課題を見つけながら稽古を繰り返し、あっというまに1年間がすぎました。課題としては、自分は仕掛けが遅いと言われ続け、ようやく「こういうことかな」と自分の中で感じるものがあり、特に攻める、仕掛けることを意識してきました。
私は器用ではないので、いろいろな技を打てるわけではなく、自分の武器は思い切って遠間から面で勝負しました。」と話した。
安藤:「決勝戦は少し欲が出たのかなって思います。今後の目標?いまはまだ気持ちを切り替えることはできないです。これから切り替えていきます。」と試合直後だったため、まだ気持ちの整理より悔しさが上回っている状況だった。

結果

優勝 村上哲彦(愛媛・警察)

二位 安藤 翔(東京・國士舘大教員)

三位 矢野貴之(東京・警察)

三位 池田虎ノ介(福岡・筑波大)

優秀選手

大谷翔平(福島)、松本和明(香川)、山下雄輔(三重)、中澤公貴(高知)、林田匡平(福井)、松﨑賢士郎(茨城)

※結果詳細は【全日本剣道連盟HP】に掲載されています>>

決勝

×安藤(東京)( 勝ち メメ)村上(愛媛)○

準決勝

○安藤(東京)(ドコ 勝ち )矢野(東京)×

○村上(愛媛)(メ 一本勝ち )池田(福岡)×

準々決勝

○安藤(東京)(メ 一本勝ち)大谷(福島)×

×松本(香川)( 一本勝ち コ)矢野(東京)○

×山下(三重)( 延長 コ)村上(愛媛)○

×中澤(高知)( 勝ち ココ)池田(福岡)○

3回戦

2回戦

1回戦・第1試合場

1回戦・第2試合場

※速報

安藤、西村、國友、松﨑、矢野ら強豪選手は2回戦へ。

前回王者・星子、宮本が1回戦で敗退

開会式・公開演武

第70回全日本剣道選手権大会

前回大会優勝の星子(東京・警視庁) 今大会は前回優勝枠で出場を決めている

令和4年/2022年11月3日(木・祝)

東京・日本武道館

開会式:9時20分 試合開始:10時20分

※大会詳細は【全日本剣道連盟HP】に掲載されています。

※LET’S KENDOでは速報予定です

組合せ

今大会も豪華な出場選手が揃った。

前回優勝者出場枠が復活し、星子(東京)の出場が確定。その東京からは宮本、矢野、岩切、そして北海道警から国士舘大学の教員となった安藤翔の4選手が出場する。

今大会、過去3回の優勝を誇る西村(熊本)、松﨑(茨城)、國友(福岡)の優勝選手も出場を決めている。また、初出場戦が29選手と約半数を占めている。

LET’S KENDO的注目選手としては、草野(大阪)は積極的な攻めが印象的な上段選手であり、勢いに乗ったら手がつけられなくなりそうだ。1回戦では上村(大分)と対戦。埼玉から初出場を決めた福居は実業団の伊田テクノスに所属。水戸葵陵高校、国士舘大学で活躍したことは記憶に残る。1回戦では松尾(長崎)と、好勝負が期待できそうだ。また、福居の近くには過去二位の実績がある林田(福井・教員)がいる。10月の警察大会団体二位の北海道警では先鋒で活躍した伊澤(北海道)は1回戦で、杉本(佐賀)と対戦。星子や松﨑と同年代の大阪・小角。大学へ進学せず大阪府警で経験を積み、選手権2回目の出場。今年も国体や警察大会に出場している。1回戦で中田(山梨)と対戦。

右ブロック、北海道警では大将を務めたベテランの地白(北海道)は1回戦で後藤(石川)と対戦へ。地白は粘り強さと勝負感があり過去には三位にも入賞している。1回戦で注目カードの一つ、西村と初出場の寒川(茨城)。筑波大出身対決であり、世代を代表する選手同士の対戦だ。高千穂高校でインターハイ優勝し中央大でも活躍した清家(大阪)は、大阪府警へ進み選手権は激戦の大阪予選を勝ち抜き初出場を果たした。1回戦では佐々木(鳥取)と対戦し、2回戦で星子との対戦となるか。埼玉県警チームでは大将を務めた足立(埼玉)は6回目の出場。選手権、警察選手権ともベスト8進出を果たす実力選手。1回戦で西澤(長野)と対戦。真田(神奈川)対百田(福岡)、実業団選手ながら6回目の出場の三雲(滋賀)は、前回大会ベスト8の村上(愛媛・警察)と対戦と注目カードが揃っている。

愛知の若手有望株・久田松(警察)は1回戦で、7回目の出場の菅野(岩手・教員)と対戦し、2回戦では田島(埼玉・警察)と中澤(高知・警察)の勝者と対戦。筑波大で大将の大平(栃木)は1回戦で中武(宮崎)と対戦。大平は出場3回目、上位進出も期待できる選手の一人だ。

東京予選優勝の宮本(警視庁)は、福岡から初出場する池田(筑波大)と興味深い対戦が実現。佐藤(千葉)と武田(宮城)の対戦、また、思い切りのいい剣道が印象的な山本(奈良・日体大)と米丸(鹿児島・警察)の初出場対決となっている。

【全日本剣道連盟HP】より

【結果】10/16 第38回全国道場対抗剣道大会・全国道場少年剣道選手権大会2022

更新日: 2022/10/16

第38回全国道場対抗剣道大会・全国道場少年剣道選手権大会

令和4年/2022年10月16日(日)

愛知県小牧市・パークアリーナ小牧

【結果】全国道場対抗剣道大会

優勝 洗心道場(愛知)

二位 小曽根剣友会(大阪)

三位 淩雲館村雲道場(富山)

三位 解脱錬心館(埼玉)

ベスト8

鬼高剣友会(千葉)、和歌山砂山少年剣友会(和歌山)、いばらき少年剣友会(茨城)、練兵館(栃木)

【結果】全国道場少年剣道選手権大会

中学生男子の部

優勝 森 大颯(福岡如水館・福岡)

二位 林 晃毅(福岡如水館・福岡)

三位 中村 文次郎(九好会・熊本)

三位 岩坪 湧人(京都太秦少年剣道部・京都)

中学生女子の部

優勝 久保 琳音(一心堂・宮城)

二位 近藤 美空(立志会・静岡)

三位 橋口 寧音羽(雄邦舘・東京)

三位 海津 めぐみ(剣心館・熊本)

小学生男子の部

優勝 野中 力綺(黒津少年剣道クラブ・佐賀)

二位 閑田 啓士朗(毘沙門台剣道教室・広島)

三位 笹川 武(嘉瀬少年剣道クラブ・佐賀)

三位 加藤 彩祐(江南武道館・愛知)

小学生女子の部

優勝 嶋田 彩花(清流館・佐賀)

二位 中澤 日寄(山梨健心館・山梨)

三位 吉松 織乃(須恵剣友会・福岡)

三位 島宗 和花(新十津川尚武会少年部・北海道)

※大会詳細、結果などは【全日本剣道道場連盟HP】に掲載されています>>

pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”>

※東京都・i様、情報提供、ありがとうございました!!

【速報】10/11 全国警察剣道大会

更新日: 2022/10/11

男子1部 警視庁が優勝!二位には北海道

結果

男子1部

優勝 警視庁

二位 北海道

三位 大阪

四位 愛媛

2部

優勝 兵庫

二位 京都

三位 大分

四位 茨城

3部

優勝 沖縄

二位 埼玉

三位 佐賀

四位 山形

女子

優勝 大阪

二位 神奈川

三位 警視庁

四位 京都

決勝

・1部決勝 北海道×警視庁

2部決勝 京都×兵庫

3部決勝 埼玉×沖縄

女子決勝 大阪×神奈川

三位決定戦

1部・三位決定戦 大阪×愛媛

2部・三位決定戦 大分×茨城

3部・三位決定戦 佐賀×山形

女子・三位決定戦 京都×警視庁

1部・準決勝

大阪×北海道

警視庁×愛媛

女子・準決勝・準々決勝

・準決勝

大阪×京都

警視庁×神奈川

・準々決勝

大阪×奈良

京都×鹿児島

警視庁×大分

神奈川×福岡

開会式

令和4年度 全国警察剣道大会

令和4年/2022年10月11日(火)

東京都江東区・警視庁武道館

・団体戦 男子1部、2部、3部、女子

※団体戦、各部門とも5人制、女子は3人制。男子団体戦、各部門の入れ替えなし

組合せ

ライブ配信

※ライブ配信は2番組のみです。男子1部を中心に配信します。ご了承ください。

※電波状況等により、配信が不安定にことがあります。ご了承ください。

【最終日・成年男子】10/3〜5 とちぎ国体2022 剣道競技

更新日: 2022/10/6

最終日・成年男子

結果

優勝 栃木県

二位 神奈川県

三位 鹿児島県

四位 徳島県

決勝 ×神奈川(1-4)栃木○

三位決定戦 ×徳島(1-3)鹿児島○

準決勝

・○栃木4-1徳島×

・×鹿児島 神奈川○

4回戦・準々決勝

・○鹿児島3-1大分×

・○神奈川(2/4本 2/3本)大阪×

・○徳島3-1静岡×

・○栃木3-1兵庫×

3回戦

茨城×鹿児島

山梨×大分

大阪×熊本

岡山×神奈川

静岡×長崎

徳島×岩手

宮崎×栃木

兵庫×東京

2日目・成年男子

2日目・成年女子

結果

優勝 栃木県

二位 大阪府

三位 神奈川県

四位 愛知県

※大会詳細は【いちご一会栃木国体HP(剣道競技)】に掲載されています>>

決勝 ○栃木2-0大阪×

先鋒 ○竹中(ドメ 勝ち )藤﨑×

中堅 ○飯塚(メメ 勝ち )有本×

大将 △関口(ド 引分け メ)近藤△

三位決定戦 ○神奈川1-0愛知×

先鋒 ○松本(メ 一本勝ち )片山×

中堅 △堀(ド 引分け メ)迫△

大将 △平野( 引分け )高橋△

準決勝 ○栃木2-0神奈川×

先鋒 ○竹中(メコ 勝ち )松本×

中堅 ○飯塚(メ 一本勝ち )堀×

大将 △関口( 引分け )平野△

準決勝 ○大阪2-1愛知×

先鋒 ○藤﨑(メ 一本勝ち )片山×

中堅 ×有本( 勝ち ドド)迫○

大将 ○近藤(ココ 勝ち )高橋×

1日目 少年男女 結果

少年男子 結果

優勝 栃木県

二位 茨城県

三位 宮崎県

四位 兵庫県

少年女子 結果

優勝 栃木県

二位 秋田県

三位 福岡県

四位 香川県

※結果詳細は【いちご一会栃木国体HP(剣道競技)】より>>

いちご一会栃木国体・剣道競技

令和4年/2022年10月3日(月)〜5日(水)

栃木県宇都宮市・ユウケイ武道館(栃木県総合運動公園武道館)

・日程

10/3(月) 少年男子・女子 1回戦〜決勝戦、成年女子1〜2回戦

10/4(火) 成年女子 準決勝〜決勝、成年男子1〜2回戦

10/5(水) 成年男子3回戦〜決勝

※大会詳細は【いちご一会栃木国体HP(剣道競技)】に掲載されています>>

組合せ

【結果】9/19 第64回全日本実業団剣道大会2022

更新日: 2022/9/25

第64回全日本実業団剣道大会

令和4年/2022年9月19日(月・祝日)

東京・日本武道館

結果

優勝 三井住友海上(本店)

二位 NTT(本社)

三位 九州電力(本社)

三位 西日本シティ銀行(本店)

敢闘賞・ベスト8

三菱商事(丸の内)、日本通運(FBU)、NTT東日本(本社)、NTT東日本(東京)

優秀選手 本間渉(三井住友海上・本店)

※結果詳細は【全日本実業団剣道連盟HP】に掲載されています>>

【ライブ配信&速報】9/3 東京都剣道選手権大会2022・全日本東京予選

更新日: 2022/9/5





令和4年/2022年9月3日土曜日、第61回東京都剣道選手権大会・全日本剣道選手権大会東京予選が東京都足立区・東京武道館にて開催された。

11月3日に開催される全日本剣道選手権大会へは、今大会の上位4選手が出場権を得る。

優勝を果たしたのは宮本敬太(警視庁)。4年ぶりの東京選手権優勝を果たした。決勝では安藤(世田谷)との延長戦で、逆ドウを決めて勝利し、2年連続で全日本出場(5度目)を決めた。

宮本は準々決勝で、國士舘大学の先輩である村冨(西東京)と接戦の末に勝利し、準決勝では矢野(警視庁)から試合開始早々にコテを決めて一本勝ちした。

今大会二位となったのは、安藤翔(世田谷)。各世代で活躍し昨年度まで北海道警で活躍し世界大会(韓国)個人・団体優勝、警察選手権優勝した安藤は、今年度から國士舘大学の教員となり、世田谷代表として今大会に出場。東京ではすでに、8月に開催された全国教職員大会では東京チームの優勝に貢献している。

2回戦から登場した安藤は、実業団選手の岩川(港・富士FBI)など序盤から気の抜けない試合が続き、5回戦では加納彰大(警視庁)、そして準々決勝では、畠中(警視庁)と長い延長戦の末に勝利しベスト4進出を決め、全日本選手権への切符を手にした。

前回大会優勝の警視庁の竹ノ内が、出場権を逃した。準々決勝で警視庁の新人・岩切と対戦し、本戦で一本ずつ取り合い、最後は延長戦で竹ノ内の面が岩切をとらえたようにも見えたが、岩切の出した胴が一本となり勝利した。岩切は今大会、臆さず思い切り良く試合展開し、準決勝で安藤に敗れたものの3位入賞で出場権を得た。

前回大会二位の矢野(警視庁)、今大会でもキレのある攻めで5回戦で皇宮の村松、そして、準々決勝では同門・遅野井と対戦し延長戦で引きメンを決めて勝利し、2大会連続で全日本出場を決めた。

昨年の全日本選手権で優勝を果たした星子啓太(警視庁)は、前年度優勝者枠で今年の選手権に出場を決めているせいか、この東京都剣道選手権には出場していなかった。

来年以降、東京都剣道選手権・全日本東京予選さらに混戦となりそうだ。

結果

優勝 宮本(警視庁)

二位 安藤(世田谷)

三位 岩切(警視庁)、矢野(警視庁)

※大会詳細は【東京都剣道連盟HP】に掲載されています>>

動画

※動画一覧はYouTube LET’S KENDOチャンネル 再生リスト>>

決勝

・×安藤(世田谷)( 延長 ド)宮本(警視庁)○

延長戦、宮本が抜き逆ドウを決めて勝利。2度目の優勝を決めた

準決勝

・×岩切(警視庁)( 延長 コ)安藤(世田谷)○

延長戦、安藤が攻めてコテを決め勝利した。

・○宮本(警視庁)(コ 一本勝ち )矢野(警視庁)×

試合開始の立ち合いで矢野が思い切りのいい面を放ったが、宮本は出ばなコテで応じ一本となり、宮本が一本勝ちとなった。

準々決勝(全日本出場決定戦)

・竹ノ内(警視庁)(コ 勝ち ドコ)岩切(警視庁)

試合開始早々に岩切がコテで先取したがすぐに竹ノ内もコテを取り返した。最後は竹ノ内の面に岩切が返しドウを決めて二本勝ちし、全日本選手権出場を決めた。

・ ○安藤(世田谷)(コ 勝ち )畠中(警視庁)×

延長戦、両選手とも体力を消耗しやや手数が減っていた。最後は安藤が攻め入りコテを決めて勝利した

・ ○宮本(警視庁)(メコ 勝ち )村富(西東京)×

宮本が試合早々にメンを決め、さらに村富の面にコテを合わせて二本勝ち。

・ ×遅野井(警視庁)( 延長 メ)矢野(警視庁)○

長い延長戦をし、最後は矢野が引きメンを決めて勝利

5回戦

5回戦、安藤(世田谷)は加納(彰・警視庁)と延長を繰り返し、休憩をはさむほど長い接戦となった。最後は、安藤が面からコテの変化技が一本となり準々決勝進出を決めた

5回戦、矢野(警視庁)が村松(皇宮)から二本勝ちし準々決勝進出。

5回戦、岩切(警視庁)は西野(警視庁)からツキを決めて勝利。

5回戦、竹ノ内(警視庁)は山中(皇宮)から引きメンを決めて勝利

5回戦、遅野井(警視庁)が加納(誠・警視庁)から延長でメンを決めて勝利

4回戦、村富(西東京)は岩切(皇宮)から勝利。安藤(世田谷)は佐藤(千代田)に延長でメンを決めて5回戦へ。

2回戦、前回王者の竹ノ内(警視庁)が二本勝ちで初戦に勝利。安藤(世田谷)は岩川(港)と延長戦でメンを決めて勝利。皇宮・村松は間込(西東京)から逆胴を決めて勝利。

1回戦の1試合目から強豪選手が登場!!2回戦よりシード選手の試合が始まる。

今大会の最初の一本は警視庁の加納(誠)がメン、コテを決めて二本勝ち。岩川(港区・富士FBI)は一回戦突破、2回戦では東京予選初登場の安藤翔(世田谷)と対戦へ

9時から開会式

東京都剣道選手権は、11月に開催予定の全日本剣道選手権大会の予選も兼ねており、上位4選手が出場権が得る。大会には区や市の代表選手、警視庁勢、実業団選手、教員など約200選手がエントリー。前回大会の優勝の竹ノ内、矢野、畠中、宮本、そして、加納や岩切などの若手選手も警視庁からエントリー。また、警察外では、国士舘大学の職員となった安藤翔が西東京から出場していることも注目。また、前年度の全日本王者である星子(警視庁)は、すでに特別枠(前年度優勝者出場権が復活)で今年度の全日本選手権の出場権を得ているため、今大会に出場はしていない。

組合せ

ライブ配信

※10時頃より開始予定

※試合会場は6試合場ありますが、LET’S KENDOでは4番組です。試合場をランダムで変更し配信予定となっています。

チャンネル

チャンネル2

チャンネル3

チャンネル4

第61回東京都剣道選手権大会

前回大会上位入賞選手

令和4年/2022年9月3日(土) 9時〜(お昼頃まで)

東京都足立区・東京武道館

※個人戦トーナメント方式、5分三本勝負

→優勝〜三位(四名)、11/3に開催される全日本剣道選手権大会へ出場

※大会詳細は【東京都剣道連盟HP】に掲載されています>>

【結果】9/4 第61回全日本女子剣道選手権大会2022

更新日: 2022/9/4

第61回全日本女子剣道選手権大会

令和4年/2022年9月4日(日)

奈良県橿原市・ジェイテクトアリーナ奈良

結果

優勝 末永真理(和歌山・団体職員 優勝3回目)

二位 妹尾舞香(福岡・鹿屋体育大4年 前回優勝)

三位 村田桃子(福岡・福岡県警)

三位 阿部美洸(東京・警視庁)

優秀選手

河合芳奈(静岡)、水川晴奈(岡山)、尾崎麻美(京都)、柿元冴月(茨城)、笠日向子(茨城)、岩本瑚々(長崎)

※結果詳細は【全日本剣道連盟HP】に掲載されています>>

【ライブ配信&速報】9/3 寬仁親王杯第22回剣道八段選抜大会2022

更新日: 2022/9/1

令和4年/2022年9月3日土曜日、寬仁親王杯第22回剣道八段選抜大会が東京都足立区・東京武道館にて開催された。

大会は、八段を取得した48歳から60歳の32選手が推薦され出場し、寬仁親王杯を目指した。

第17回優勝者の岩佐(警視庁)が3回戦で寺地(賢・警視庁)、準決勝で藤原(皇宮)と歴代王者から勝利し、決勝戦では4月に開催された全日本八段選抜で優勝した染谷(千葉)と対戦し、諸手ツキとコテを決めて二本勝ちし、岩佐が2度目の優勝を果たした。

結果

優勝 岩佐英範(警視庁)

二位 染谷恒治(千葉)

三位 藤原康宏(皇宮)、宮崎史裕(神奈川)

優秀試合者

鈴木仁(千葉)、寺地賢二郎(警視庁)、平尾泰(警視庁)、石田利也(千代田区)

※開会式

※大会詳細は【東京都剣道連盟HP】に掲載されています>>

決勝

○岩佐(警視庁)(ツコ 勝ち )染谷(千葉)×

準決勝

・×藤原(皇宮)( 一本勝ち コ)岩佐(警視庁)○

・○染谷(千葉)(コ 一本勝ち )宮崎(神奈川)

準々決勝

・○藤原(皇宮)(メ 一本勝ち )鈴木(千葉)×

・×寺地(賢)(警視庁)( 延長 コ)岩佐(警視庁)○

・○染谷(千葉)(コ 一本勝ち )平尾(警視庁)×

・○宮崎(神奈川)(メ 延長 )石田(千代田)×

組合せ

東京都剣道連盟HPより

ライブ配信

寬仁親王杯第22回剣道八段選抜大会

令和4年/2022年9月3日(土)14時〜17時(予定)

東京都足立区・東京武道館

※個人戦トーナメント、5分三本勝負

→延長1回・判定。準決勝・決勝は判定なし

※大会詳細は【東京都剣道連盟HP】に掲載されています>>

【結果】8/11 第64回 全国教職員剣道大会2022

更新日: 2022/8/12

第64回 全国教職員剣道大会

令和4年/2022年8月11日(木)

長野県長野市・ホワイトリング長野市真島総合スポーツアリーナ

結果

【団体戦】

優勝 東京都(貝塚、村富、安藤、天野、碓井)

二位 島根県(松﨑、高瀬、青木、藤田、曽田)

三位 大分県(阿部、梶原、姫野、泉、古手川)

三位 佐賀県(門田、山口、桜木、碇、木下)

【男子個人】

優勝 山下拓真(茨城県)

二位 西山晃平(神奈川県)

三位 吉川航輝(三重県)

三位 設楽海斗(静岡県)

ベスト8

櫨木悠介(岡山県)、松田匠太郎(高知)、白鳥湧也(千葉)、森康二(徳島)

【女子個人】

優勝 大西ななみ(福井県)

二位 鈴木瑞生(栃木県)

三位 小松加奈(青森県)

三位 田村久美(山口県)

ベスト8

鈴木汐莉(千葉)、寺田佳奈(静岡)、津野暁美(高知)、藤沢琴日(岩手)

※結果詳細は【第64回全国教職員剣道大会 長野大会 公式HP】にて>>

【速報・結果】6/23 全国矯正職員武道大会(柔道・剣道)2022

更新日: 2022/6/23

全国矯正職員武道大会:施設対抗試合(柔道:第72回 剣道:第68回)

剣道の部(午後)

広島拘置所が福岡拘置所との代表戦を制し優勝!

結果

優勝 広島拘置所

二位 福岡拘置所

三位 名古屋刑務所、東京拘置所

※柔道の結果は、ページ中段にあります。

決勝

○広島拘置所(2/3本 代表 2/3本)福岡拘置所×

代表:○矢野(コ 勝ち )窪×

準決勝

×名古屋刑務所2-3広島拘置所○

○福岡拘置所2-1東京拘置所×

2回戦

×鹿児島刑務所0-4名古屋刑務所○

×松山刑務所0-1広島拘置所○

×喜連川社会復帰センター0-2福岡拘置所○

×札幌刑務所1-3東京拘置所○

1回戦

○名古屋刑務所2-1京都刑務所×

×府中刑務所2-3広島拘置所○

○福岡拘置所3-0広島刑務所×

○札幌刑務所2-1加古川刑務所×

○東京拘置所1-0宮城刑務所×

開会式。まもなく試合開始!

午後:剣道 第1試合場

午後:剣道 第2試合場

柔道の部(午前)

結果

優勝 広島刑務所

二位 東京拘置所

三位 千葉刑務所、山形刑務所

決勝

×東京拘置所2ー2広島刑務所○

準決勝

○東京拘置所4-1千葉刑務所×

○広島刑務所(2 代表 2)山形刑務所×

2回戦

×鹿児島刑務所0-5東京拘置所○

○千葉刑務所(2-1)神戸刑務所×

×旭川刑務所0-3広島刑務所○

×京都刑務所1-3山形刑務所○

1回戦、最後の試合は山形刑務所が長崎刑務所から4-0で勝利

1回戦、神戸刑務所は高松刑務所から4-1で勝利し千葉刑務所と対戦へ。2回戦で京都刑務所は金沢刑務所を4-0で勝利。

開会式後の1回戦1試合目は、東京拘置所、広島拘置所がそれぞれ勝利し2回戦へ。

午前中は柔道の部、午後に剣道の部が開催。9時より開会式

組合せ

全国矯正職員武道大会:施設対抗試合(柔道:第72回 剣道:第68回)

令和4年/2022年6月23日(木) 東京都葛飾区・東京拘置所

※無観客開催

・開会式 9時〜

午前:柔道の部 5人制団体戦

午後:剣道の部 5人制団体戦

組合せ

ライブ配信

※今大会のライブ配信は、主催者様の意向によりポケットWi-Fiでの配信になるためインターネット回線速度低下により視聴いただけない場合がございます。ライブ配信に関しましては、主催者・運営者へお問合せください。

午前:柔道 第1試合場

午前:柔道 第2試合場

スポンサードリンク

SPONSOR

広告募集中

top