スポンサードリンク

【ライブ配信&速報】7/17〜18 近畿高等学校剣道大会2021

更新日: 2021/7/21

男子団体戦、奈良大附属が9年ぶり優勝!決勝、育英との代表戦に勝利。個人も大津が優勝。

奈良大附属

女子団体、地元・日吉ヶ丘が和歌山工業を1-0で勝利し優勝!

日吉ヶ丘

男子個人決勝、大津(奈良大附属)が和田(育英)との激闘を制す。

男子個人

女子個人、鋭いメンを武器に安田(日吉ヶ丘)が大会優勝。二位には井上(甲子園)

女子個人

令和3年/2021年7月17日(土)〜18日(日)、第59回近畿高等学校剣道大会が京都府・島津アリーナで開催された。

男女団体戦は各県8校、個人は4選手の代表が集結し、近畿王者を目指した。

男子団体・個人とも奈良大附属が優勝。育英は両部門で二位。

男子団体戦、決勝戦へは奈良大附属と育英の近畿を代表する強豪校が対戦し、奈良大が先鋒・富田、中堅戦では育英・門田がそれぞれ一本勝ちで本戦5人が終わり、代表戦では大将同士が対戦し奈良大・井手口が育英・和田からメンを決めて優勝を果たした。

奈良大は接戦の連続を乗り越え、優勝を果たした。その度にチームを救ったのが、大津だった。3回戦での比叡山戦との代表戦、準々決勝は貴重な1勝を履正社から勝ち取り、準決勝の草津東戦でも代表戦に出場し勝利した。大津に関してさらに特記すべきは、団体戦と平行して個人戦でも勝ち上がり、団体準決勝の後には個人決勝をおこない、延長戦の末に育英・和田からメンを決めて優勝した。

決勝の代表戦は奈良大大将・井手口が出場し勝利したが、大津の体力を考えたら選考だったのだろう。その井手口も個人戦準決勝で大津と対戦し敗れたものの三位入賞を果たした。

男子団体二位の育英は、小柄な選手が多い印象だったが強豪校らしく力強い剣道で他チームの違いを見せた。団体では中堅・門田がポイントゲッターとして活躍し、和田はチームの大将として、そして、個人戦でも二位となった。

団体戦三位には草津東と清風。草津東は、3回戦の和歌山東戦は代表、準々の東洋大姫路は大将戦で勝利し2-1、準決勝の奈良大は代表戦までもつれ込む接戦を演じた。清風は、副将・岩村、大将・西田がチームを支え、しっかりと構え勝負する姿が印象的だった。3回戦は東山を1-0、準々は滝川第二に3-0で勝利した、準決勝の育英戦では1-3で敗れた。

女子の部、日吉ヶ丘が団体・個人を制す。

開催地でもある京都勢が活躍した。団体準決勝では日吉ヶ丘と久御山が対戦し3-0で日吉ヶ丘が決勝へ勝ち進んだ。もう一本の準決勝は和歌山対決、和歌山工業が耐久を2-0で勝利し決勝へ駒を進めた。

決勝戦、先鋒戦で日吉ヶ丘・安田がメンで一本勝ち、その後の4戦は引き分けとなり、日吉ヶ丘が1-0で優勝を果たした。団体優勝に貢献した安田、団体決勝前には個人戦でも優勝を果たした。

個人決勝、安田は井上(甲子園)からメンで一本勝ちと、キレと突破力とも充実しており、見事、個人と団体とも優勝と最高の結果を残した。

女子個人三位には比叡山の吉本、山田が入賞。男子でも井上が三位に入った。比叡山は団体では男女とも上位まで勝ち残れなかったものの、今大会では個人で比叡山の名を残した。

近畿大会、コロナ禍の大会でまだまだ慣れない部分があると感じたが、強豪校は実力と、しっかりと対応で優勝を勝ち取った。また、近畿大会に出場した京都、大阪、奈良、兵庫、滋賀は各部門において、いずれかのチーム・選手が三位入賞を果たし、近畿の拮抗したレベルを感じた。

結果

男子団体戦 結果

優勝 奈良大附属

二位 育英

三位 草津東、清風

男子団体

女子団体戦 結果

優勝 日吉ヶ丘

二位 和歌山工業

三位 久御山、耐久

女子団体

男子個人戦 結果

優勝 大津(奈良大附属)

二位 和田(育英)

三位 井手口(奈良大附属)、井上(比叡山)

男子個人

女子個人戦 結果

優勝 安田(日吉ヶ丘)

二位 井上(甲子園)

三位 吉本(比叡山)、山田(比叡山)

女子個人

※近畿大会特設HP

※近畿大会 速報HP

※近畿大会 Twitter

7/18(日)リアルタイム速報

男女団体戦・決勝

男子:○奈良大附属(1 代表 1)育英×

※代表戦は大将同士の対戦となり、奈良大・井手口が育英・和田から出ばなメンを決めて奈良大附属の優勝を決めた。

女子:○日吉ヶ丘(1-0)和歌山工業×

男女個人戦・決勝

男子:×和田(育英)( 延長 メ)大津(奈良大附属)○

女子:×井上(甲子園)( 一本勝ち メ)安田(日吉ヶ丘)○

男女団体戦・準決勝

・男子1:×草津東(1 代表 1)奈良大附属○

・男子2:×清風(1-3)育英○

・女子1:×久御山(0-3)日吉ヶ丘○

・女子2:×耐久(0-2)和歌山工業○

男女個人戦・準決勝

男子1:○和田(育英)(コ 一本勝ち )井上(比叡山)×

男子2:×井手口(奈良大附属)( 延長 コ)大津(奈良大附属)○

女子1:○井上(甲子園)(メ 延長 )吉本(比叡山)×

女子2:○安田(日吉ヶ丘)( 勝ち )山田(比叡山)×

男子団体戦・準決勝

・草津東×奈良大附属

・清風×育英

男子団体戦・準々決勝

準々決勝、草津東は東洋大姫路の副将・大将に逆転しベスト4進出

・○草津東(2-1)東洋大姫路×

・○奈良大附属(2-1)履正社×

・○清風(3-0)滝川第二

・×久御山(0-1)育英○

女子団体戦・準決勝

・久御山×日吉ヶ丘

・耐久×和歌山工業

女子団体戦・準々決勝

・×四天王寺東(0-1)久御山○

・×東洋大姫路(0-1)日吉ヶ丘○

・○耐久(1-0)甲子園×

・○和歌山工業(1-0)明石×

男子団体戦・3回戦(ベスト16)

・×和歌山東(1 代表 1)草津東○

・○東洋大姫路(4-1)日吉ヶ丘×

・○奈良大附属(1 代表 1)比叡山×

・×桐蔭(1/1本 勝ち 1/2本)履正社○

・×東山(0-1)清風○

・○滝川第二(1-0)四天王寺東×

・○久御山(2-0)浪速×

・×和歌山工業(0-1)育英○

女子団体戦・3回戦(ベスト16)

耐久は、奈良大附から1-0で勝利し準々決勝へ。

・○四天王寺東(1-0)北嵯峨×

・○久御山(1 代表 1)和歌山東×

・×金蘭会(0-2)東洋大姫路○

・×好文学園女子(0-1)日吉ヶ丘○

・○耐久(1-0)奈良大附属×

・○甲子園(1-0)桜宮×

・○和歌山工業(1-0)西の京×

・×清明学院(0-3)明石○

男子個人・ベスト8

・×森安(浪速)( 一本勝ち メ)和田(育英)○

・○井上(比叡山)(メメ 勝ち )杉山(和歌山東)×

・×門田(育英)( 延長 メ)井手口(奈良大附属)○

・○大津(奈良大附属)(メ 延長 )杉本(育英)×

女子個人戦・ベスト8

・×矢野(日吉ヶ丘)( 延長 コ)井上(甲子園)○

・×大上(耐久)( 勝ち メ)吉本(比叡山)○

・×恒本(神戸高塚)( 一本勝ち コ)安田(日吉ヶ丘)○

・×楠木(久御山)( 勝ち メメ)山田(比叡山)○

男女個人戦ベスト4

大会最終日!いよいよ近畿王者が決まる!!

7/17(土)リアルタイム速報

男女個人戦ベスト8・トーナメント。

男子団体戦3回戦(※7/18(日)開催)

・和歌山東×草津東

・東洋大姫路×日吉ヶ丘

・奈良大附属×比叡山

・桐蔭×履正社

・東山×清風

・滝川第二×四天王寺東

・久御山×浪速

・和歌山工業×育英

※近畿大会特設HP

※近畿大会 速報HP

※近畿大会 Twitter

男子団体2回戦

久御山が2-0で関西学院から勝利。関西も大将戦での逆転を狙ったが、久御山大将・山本が一本勝ちで勝利。

東山、耐久と0-0の末に代表戦で東山・弓倉がメンを決めて勝利した。耐久は積極的な剣道が印象的だった。

清風は正統派剣道でチーム力も高い。2回戦では八幡工業から勝利しベスト16へ駒を進めた。

和歌山工業が代表戦で東海大仰星から勝利。明日の3回戦で育英と対戦へ

途中経過

シードの育英、橿原に勝利し3回戦へ。強豪校は順当に勝ち上がっている。

奈良大附属、和歌山東が3回戦進出。

比叡山は3-1で神戸弘陵から勝利。

途中経過

※近畿大会特設HP

※近畿大会 速報HP

※近畿大会 Twitter

東洋大姫路が初芝立命館との大将戦に二本勝ちし、逆転本数差勝利で3回戦進出。

履正社、日吉ヶ丘、3回戦進出。

男子団体戦・1回戦

清風が滝川に勝利し2回戦へ。

滝川第二が京都成章との大将戦に勝利2-1で2回戦進出

天理が報徳との大将戦に勝利し2-1、2回戦進出を決めた。

初芝立命館、奈良育英、桐蔭、2回戦へ。

女子団体戦3回戦(ベスト16)

※7/18開催です。

・四天王寺東×北嵯峨

・久御山×和歌山東

・金蘭会×東洋大姫路

・好文学園女子×日吉ヶ丘

・耐久×奈良大附属

・甲子園×桜宮

・和歌山工業×西の京

・清明学院×明石

2回戦、奈良大附属が花園から3-1で勝利。

耐久が履正社との接戦を本数差で勝利。

2回戦、甲子園が比叡山から2-1で勝利。比叡山、後半の追い込み及ばずも健闘。

東洋大姫路、四天王寺東、金蘭会、北嵯峨が3回戦進出を決めた。

2回戦、日吉ヶ丘が滝川第二との代表戦に勝利し、明日の3回戦へ。久御山は夙川に1-0の接戦を制す。

女子団体戦・1回戦

西の京が立命館との代表戦に勝利し、2回戦へ。

神港学園、久御山、金蘭会、郡山、好文学園、滝川第二が2回戦進出。

本日の近畿大会は、各県大会団体戦でベスト8、個人戦はベスト4へ進出した選手が出場しています。

本日は各部門の1〜2回戦がおこなわれ、明日、近畿王者が決まります!

9時45分より開会式!試合開始は10時ころ、女子団体戦の1〜2回戦から行われます!

※近畿大会特設HP

※近畿大会 速報HP

※近畿大会 Twitter

組合せ

7/18(日)ライブ配信

チャンネル1(第1試合場)

チャンネル2(第2試合場)

チャンネル4(第4試合場)

チャンネル5(第5試合場)

※本日は全4試合場・4番組で配信します。

7/17(土)ライブ配信

※全6試合場・6番組で配信予定

※10時〜女子団体戦1・2回戦、13時半〜男子団体戦1・2回戦、16時半〜男女個人戦1・2回戦

※試合順に関しては【近畿高校剣道大会HP】をご参照ください>>

チャンネル1(第1試合場)

チャンネル2(第2試合場)

チャンネル3(第3試合場)

チャンネル4(第4試合場)

チャンネル5(第5試合場)

チャンネル6(第6試合場)

近畿高校剣道大会

第59回近畿高等学校剣道大会

令和3年/2021年7月17日(土)〜18日(日)

京都府・島津アリーナ

・7/17(土曜日)

10時〜 女子団体戦 1・2回戦

13時半〜 男子団体戦 1・2回戦

16時半〜 男女個人戦 1・2回戦

・7/18(日) 10時〜 

男女個人戦 準々決勝〜決勝

女子団体戦 3回戦〜決勝 

男子団体戦 3回戦〜決勝

※各部門の準々決勝、準決勝、決勝を入れ替えながらおこないます。

※試合進行等に関しましては、近畿大会HP「試合順・タイムテーブル」をご参照ください。

※近畿大会特設HP

※近畿大会 速報HP

※近畿大会 Twitter

組合せ

【速報】7/10 全日本都道府県対抗女子剣道優勝大会

更新日: 2021/7/12

熊本が初優勝!決勝、岡山との代表戦戦を制す。

第13回全日本都道府県対抗女子剣道優勝大会

令和3年/2021年7月10日土曜日、第13回全日本都道府県対抗女子剣道優勝大会が奈良県橿原市・ジェイテクトアリーナ奈良で開催された。

試合は5人制団体戦・トーナメント方式、5分三本勝負で行われ、チームは先鋒・高校生、次鋒・大学生、中堅・18歳以上~35歳未満(高校生・大学生のぞく)、副将・35歳以上~45歳未満、大将・45歳以上のポジション制限あり、都道府県の各チームとも有望選手を集めて編成された。

ベスト8(4回戦)には、大きく区切って東日本地域からは青森のみ、西日本地域は岐阜、奈良、熊本、鹿児島、福岡、岡山、長崎が準々決勝へコマを進めた。

開催地の奈良、ここまで岩手、沖縄、三重と接戦を制して勝ち上がったが、準々決勝で長崎に敗れ姿を消した。

岐阜は福岡から逆転、代表戦勝利で準決勝進出を決めた。

準決勝、熊本は岐阜から4-1で勝利し決勝進出を決めた。

2連覇を目指した岡山は初戦からチーム力を見せ、山梨、福井、佐賀、準々決勝の青森戦は2-1と逆転勝利で準決勝に勝ち進み、長崎との対戦では一進一体の代表戦(※代表戦は大将同士の対戦)を岡山・稲垣がドウを決めてチームを勝利に導き決勝進出を果たした。

決勝戦、初優勝をかけた熊本と、2連覇を狙う岡山の対戦は先鋒、次鋒を引き分け、中堅戦で熊本・桑野の強い攻めで岡山の上段・五十嵐の構えが下がったところを見逃さずにコテを決めて一本勝ち。副将戦は注目の強豪対戦、この日全勝の岡山・小津野と熊本・緒方。緒方が攻めの姿勢を崩さなかったが、小津野は緒方の手元の上がり際にコテをきめて一本勝ちし、同点に持ち込む。

大将戦、岡山・稲垣が熊本・海津の小手にメンを合わせ先取したが、その後、稲垣が試合進行上、反則2回を判定され海津に一本が与えられ、この試合は引き分けになった。この反則2回に関しては、優勝に関わる大きな一本であった。(※1:下記参照)

代表戦は規程により再び大将同士の対戦。稲垣は良いタイミングで小手を放つなど惜しい打突を見せた。しかし、最後はその小手の打ち終わりを見逃さずに海津がメンを決めて勝負あり、熊本が初優勝を果たした。

試合後、熊本大将の海津は「優勝できて嬉しいです。多くの試合で、リードした展開で大将戦をさせてくれたチームメイトに感謝しています。チームとしては1試合1試合みんな同じ気持ちで試合ができたのが良かったと思います。決勝戦はチームのために必死で試合しました。体力的にはきつい、大変でした(笑) 次鋒の姪には、とにかく思い切ってやるようにアドバイスし、また、2回戦の茨城戦では姪同士の対戦では姉に負けてしまって悔しそうでしたね(笑)」と笑顔でインタビューに答えてくれた。

※1:LET’S KENDOの見解・検証としては試合を見直してみると、稲垣選手が一本リードしていたため試合展開からみて「時間空費」の反則と、「つばぜり合いからの別れ方」についての反則ではないかと思う。試合後に聞き取り取材することができなかったので断定することはできないが、このコロナ禍での暫定試合ルールは、選手、関係者にはいま一度確認、注意する必要がありそうだ。

※全剣連YouTube「新型コロナウイルス感染症が収束するまでの暫定的な試合審判法」をご確認ください。

結果

優勝 熊本(初優勝)

二位 岡山

三位 岐阜、長崎

優秀選手

下川・鹿児島、松永・福岡、小松・青森、相原・奈良、大嶋・愛知、斉藤・三重、加藤・広島

※詳細な速報は全剣連HPに掲載されています。

決勝

・○熊本(1 代表 1)岡山×

代表戦、熊本・海津が岡山・稲垣からメンを決めて熊本の優勝を決めた。稲垣も良い機会を捉えたが、一本にならなかった。

準決勝

・○熊本(4-1)岐阜×

熊本先鋒・松本が2本勝ちでチームに勢いをつけ、岐阜から4-1で勝利

・○岡山(2 代表戦 2)長崎×

先鋒では長崎が先取して始まり取りつ取られつの大接戦の末、長崎が大将戦に勝利し大将同士で対戦する代表戦につないだが、今度は岡山・稲垣がドウをきめて勝利し、岡山の決勝進出を決めた。

準々決勝

・○熊本(2-1)鹿児島×

・×福岡(2 代表 2)岐阜○

・×青森(1-2)岡山○

・×奈良(1-4)長崎○

3回戦

国体を控える三重と地元・奈良の対戦は2-2、本数差で奈良が準々決勝進出を決めた。

青森と徳島は、青森次鋒・齋藤、中堅・小松の勝利で2-0で勝利。

福岡が北海道から2-1で勝利し準々決勝進出を決めた。熊本と茨城は1-1、本数差1本で熊本がベスト8へ。

・×茨城(1/1本 1/2本)熊本○

・×愛知(2-1)鹿児島○

・×北海道(1-2)福岡○

・×宮崎(1-3)岐阜○

・○青森(2-0)徳島×

・×佐賀(1-4)岡山○

・×三重(2/3本 2/4本)奈良○

・×広島(1/1本 1/2本)長崎○

2回戦、長崎と東京は0-0となり、代表戦は基本的に大将同士との対戦となる。長崎・福田がメンを決めて3回戦進出を決めた。

2回戦、熊本が京都から4-0で勝利。茨城、北海道、三重、奈良、福岡、愛知、宮﨑、徳島、奈良が3回戦進出。

1回戦、前回王者の岡山は山梨から勝利。岐阜は新潟から4-1で勝利。

1回戦、東京が4-0で秋田から勝利。鹿児島が和歌山から3-1で勝利し2回戦へ。

1回戦、徳島が代表戦で栃木から勝利。宮崎は本数差で兵庫を下す。

1回戦、地元・奈良が2-0で岩手から勝利。愛知、千葉も2回戦へ進出

1回戦、青森が4-1で長野に勝利。三重、富山、京都が2回戦進出。

開会式!試合は9時40分ころより。

日本剣道形 打太刀 北村照美(奈良) 仕太刀 伊東たみ代(奈良)

開会式は9時20分より!ただいまアップ中です!

ライブ配信

※YouTube全剣連チャンネルにて配信中!

チャンネル1

チャンネル2

第13回全日本都道府県対抗女子剣道優勝大会

前回、第11回大会優勝の岡山

・令和3年/2021年7月10日(土)

・奈良県橿原市・ジェイテクトアリーナ奈良

・5人制団体戦

※大会詳細・組合せ・出場選手一覧・速報などは【全日本剣道連盟HP】に掲載されています。

組合せ

組合せ・全剣連HPより

※大会詳細・組合せ・速報などは【全日本剣道連盟HP】に掲載されています。

【生配信&速報】7/3〜4 全九州高校剣道大会

更新日: 2021/7/7

男子団体戦、九州学院が3年ぶり14度目の大会制覇。長崎南山が2位。

女子個人戦、小柄な井上(中村学園女子)が鋭いメンを決め続け、優勝まで上り詰めた。女子の部は中村学園が独占。

男子個人戦、決勝は福岡対決。金井田(福大大濠)が藤島(常葉)から勝利し優勝

女子団体戦、中村学園女子が八代白百合との代表戦を制し、3年ぶり7度目の優勝

令和3年度 第68回全九州高校剣道競技大会

令和3年/2021年7月3日~4日、第68回全九州高校剣道競技大会(鹿児島県・吹上浜公園体育館)にて開催された。

コロナ禍の開催のため当初予定していた会場から何度も変更がおこなわれた。また、選手・関係者は感染対策を徹底し、無観客でおこなわれた。

試合は男女団体戦、男女個人戦が2日間にわたり開催された。

男子団体戦、九州学院が3大会ぶりに優勝!

団体戦への出場は各県上位2校、個人戦は上位8名と狭き門を通過した強豪が勢揃いした。

団体戦は4校リーグが行われ、上位2校が決勝トーナメント(ベスト8)へ進出し、優勝を目指した

男子個人戦を制した金井田(福大大濠)、女子個人戦は井上(中村学園女子)の福岡勢が個人戦で優勝を果たした。両選手とも団体戦では控えになってしまうこともある選手の優勝。両チームの選手層の厚さを象徴するような優勝劇だった。男子2位の藤島(福岡常葉)は構えや打突など力強く、今後も活躍に期待したい。また、男子個人3位には島原の小山、安田が入った。

女子2位の與﨑(錦江湾)、鹿児島開催だったたけに優勝は逃したものは悔しい部分もあるかもしれないが、印象に残る一本を決め続けた。

男子団体戦は九州学院が優勝、二位に長崎南山となった。九学は個人戦で結果を残せなかったが、団体戦でのそのチーム力・結束力、実力は近年の高校剣道会をリードするその姿を見ることができ、続くインターハイでも優勝候補の一角といって過言ではないだろう。二位の長崎南山、リーグ戦でも九学と同一リーグ、そして準決勝では長崎予選の決勝の相手でもあった西陵と厳しい試合を重ね、約40年ぶりの優勝には一歩届かなかった。

女子団体戦、中村学園女子が準決勝で最大のライバルでもある筑紫台に1-0で勝利し、決勝での八代白百合戦では代表戦を制して優勝を果たした。勝負どころの一本を取れることが、優勝できるチームの勝負強さ。個人は優勝が井上、そして3位に池田と活躍した中村学園。八代白百合は大将の竹町はしっかりとした剣風で団体戦、個人戦と勝負強さを見せた。個人でも岩原が三位入賞と八代白百合も今大会は好成績を残し、インターハイへ臨む。

男子団体戦

男子団体戦、Aリーグを3連翔で突破したのは西陵、そして2位が錦江湾となった。日章学園と龍谷がリーグ敗退。

Bリーグは高千穂と三養基が2勝1分同士となり、総本数差2本で高千穂が1位通過となった。激戦の福岡からインターハイ出場を決めた福岡第一、昭和薬科大附属がリーグ敗退となった。

Cリーグ、東福岡が1位、明豊が2位。勝者数差により順位が決定した。鹿本、小禄がリーグ突破ならず。

Dリーグの最終戦、九州学院と長崎南山の直対決は引き分けとなり、九州学院が1位、南山は2位となった。大分国際情報もその最終戦の結果次第だったが、惜しくもリーグ突破はできなかった。鹿児島商業はリーグ4位と、地元開催だったが、厳しいリーグに入ってしまった。

決勝トーナメント1回戦も、接戦が繰り広げられた。西陵と明豊は、大将戦で西陵・俵﨑が明豊・蔵座から勝利し2-1で準決勝進出。長崎南山と高千穂も大正戦となり、南山・山中が高千穂・伊東から勝利し2-1で準決勝へと進み、西陵と決勝進出をかけて対戦し、南山が先鋒と副将、大将を取り3-0で勝利し、18年ぶりの決勝進出を決めた。

開催地の錦江湾は準々決勝で東福岡との大将戦に、錦江湾・上原が東福岡・大隈から勝利し2-1で準決勝進出。

九州学院は3月の全国高校選抜大会で敗れた三養基と準々決勝で対戦となり、この試合では九州学院、鮫島、長谷川、末永が勝利し3-0でベスト4を決めた。

準決勝、九州学院リードの大将戦で錦江湾・上原が勝利し代表戦に持ち込む。代表戦は再び大将同士の対戦となり、九学・末永がメンを決めて決勝進出を決めた。

決勝戦は長崎南山と九州学院。九学先鋒・鮫島と次鋒・福岡が連勝し試合を優位に進め、勝負のかかった副将戦では南山・山口がメンで先取し流れを引き戻したかったが、九学・荒木もしっかりと取り返し引き分けなり、2-0で九州学院の優勝が3年ぶり14度目の優勝を果たした。

7/4男子団体戦・結果

優勝 九州学院

二位 長崎南山

三位 西陵、錦江湾

7/4女子個人戦・結果

優勝 井上(中村学園女子)

二位 與﨑(錦江湾)

三位 池田(中村学園女子)、岩原(八代白百合)

7/3男子個人戦 結果

優勝 金井田(福大大濠)

二位 藤島(福岡常葉)

三位 安田(島原)、小山(島原)

ベスト8

山開(西陵)、山中(長崎南山)、稲葉(鵬翔)、藤野(大分国際情報)

女子団体戦 結果

優勝 中村学園女子

二位 八代白百合

三位 筑紫台、阿蘇中央

・ベスト8

都城、鹿児島女子、錦江湾、島原

女子個人戦ハイライト

決勝 ×與﨑(錦江湾)( 延長 メ)井上(中村学園)○

準決勝

・○與﨑(錦江湾)(メメ 勝ち )池田(中村学園)×

・×岩原(八代白百合)( 延長 メ)井上(中村学園)○

準々決勝

○與﨑(錦江湾)(メメ 勝ち )谷口(筑紫台)×

○池田(中村学園)(コ 一本勝ち )弓(三養基)×

○岩原(八代白百合)(メ 延長 )奥(明豊)×

×小場佐(菊池女子)(メ 勝ち メメ)井上(中村学園)○

三回戦

○與﨑(錦江湾)ー竹町(八代白百合)×

×仲西(小禄)ー谷口(筑紫台)○

西(菊池女子)ー池田(中村学園)

×寺坂(中村学園)ー( 延長 メ)岩原(八代白百合)

×平山(海星)( 勝ち メメ)奥(明豊)○

×本城(大村)ー弓(三養基)○

×松原(明豊)( 延長 ド)小場佐(菊池女子)○

×盛迫(樟南)ー井上(中村学園)○

二回戦、寺坂(中村)は生出(島原)との長い延長戦の末にドウを決めて三回戦進出。谷口(筑紫台)も延長で勝利。

一回戦、池田、寺坂の中村勢が一回戦突破。島原の生出、井上も勝ち進む。

興﨑(錦江湾)、久富(小城)、田邊(三重総合)、西(菊池女子)、櫻井(高千穂)、石島(宮崎日大)、本城(大村)、岩原(八代白百合)、平山(海星)、小場佐(菊池女子)、盛迫(樟南)、下大迫(川内)

男子団体戦ハイライト

決勝 ×長崎南山(0-2)九州学院○

決勝、九学が先鋒、次鋒を連勝。南山を取り返すことができずに九学が2ー0で優勝を決めた。

準決勝

準決勝、錦江湾が大将戦で追いつき代表戦となったが、九学・末永がメンを決めて決勝進出を決めた。

・×西陵0-3長崎南山○

・×錦江湾( 代表戦 )九州学院○

決勝トーナメント・ベスト8

準々決勝、九学が三養基から3-0で勝利した。

・○西陵2-1明豊×

・○長崎南山2-1高千穂×

・×東福岡1-2錦江湾○

・×三養基0-3九州学院○

6試合目(リーグ最終戦)

A:△龍谷1-1錦江湾△

B:×福岡第一0-2高千穂○

C:○明豊4-1小禄×

D:九州学院 長崎南山

5試合目

A:×日章学園1-2西陵○

B:○三養基3-0昭和薬科大×

C:○東福岡3-1鹿本×

D:×鹿児島商業1-2大分国際情報○

4試合目

A:×日章学園0-2錦江湾○

B:△三養基1ー1高千穂△

C:○東福岡4-1小禄×

D:×鹿児島商業0-1長崎南山○

3試合目

A:×龍谷1 /1本 勝ち  1/2本西陵○

B:○福岡第一4-0昭和薬科大×

C:○明豊1-0鹿本×

D:○九州学院3-0大分国際情報×

2試合目

A:○西陵2-0錦江湾×

B:×昭和薬科大0-4高千穂○

C:○鹿本2-1小禄×

D:△大分情報国際0-0長崎南山△

1試合目

A:×龍谷0-1日章学園○

B:×福岡第一0-3三養基○

C:△明豊0-0東福岡△

D:○九州学院3-0鹿児島商業×

大会二日目、前半戦は男子団体戦、後半戦は女子個人戦となります。

7/4(日) ライブ配信

※Wi-Fiを使用した配信のため、映像が不安定になることがあるかもしれません。また、電波状況によっては配信ができない可能性もあります。

※できるかぎり全試合収録し、大会後からアップしていきます。

第1試合場・チャンネル1

第1試合場 試合順

第2試合場・チャンネル2

第2試合場 試合順

第3試合場・チャンネル3

第3試合場 試合順

第4試合場・チャンネル4

第4試合場 試合順

男子個人戦ハイライト

【決勝】×藤島(福岡常葉)( 延長 メ)金井田(福大大濠)○

決勝は攻め、打突力、状況判断に優れた選手同士での一戦となった。両選手とも攻め合うも思い切ったうちが出せなかった。延長戦になり、金井田が間合いをつめてメンに飛び込み、藤島から一本を奪い優勝を果たした。

準決勝

・×安田(島原)( 一本勝ち メ)藤島(福岡常葉)○

・○金井田(福大大濠)(コ 一本勝ち )小山(島原)×

小山はいい機会を捉えていたが一本は奪えず、金井田が試合終了間際にコテを決めて一本勝ちし決勝へ。

準々決勝

・×山開(西陵)(メ 勝ち コメ)安田(島原)○

・×山中(長崎南山)( 延長 コ)藤島(福岡常葉)○

・○金井田(福大大濠)(コ 延長 )稲葉(鵬翔)×

・○小山(島原)(メコ 勝ち )藤野(大分国際情報)×

藤島が延長でコテを決めてベスト4進出
ベスト8
小山(島原)は藤野(大分国際情報)から二本勝ちしベスト4へ

3回戦、金井田(福大大濠)が大園(島原)からコテを決めて一本勝ちし、ベスト8へ。

上段の山開(西陵)が上村(敬徳)に勝利。藤島(常葉)はキレ良く、下田(島原)から二本勝ち

小山(島原)、落ち着いた試合展開で富山(鹿児島商業)からコテで二本勝ち

2回戦、大園(島原)が末永(九学)から勝利。村上(敬徳)が松尾(福大大濠)から二本勝ち。

2回戦勝者・途中経過:安田(島原)、金井田(福大大濠)、山中(長崎南山)、上原(錦江湾)、伊東(高千穂)、稲葉(鵬翔)、岸本(明豊)、藤島(福岡常葉)

1回戦、松尾(福大大濠)、末永(九州学院)、小山(島原)らが勝利し2回戦へ。

1回戦勝者【途中経過】:上村(敬徳)、山開(西陵)、前村(那覇)、山中(長崎南山)、田中(日章学園)、仲間(小禄)、大園(島原)、高橋(高千穂)、金井田(福大大濠)、山本(大分上野丘) 、安田(島原)、岸本(明豊)、溝上(佐賀北)、上原(錦江湾)、荒木(日章学園)、山野(九州学院)、川尻(三養基)、下田(島原)、伊東(高千穂)ほか

15時20分頃より開始!

女子団体戦ハイライト

【決勝】○中村学園女子(1 代表戦 1)八代白百合×

代表戦でも延長を繰り返し、最後は中村・池田が白百合・竹町からコテを決めて勝利し、中村学園女子の優勝を決めた。

準決勝

○中村学園女子(1-0) 筑紫台×

×阿蘇中央(0-1)八代白百合○

決勝トーナメント・準々決勝

○中村学園女子3-0都城×

×鹿児島女子1-2筑紫台○

×錦江湾1-3阿蘇中央○

○八代白百合(0代表0)島原×

予選リーグ

6試合目(リーグ最終戦)

○中村学園×小禄×

?八代白百合×高千穂?

△佐賀女子1-1錦江湾△

?島原×明豊?

5試合目

○西陵4-1阿蘇中央×

×佐賀学園0-3筑紫台○

○杵築2-1都城×

?前原×鹿児島女子?

4試合目

×西陵(0-1)小禄○

×佐賀学園(1-2)高千穂○

×杵築(1 本数差 1)錦江湾○

×前原(0-4)明豊○

3試合目

△中村学園0-0阿蘇中央△

△八代白百合1-1筑紫台△

×佐賀女子0-5都城○

?島原×鹿児島女子?

2試合目

○阿蘇中央2-1小禄×

○筑紫台2-0高千穂×

△都城0-0錦江湾△

○鹿児島女子1-0明豊×

1試合目

○中村学園(2-1)西陵×

○八代白百合(2-0)佐賀学園×

○佐賀女子(2-1)杵築×

○島原(2-0)前原×

大会初日は、AM:女子団体戦、PM:男子個人戦!試合開始は9時半ころ。

7/3(土) ライブ配信

※Wi-Fiを使用した配信のため、受信受状況や天候により映像が不安定になると予想されます。また、配信ができない可能性もあります。

第1試合場・チャンネル1

第1試合場・試合順

第2試合場・チャンネル2

第2試合場 試合順

第3試合場・チャンネル3

第3試合場 試合順

第4試合場・チャンネル4

第4試合場 試合順

大会スケジュール

7/3(土) 女子団体戦 予選リーグ〜決勝、男子個人戦 1回戦〜決勝

7/4(日) 男子団体戦予選リーグ〜決勝、女子個人戦 1回戦〜決勝

組合せ

※大会詳細・組合せは【九州高体連HP】に掲載されています。

【7月取材予定!】九州高校大会 、都道府県女子、近畿高校大会

更新日: 2021/6/28

7月3日(土)〜4日(日) 全九州高校剣道大会

鹿児島県日置市・吹上浜公園体育館

ライブ配信!全4試合場を配信予定!!

※Wi-Fiを使用した配信のため、映像が不安定になることがあるかもしれません。また、電波状況によっては配信ができない可能性もあります。

※組合せは【九州高体連HP】に掲載されています。

7月10日(土) 全日本都道府県女子剣道優勝大会

奈良県・ジェイテクトアリーナ奈良

※リアルタイム速報!

※ライブ配信は【全剣連YouTube】で行われます。

※大会詳細・組合せは【全剣連HP】に掲載されています。

7月17日(土)〜18日(日) 近畿高校剣道大会

京都府・島津アリーナ京都

・全6試合場ライブ配信&速報予定!!

・大会詳細・組合せは【京都府高体連剣道専門部HP】に掲載されています。

※8月は全国定時制通信制高校剣道大会(ライブ&速報)、石川インターハイ(速報のみ)を予定!!

【速報&生配信】5/19 関東学生剣道選手権大会

更新日: 2021/5/20

岩切(国武大)が関東を制す!決勝、横藤(法政大)から延長でコテ。

令和3年/2021年5月19日(水)、第67回関東学生剣道選手権大会が東京都足立区・東京武道館にて開催された。

大会は新型コロナウィルス感染症拡大防止措置を会場、選手・関係者、ルール、試合進行においてもいままでになかった前半・後半に分け、選手を入れ替える措置がとられた。

3〜4回戦進出選手した合計60選手に、全日本学生剣道選手権への切符が得られるため、序盤戦から駆け引きのある試合が見られた。

筑波大、國士舘の強豪選手も序盤戦で敗れ全日本出場を逃す

全日本学生への出場権を得たチームに注目してみると、日体大が最大の6選手、中央大が5選手、清和大、専修大が4選手、筑波大、法政大、日大、東京学芸大が3選手、國士舘と国武大、帝京大、駒澤大、神奈川大などが2選手と、複数人の選手が出場を得た。

この中から、近本(筑波大)、横藤(法政大)、岩切(国武大)、井上(神奈川大)が準決勝へ進出を果たした。

育英高校出身の横藤は準々決勝で工藤(清和大)に勝利し、準決勝では近本を2本勝ちで決勝進出を決めた。法政大勢としては、前回大会(2019大会)で平岡、森塚の同門決勝につづき2大会連続で決勝進出選手を出した。対するは、岩切(国武大)となった。

岩切は序盤戦からキレのある動きで勝ち上がってきた。上位戦では黒川(筑波大)、政野(専修大)、そして準々決勝では九州学院高校の一つ下、重黒木(筑波大)との大一番を迎え、延長の末にメンを決めて勝利した。そして、準決勝では力強い剣道で勝ち上がってきた井上(神大)を2本勝ちで勝利し決勝進出を決めた。

決勝戦、岩切の攻めの強さがあらためて印象的な試合ではあったが、横藤もしっかりと対応し出ばな技を狙い、試合序盤には機会をとらえ面に飛び込むシーンもあったが審判の旗は上がらず。試合は延長戦となり、最後は岩切が素早く間合いを詰めてコテを放ち、これが優勝を決める一本となった。

岩切は試合後「素直に嬉しい気持ちです。コンディションも比較的よく、今日は思い切りでしたました。序盤戦は緊張している部分もあったが全日本出場を決めてからはさらに自分の剣道を貫こうとき決めて、良い結果が得られました」と大会後の心境を語った。

結果

優勝 岩切勇磨(国際武道大学4年・九州学院)

二位 横藤竜平(法政大学4年・育英高校)

三位 近本太郎(筑波大学・九州学院)

三位 井上 涼(神奈川大学・弥栄高校)

ベスト8

清水翔太(國士舘2年・佐野日大)、工藤宙尊(清和大2年・阿蘇中央)、重黒木祐介(筑波大3年・九州学院)、真野晴仁(東洋大4年・九州学院)

上位・全日本学生出場選手

※大会詳細は【関東学生剣道連盟HP】に掲載されています。

【決勝】

×横藤(法政大)( 延長 コ)岩切(国武大)○

【準決勝】

・×近本(筑波大)( 勝ち コメ)横藤(法政大)○

・○岩切(国武大)(メコ 勝ち )井上(神奈川大)×

【準々決勝】

・近本(筑波大)(メ 一本勝ち )清水(國士舘)

・工藤(清和大)( 延長 コ)横藤(法政大)

・重黒木(筑波大)( 延長 メ)岩切(国武大)

・真野(東洋大)(メ 延長 ココ)井上(神奈川大)

【6回戦】

・×山口(清和大)( 勝ち メメ)近本(筑波大)○

・×清水(國士舘)(コメ 勝ち ツ)清家(中央大)×

・×中山(専大)( 延長 コ)工藤(清和大)○

・×須田(日大)×横藤(法政大)○

・○重黒木(筑波大)(コ 延長 )原(日大)

・×政野(専修大)( 延長 メ)岩切(国武大)○

・×山本(日体大)(ド 勝ち メメ)真野(東洋大)○

・○井上(神大)(メ 延長 )新谷(日体大)×

【5回戦】

近本、重黒木の筑波勢、中山、政野の専大、山口、工藤の清和大、などが6回戦へ。

午後の部

【4回戦】

【3回戦】

藤田(中大)と藤間(東海大)の東海大浦安高同期対決は、延長で藤田がツキを決めて勝利し、全日本学生出場を決めた。政野(専大)も4回戦進出を決めている。

【2回戦】

小畔(中大)が門間(早大)から二本勝ち。泉(順天堂)も3回戦へ。

山本(日体大)が田城(筑波大)と長い延長戦をコテを決めて勝利。澤邊(亜大)が相馬(明大)を延長で勝利。

馬場(慶應大)が松澤(法政)から延長でコテを決めて勝利。

重黒木(筑波)、池田(中大)、岩切など勝ち進む

午後の部・1回戦、久保田(立教)の鋭い狙いも光ったが岩切(国武大)が二本勝ち。強豪選手同士の対戦は田城(筑波大)が福田(駒澤大)からメンをきめて一本勝ち。池田龍之介(中央大)は延長で勝利。

重黒木(筑波大)は香田(国武大)からコテを決めて一本勝ち

午後の部、12:50分開会式!試合は1時半頃より。

午前の部・4回戦

×岩部( 勝ち コメ)蒔苗(国武大)

×野村(清和大)( 一本勝ち メ)清家(中央大)○

○山本(国学院)( 勝ち メメ)蔵敷(東学大)○

×山崎(中大)(メ 勝ち コメ)中山(専大)○

3回戦、岩部(國士舘)が貝塚(日体大)から延長でツキをきめて勝利し全日本出場権を得る。清水(國士舘)が寒川(筑波大)から二本勝ち。近本(筑波大)は3回戦を突破し全日本学生出場へ。専大勢では、中山、奥谷が4回戦へ。

3回戦勝者・全日本出場 蔵敷(東学大)、山本(國學院)

※全日本出場決めが4回戦の場合もあります。

2回戦、貝塚(日体大)が池内(明治大)から2本勝ち。奥谷(専大)、岩部、近本らも3回戦へ。勝本(駒澤大)が大平(筑波大)から二本勝ちで勝利。藤島、百田、西口ら日体大勢が3回戦進出を決めている。

勝本(駒澤大)、2回戦も2本勝ち。

1回戦、棗田(日体大)は渡邊(國士舘)との接戦を制し2回戦へ。藤島(日体大)、清家(中大)、勝ちすすむ。

午前中の部、1回戦、寒川(筑波大)は2本勝ちで2回戦へ。蔵敷(東学大)が森山(筑波大)から勝利。

午前中の部、1回戦から強豪選手が登場!岩部(國士舘)は村上(専大)から一本勝ちし2回戦へ。近本(筑波)、山崎(中大)、西口(日体大)、山崎(中大)、小川(中大)、井上(明大)初戦突破

午前中の部、開会式!

※9時開会式、試合は9時半以降に開始予定!

午前の部、アップ中

組合せ

※大会詳細は【関東学生剣道連盟HP】に掲載されています。

ライブ配信

第1試合場

第1試合場

第2試合場

第2試合場

第3試合場

第3試合場

第4試合場

第4試合場

第5試合場

第5試合場

第6試合場

第6試合場

第7試合場

第7試合場

第8試合場

第8試合場

R3第67回関東学生剣道選手権大会

令和3年/2021年5月19日(水)

東京都足立区・東京武道館

※男子個人戦

※4〜5回戦出場選手(60名)は、全日本学生剣道選手権の出場権が得られる

※大会詳細は【関東学生剣道連盟HP】に掲載されています。

リアルタイム速報

※大会当日より

【速報&生配信】5/13 関東女子学生剣道選手権大会

更新日: 2021/5/17

優勝は筑波大1年・笠 日向子!決勝は強豪・柿元(法大)を延長で勝利。ベスト4は1・2年生のみのフレッシュな顔ぶれ。

優勝

令和三年/2021年5月13日(木)、第53回関東女子学生剣道選手権大会が東京都足立区・東京武道館にて開催された。

大会は新型コロナウィルス感染症拡大防止措置が徹底され、試合時のマスクやシールド、試合暫定ルール(つばぜり合いの早期解消)、武道館内の動線、午前・午後で選手の入れ替えなど徹底された。

この大会の上位28選手(4〜5回戦進出選手)には、全日本女子学生剣道選手権への出場権が与えられる。

強豪選手が序盤で姿を消す

3月に開催された全日本女子選手権で優勝を果たし注目が集まった諸岡(中央大)が3回戦、同2位の山崎(明治大)が2回戦で敗れた。また、前回大会(第51回大会)で二位の小川(日体大)も3回戦で國士舘の新鋭・八木に敗れた。八木は5回戦まで進み、筑紫台高校の同級生である宮原(日体大)と対戦し敗れた。宮原は三位入賞と結果を残し、また八木も印象に残る試合をし今後にも期待したい。

全日本女子学生への出場権を得たのは28選手。複数選手が決めた大学は、日体大が4選手と最大で、筑波大、法政大、中央大がそれぞれ3選手、國士舘、国武大、立教大、東女体大がそれぞれ2選手となった。逆に出場権を逃したのが明治大、國學院、帝京大、慶応、早稲田など強豪校選手が上位進出できなかった。

ベスト8に4年生の姿なく

4年生選手はベスト16に吉武(順天堂)、本多(流経大)、井芹(国武大)の3選手が進んだがベスト8には勝ち進めなかった。

優勝候補の一人、柿元(法政大)は準々決勝で、守谷高校の後輩でもある小川(中央大)に勝利し準決勝は宮原(日体大)。宮原は準々決勝で、法政大の水川との1年生対決を制してベスト4へ勝ち進んだ。準決勝では、柿元が長い延長戦の末にコテを決めて決勝進出を決め、笠(筑波大)との対戦となった。

笠は、序盤戦で榎本(法政大)など強豪選手を下し、準々決勝では杉本(中央大)、準決勝では同門の先輩である海津(筑波大)から延長でメンを決めて決勝進出を決めた。

決勝戦、柿元は積極的に間合いを詰めて攻める。笠はしっかりとした構えから見極めつつ、有効打を狙う。試合時間4分はすぐに過ぎ延長戦なり、最後は笠が突きから流れるようにメンを放ち優勝を決める一本を奪った。

優勝 笠 日向子(筑波大)インタビュー

結果

表彰

優勝 笠 日向子(筑波大学1年)

二位 柿元冴月(法政大学2年)

三位 海津ゆきえ(筑波大学2年)

三位 宮原李沙(日本体育大学1年)

ベスト8

ベスト8

上野碧泉(日体大3年)、杉本咲妃(中央大2年)、永野絢香(東海大3年)、水川晴奈(法政大1年)

トーナメント

※結果詳細は【関東学生剣道連盟HP】に掲載されています。

※【関東学生剣道連盟HPインスタ】

決勝

○笠(筑波大)(メ 延長 )柿元(法政大)×

決勝

準決勝

1:×海津ゆ(筑波大)( 延長 メ)笠(筑波大)○

2:○柿元(法政大)(コ 延長 )宮原(日体大)×

準々決勝

1:×上野(日体大)( メ)海津ゆ(筑波大)○

2:○笠(筑波大)(メ )杉本(中央大)×

3:○柿元(法政大)(メ )永野(東海大)×

4:×水川(法政大)( メコ)宮原(日体大)○

リアルタイム速報

2回戦、法政大2年・柿元は延長戦でメンを決めて勝利。

法政大・柿元

午後の部、2〜3回戦が進行中。全日本選手権二位の山崎(明大)は2回戦敗退となった。國士舘1年生。八木、思い切りよく1回戦突破。

途中経過。午前の部・ベスト16がまもなく終了!

午前中の部、2〜3回戦が進行中!女王・諸岡(中大)は初戦の2回戦で2本勝ちするも、惜しくも3回戦で姿を消した。

午前中の部、1回戦が進行中!午前中の部の5回戦(ベスト16)まで開催予定。

関東学生剣道連盟HPでトーナメント速報が更新中!

9時より開会式。試合開始は9時50分頃より!

ライブ配信

※配信準備に時間がかることが予想されます。試合開始時間(9時50分)を目処に準備を進めます。ご了承ください。

第1試合場

第1試合場
第1試合場

第2試合場

第2試合場
第2試合

第3試合場

第3試合場
第3試合場
第3試合場

第4試合場

第4試合場
第4試合場

第5試合場

第5試合場
第5試合場

第6試合場

第6試合場
第6試合場

第7試合場

第7試合場
第7試合場

第8試合場

第8試合場
第8試合場
関東学生剣道選手権大会

R3第53回関東女子学生剣道選手権大会

令和3年度/2021年5月13日(木)

東京都足立区・東京武道館

※女子個人戦

※開会式 9時、試合開始 9時50分

※男子大会は、5/19(水)開催予定

※組合せなどは【関東学生剣道連盟HP】はこちらから>>

組合せ

【ライブ配信】4/4 東京剣道祭(八段演武)

更新日: 2021/4/4

創立70周年記念 第61回東京剣道祭り

2021年/令和3年4月4日(日) 東京武道館

※個人試合 (五段、六段、七段、高齢者、八段、範士)

→トーナメント等の試合形式ではありません。組合せ・指定選手との立ち合い形式のような試合です。

※選手・関係者には新型コロナウィルス感染症拡大防止対策をおこない開催。また、無観客にて開催。

※大会詳細・組合せは【東京都剣道連盟HP】に掲載されています。

生配信(八段演武)

※配信は、12時ころより開始します。

※予定:14時〜 八段演武をライブ配信します。

八段

チャンネル1

チャンネル2

【結果速報!】第30回全国高等学校剣道選抜大会

更新日: 2021/4/2

男子は桐蔭学園、女子は中村学園女子が大会制覇!!

決勝、福岡対決を制した中村学園女子

2021年3月26日(金)〜28日(日)、第30回全国高等学校剣道選抜大会が愛知県・春日井市総合体育館で開催された。

試合は五人制団体戦、トーナメント方式、フリーオーダー制で行われた。

また、新型コロナウィルス感染拡大防止により各所の消毒、完全無観客、時差入場、試合時間の短縮(3分)、つば競り合いの早期解消など対策がおこなわれた中での開催となった。

男子団体決勝、桐蔭学園が島原との代表戦を制す!

男子団体戦、8連覇のかかった九州学院が2回戦で敗れ、また水戸葵陵、高千穂、福大大濠、佐野日大、日章学園などの強豪校が最終日まで勝ち残ることができなかった。ベスト8へは、第1回優勝・育英、桐蔭学園、島原、三養基の強豪校と、チームワークの地元・桜丘、大分情報国際、高山西、初のベスト8進出・小禄と勢いのあるチームが勝ち上がった。

準決勝、桐蔭学園は地元・桜丘と対戦し、代表戦で桐蔭・菅野が桜丘・加藤からメンを決めて決勝進出を決めた。もう一方では、島原と大分国際情報の九州対決となり、大将戦で島原・下田が大分国際・藤野からメンを決めて勝利し決勝進出を果たした。

決勝戦、本戦5人は全て引き分けとなり代表戦は再び大将同士で対決し、桐蔭・菅野が島原・下田から鋭いメンを決めて優勝を決めた。

選手たちたちも同じだと思いますが、優勝してしまった、という感じで実感が沸いていないです。

桐蔭学園・雨谷監督は「選手たちたちも同じだと思いますが、優勝してしまった、という感じで実感が沸いていないです。力のあるチームではなかったので、一戦一戦しっかり試合しました。大会中、選手たちへのアドバイスとしては毎試合、日々課題としていることを伝え、自信を持ってやるように話しました。優勝したので選手たちはよくやってくれました。ただ、過信しないようにこれからもがんばってもらいたいです。」と話した。

女子決勝、福岡対決!中村学園女子が筑紫台から僅差で勝利!

ベスト4には中村学園女子、筑紫台の福岡の2チーム、そして、関東から小山、そして、2連覇を狙う東奥義塾が顔を揃えた。

筑紫台は小山から3-0で勝負強さをみせ決勝進出を決めた。

そして、星の奪い合いとなった中村学園と東奥義塾の名勝負は、代表戦で中村・松永が東奥義塾・岸本からメンを決めて決勝進出を決めた。

決勝戦は筑紫台と中村学園の福岡対決。リーグ戦からトーナメント戦に変わり参加校も増えた第26回大会と同一カードとなった。

試合が動いた次鋒戦、中村・寺坂がスピードのあるメンを決めて一本勝ちし、中村リードの大将戦。筑紫台・猪原、中村・松永とも今大会中、勝負のかかった大将戦、代表戦に勝利しチームを引っ張ってきた両選手の一戦も一進一退の末に引き分けとなり、中村学園女子が1-0で優勝を決めた。

中村学園女子・岩城監督は「選手たちはよくやりました。どの試合も、いつ負けてもいい覚悟で試合をしていました。しぶとく、劣勢になっても流れを引き戻して勝て、その中で、大将の松永がよくがんばってくれました。選手たちに関しては、経験値と初めて選抜大会を経験する選手ですので、いつも通りの力をいつ発揮してくれるかと・・・見守っていましたので、チームトータルで勝てれば良いと思っていました。また、夏に向けてすぐにスタートします。」と、優勝の喜びと共に、インターハイ へ向けて動き出した。

結果

男子団体戦

優勝 桐蔭学園高等学校(神奈川)

二位 島原高等学校(長崎)

三位 桜丘高等学校(愛知)

三位 大分国際情報高等学校(大分)

ベスト8

高山西(岐阜)、育英(兵庫)、小禄(沖縄)、三養基(佐賀)

優秀選手

阪野理達(高山西)加藤奨貴(桜丘)和田壮太(育英)菅野透馬(桐蔭学園)仲間大貴(小禄)藤野空志(大分国際情報)下田慎太朗(島原)江口凌雅(三養基)

男子ベスト16

※大会公式速報HP(リアルタイム・スコア付き)

女子団体戦

中村学園女子
女子優勝 中村学園女子

優勝 中村学園女子高等学校(福岡)

二位 筑紫台高等学校(福岡)

三位 小山高等学校(栃木)

三位 東奥義塾高等学校(青森)

ベスト8

日吉ヶ丘(京都)、敦賀(福井)、富岡東(徳島)、八代白百合(熊本)

優秀選手

猪原悠月(筑紫台)矢野ひかる(日吉ヶ丘)屋代悠(小山)松本佳子(敦賀)岡﨑理(富岡東)松永樹音(中村学園女子)山田夏(東奥義塾)松山若樹(八代白百合)

女子ベスト16

※大会公式速報HP(リアルタイム・スコア付き)

開会式動画

試合注意事項・審判基準

決勝戦

男子:○桐蔭学園(0代表0)島原×

本戦5人は引き分けが続き、代表戦は再び大将同士の対戦へ。最後は桐蔭・菅野が島原・下田からメンを決めて優勝を決めた。

※試合動画

女子:×筑紫台(0-1)中村学園女子○

次鋒戦、中村・寺坂がメンで一本勝ち。

※試合動画

男子準決勝

男子:×桜丘(1代表1)桐蔭学園○

準決勝
代表戦で桐蔭・菅野がメンを決めて勝利し、決勝進出へ

試合動画

男子:×大分国際(0-1)島原○

大将戦、下田が素早く間合いを詰めコテメンを決めて一本勝ちしチームを勝利へと導いた

試合動画

女子準決勝

女子:○筑紫台(3-0)小山×

先鋒・次鋒が引き分け、中堅から筑紫台が連勝し3-0で勝利。副将・谷口がチームの勝利を決めた。

女子:○中村学園女子(2代表2)東奥義塾×

大接戦となった中村と東奥。中村大将・松永が大将戦、代表戦に勝利し逆転勝利。
東奥義塾は2連覇とはならなかったが東北大会での敗戦から立ち直り、堂々の三位入賞。

男子準々決勝

準々決勝

×高山西(1-3)桜丘○

×育英(2-3)桐蔭学園○

×小禄(0代表0)大分国際○

○島原(2-0)三養基×

女子準々決勝

○筑紫台(0代表0)日吉ヶ丘×

○小山(0代表0)敦賀×

×富岡東(0-1)中村学園女子○

○東奥義塾(2-0)八代白百合×

ライブ配信・3日目(3/28)

9時40〜 男子団体戦・準々決勝〜決勝〜男子・表彰式

12時〜 女子団体戦・準々決勝〜決勝〜女子・表彰式

第1試合場

AM【男子】準々決勝、準決勝、決勝

PM【女子】準々決勝、準決勝、決勝

第2試合場

AM【男子】準々決勝、準決勝

PM【女子】準々決勝、準決勝

第3試合場

AM【男子】準々決勝

PM【女子】準々決勝

第4試合場

AM【男子】準々決勝

PM【女子】準々決勝

大会2日目・ハイライト!!

男子ハイライト

※男子ハイライト、近日追加予定!

女子ハイライト

※女子ハイライト、近日追加予定!

※大会公式速報HP(リアルタイム・スコア付き)

AM、男子団体戦後半戦、ベスト8まで。PMは女子団体戦3回戦・ベスト8まで。

2回戦、福大大濠は日章学園から2-0で勝利し3回戦へ。好勝負となった。

1回戦、九州学院は本庄第一を代表戦で勝利し勝ち上がった。

1回戦、日章学園が金沢市立工業から勝利。2回戦へ福大大濠と対戦へ。

1回戦、福大大濠は小牛田農林との代表戦を制し2回戦へ。

男子団体1回戦、広島皆実は近大附との代表戦で勝利

東海大札幌は横浜から3-1で勝利。沖縄・小禄、地元・岡崎城西から3-1で勝利。

奈良・郡山が聖光学院との1-0の接戦に勝利。大分情報国際、東洋大姫路、秋田南、磐田東が2回戦へ進出を決めている。

大会1日目、ベスト8には高山西×桜丘、育英×桐蔭学園が決定!最終日に決戦へ。

大会二日目は、男子後半戦、そして女子ベスト8まで出揃い、最終日の頂上決戦へ。

※速報はライブ配信の下にあります。

地元愛知からベスト8に進出した桜丘

ライブ配信・2日目(3/27)

8時50分〜 男子団体戦 1回戦〜3回戦

12時〜 女子団体戦 1回戦〜3回戦

※大会公式速報HP(リアルタイム・スコア付き)

※新型コロナウィルス感染症拡大防止をふまえ、今大会の試合形式、審判基準についての動画

第1試合場

【男子】1:1回戦・近大付属×広島皆実、2:1回戦・富山×大分国際情報、3:2回戦、4:3回戦、5:1回戦・金沢市立工業×日章学園、6:三養基×城北、7:2回戦

【女子】8:1回戦・筑紫台×佐久長聖、9:1回戦:日吉ヶ丘×健大高崎、10:2回戦、11:3回戦、12:1回戦・富山北部×木更津総合、13:1回戦・守谷×明石、14:2回戦、15:1回戦・履正社×○○、16:1回戦・小牛田農林×高知、17:2回戦、18:3回戦、19:1回戦・浜名×高千穂、20:1回戦・五泉×岡崎城西、21:2回戦、

第2試合場

【男子】1:1回戦・横浜×東海大札幌、2:1回戦・長野日大×東洋大姫路、3:2回戦、4:3回戦、5:1回戦・福大大濠×小牛田農林、6:本庄第一×九州学院、7:2回戦

【女子】8:1回戦・新潟商業×小禄、9:1回戦:比叡山×広島皆実、10:2回戦、11:3回戦、12:1回戦・琴平×鈴鹿、13:1回戦・金沢×桐蔭学園、14:2回戦、15:1回戦・島原×翔凜、16:1回戦・中京×明豊、17:2回戦、18:3回戦、19:1回戦・広×川口市立、20:1回戦・五泉×岡崎城西、21:2回戦

第3試合場

【男子】1:1回戦・岡崎城西×小禄、2:1回戦・土浦日大×秋田南、3:2回戦、4:1回戦・島原×国士舘、5:1回戦・比叡山×新潟明訓、6:2回戦、7:3回戦

【女子】8:1回戦・聖ドミニコ×甲府商業、9:1回戦:星城×大社、10:2回戦、11:1回戦・秋田商業×青森西、12:1回戦・桜宮×敦賀、13:2回戦、14:3回戦、15:1回戦・富岡東×桜丘、16:1回戦・中村学園女子×山形市立商業、17:2回戦、18:1回戦・東奥義塾×米子松蔭、19:1回戦・八代白百合×山口桜ヶ丘、20:2回戦、21:3回戦

第4試合場

【男子】1:1回戦・聖光学院×郡山、2:1回戦・磐田東×市立船橋、3:2回戦、4:1回戦・酒田光陵×豊川、5:1回戦・大社×沼田、6:2回戦、7:3回戦

【女子】8:1回戦・錦江湾×奈良大附属、9:1回戦:磐田西×淑徳巣鴨、10:2回戦、11:1回戦・小山×西陵、12:1回戦・盛岡白百合×淑徳与野、13:2回戦、14:3回戦、15:1回戦・帝京第五×東洋大姫路、16:1回戦・和歌山東×岡山商大附、17:2回戦、18:1回戦・奈良育英×札幌日大、19:1回戦・白河×土浦湖北、20:2回戦、21:3回戦

開会式動画

・全日本剣道連盟 副会長 真砂威 ・全国高体連剣道専門部部長 土崎祐一郎 ・愛知県春日井市長 伊藤 太 ・かすがい「人・夢創り」文化スポーツ大使 平井絵里 ・大会審判長 古川和男 ・選手宣誓 

組合せ

※試合順・試合場移動があり、試合進行、ライブ配信ご視聴時にご注意ください。

大会1日目・速報!

男子団体1回戦、水戸葵陵と米子松蔭は接戦なり、大将戦で葵陵・吉倉の勝利で1-0で2回戦進出を決めた。

玉島は高知との代表戦を制し2回戦へ。

地元・桜丘は埼玉栄と対戦し、大将戦で桜丘・加藤の勝利で1-0で桜丘が勝利。

男子団体1回戦、明豊副将・蔵座がの一本勝ちで東海大浦安から1-0、強豪対決を制した。

仙台育英は鹿児島商業との代表戦に勝利し2回戦へ。高山西、久御山も2回戦へ勝ち進んだ。

試合開始、男子団体戦・前半、15時頃より開始!!

13時半、試合・審判研修会が開催。

春の日本一を決める全国高校剣道選抜大会が、3/26いよいよ開幕!!

第30回大会

令和2年度 第30回全国高等学校剣道選抜大会

全国高校剣道選抜大会

2021年3月26日(金)〜28日(日)

愛知県・春日井市総合体育館

男女 五人制団体戦・トーナメント方式

※試合時間3分(延長なし)※面マスク等の着用

※、時差入場、時差練習、時差試合。会場・関係者の新型コロナウィルス感染症対策

※無観客開催

大会に関して

※大会公式HPに概要があります。

大会スケジュール

3/26(金) 15時15分〜 男子団体戦 1回戦〜3回戦

3/27(土)8時50分〜 男子団体戦 1回戦〜3回戦、12時〜 女子団体戦 1回戦〜3回戦

3/28(日)9時40〜 男子団体戦・準々決勝〜決勝〜男子・表彰式、12時〜 女子団体戦・準々決勝〜決勝〜女子・表彰式

※試合進行等により、時間が前後する可能性があります。

ライブ配信・1日目(3/26)

・15時15分〜 男子団体戦 1回戦〜3回戦(男子トーナメント・左側)

試合順が、コロナ対策で変則的になっております。トーナメントでご確認ください。

第1試合場

【男子】1:1回戦・鹿児島商業×仙台育英、2:1回戦・米子松蔭×水戸葵陵、3:2回戦、4:3回戦、5:1回戦・奈良大附属×札幌第一、6:1回戦・東海大翔星×和歌山東、7:2回戦

第2試合場

【男子】1:1回戦・高山西×甲府商、2:1回戦・玉島×高知、3:2回戦、4:3回戦、5:1回戦・履正社×高千穂、6:1回戦・山口桜ヶ丘×三重、7:2回戦

第3試合場

【男子】1:1回戦・久御山×新田、2:1回戦・桜ヶ丘×埼玉栄、3:2回戦、4:1回戦・育英×八女、5:1回戦・不戦勝×琴平、6:2回戦、7:3回戦

第4試合場

【男子】1:1回戦・東海大浦安×明豊、2:1回戦・福岡×磐田西、3:2回戦、4:1回戦・東奥義塾×敦賀、5:1回戦・桐蔭学園×佐野日大、6:2回戦、7:3回戦

速報

※3/26 15時〜

過去大会

※第19回〜第24回大会は、旧サイトのためサイトが崩れている可能性があります。

H27第24回全国高等学校選抜剣道大会

H26第23回全国高等学校選抜剣道大会

H25第22回全国高等学校選抜剣道大会

H24第21回全国高等学校選抜剣道大会

H22第19回全国高等学校選抜剣道大会

【速報!】3/14 全日本剣道選手権大会

更新日: 2021/3/15

第68回全日本剣道選手権大会/第59回全日本女子剣道選手権大会

新王者・松﨑賢士郎(茨城)!決勝の壁を超える!村上雷多(大阪)から豪快勝利!

男子決勝

諸岡温子(東京)20歳、新女王!決勝は山崎里奈(宮崎)と中村学園対決!

優勝者
閉会式

令和3、2021年3月14日(日)、第68回全日本武道具剣道選手権大会、第59回全日本女子剣道選手権大会が長野県長野市・ホワイトリング(長野市真島総合スポーツアリーナ)にて、大会史上初の男女同時開催された。例年、女子選手権が9月、男子選手権が11月におこなわれている新型コロナウィルス感染症拡大の影響を受けて延期されていた。

試合は5分三本勝負、例年の選手権大会の上位戦では試合時間が10分になるが今回は5分のまま。

今大会、剣道のトップ選手が多い警察関係の選手が警察庁の判断で不出場になったことにより初出場選手が増えたこと、また、試合ではつばぜり合いなど試合ルールも見直され、例年とはひと味違う大会となった。

筑波勢がベスト4を独占

男子、3回戦(ベスト16)に大学生が8選手、教員、刑務官、実業団選手が顔を揃た。ベスト4へ勝ち進んだのは筑波大現役学生とOB。松﨑賢士郎(茨城)と星子啓太(鹿児島)の準決勝は、同級生対決。2年前の全日本学生剣道選手権と同じ顔合わせとなり、試合終盤に星子が間合いをつめてコテを狙ったが長身の松﨑がメンを合わせて有効打を奪い、一本勝ちで2大会連続で決勝進出を決めた。

準決勝の2試合目では、村上雷多(大阪)と林田匡平(福井)の教員対決となった。

村上は各世代で活躍しつづける強豪選手。選手権2回目の出場ではあるが、激戦の大阪予選を勝ち抜くことは並大抵のことではない。林田は選手権で三位入賞の実績があり、世界大会(韓国)では日本代表選手に選出されるなど活躍し続けている。この試合、筑波大の先輩である村上が試合序盤に鋭く豪快なメンを決め一本勝ちし、村上が初の決勝進出を決めた。

決勝は、松﨑、村上とも初優勝を掛けたおこなわれた。決勝戦の緊張感が見ているものにも伝わるほどの緊迫した間合いの攻防が続き、開始から約3分経過したころ、村上の攻めに合わせて松﨑がメンに飛び込み先取。取り返したい村上は面を中心に攻めたが、松﨑が冷静に攻めを見極めコテを決めて二本勝ちし初優勝を果たした。

女子、予想がつかぬ展開へ!学生が活躍。

準々決勝では優勝候補同士の対戦となった、大西ななみ(福井)と竹中美帆(栃木)の対戦は延長戦となり、大西が手元の上がりを見逃さず竹中がコテを決めて勝利し、準決勝では諸岡温子(東京)と対戦。諸岡は思い切りのいい、爆発力のある面を武器に東京予選から本大会まで勝ち進んできた。

準決勝では竹中が小手返しメンで先取したが諸岡は飛び込みメンを取り返す展開に。延長開始から約1分、竹中が先に動きだし面を狙うと諸岡も同じタイミングで相メンとなり白旗三本、諸岡のメンが一本となり決勝進出を決めた。

ベスト4に進出した小松加奈(青森)も、また優勝候補のひとり。準決勝では山崎里奈(宮崎)と対戦した。両選手は、明治大学の同門、小松が4年生で山崎が3年生という間柄である。山崎は足を使って攻め、小松は冷静に制しながら試合展開。試合中盤、山崎が間合いをつめると小松が一瞬下がってしまい山崎がメンに飛び込み先取し、一本勝ちで山崎が決勝進出を決めた。

決勝戦、諸岡と山崎の対戦となる。両選手とも、福岡・中村学園女子高校の同門で、山崎が一つ年が上の先輩になる。

試合は一進一体。手の内を知る両選手なだけに、これまでにない慎重さが試合からも感じ取れた。試合は延長戦となり、厳しい攻め合いがつづき、山崎が放った小手の機会は良かったが諸岡も前で対応したため深くなり、諸岡が流れのなかで放ったメンが一本となり、諸岡が優勝を決めた。

・結果

・男子

優勝 松﨑賢士郎(茨城)

二位 村上雷多(大阪)

三位 林田匡平(福井)

三位 星子啓太(鹿児島)

※優秀選手賞

岩部光(香川)

白木恒二郎(徳島)

安藤千真(愛知)

森山竜成(神奈川)

白鳥湧也(千葉)

山本有樹(東京)

男子選手権・ベスト16
男子選手権・ベスト16

※結果詳細は【全剣連HP】に掲載されています>>

・女子

優勝 諸岡温子(東京)

二位 山崎里奈(宮崎)

三位 竹中美帆(栃木)

三位 小松加奈(青森)

※優秀選手

大西ななみ(福井)

小川梨々香(新潟)

金田一裕美(岩手)

志藤綾子(埼玉)

須坂喜江(長野)

村田桃子(鹿児島)

女子選手権・ベスト16
女子選手権・ベスト16

※結果詳細は【全剣連HP】に掲載されています>>

・男子決勝

○松﨑賢士郎(茨城・筑波大)(メコ 勝ち )村上雷多(大阪・大体大教員)×

決勝

2大会連続の決勝進出を果たした松﨑だが、相手となったのは筑波大の先輩であり超強豪の村上雷多。試合序盤に松﨑がメンに飛び込み先取すると、試合のペースを握り、最後は村上の面に合わせてコテを放ち2本勝ちで優勝を決めた。

・女子決勝

○諸岡温子(東京・中央大)(メ 延長 )山崎里奈(宮崎・明治大)×

両選手の出身校である中村学園女子高校では山崎が諸岡より一つ年が上だが、ともに稽古をおこないレギュラーとして試合に出場していた。

諸岡は、決勝までの5試合とは違っていた。やはり手の内を知り尽くしているもの同士、そして優勝を掛けた一戦に警戒感の試合展開となる。

試合は延長戦となり、最後は諸岡の鋭いメンが山崎を捉え、優勝を決めた。

・男子準決勝

1::○松﨑賢士郎(茨城・筑波大)(メ 一本勝ち )星子啓太(鹿児島・筑波大)×

2:○村上雷多(大阪・大体大教員)(メ 一本勝ち )林田匡平(福井・丸岡高校教員)×

・女子準決勝

1:×竹中美帆(栃木・団体職員)(メ 延長 メメ)諸岡温子(東京・中央大)○

2:山崎里奈(宮崎・明治大)(メメ 延長 メ) 小松加奈(青森・明治大)

・男子・準々決勝

○村上(大阪)(メコ メ)森山(神奈川)×

×白鳥(千葉)( 勝ち メメ)林田(福井)○

・×白木(徳島)( 延長 コ)松﨑(茨城)○

・○星子(鹿児島)(メ 延長 )安藤(愛知)×

・女子・準々決勝

×大西(福井)( 延長 コ)竹中(栃木)○

○諸岡(東京)(メ 一本勝ち )小川(新潟)×

○山崎(宮崎)(コ 延長 )金田一(岩手)×

×志藤(埼玉)( 一本勝ち メ)小松(青森)○

・女子3回戦、諸岡が村田からメンを決めて勝利。準々決勝へ。

・男子3回戦、最年長・山本(東京)が村上(大阪)から先取するも、村上は出ばなコテ、出ばなメンを決めて2本勝ちし、準々決勝へ。

森山(神奈川)は山下(茨城)から2本勝ちしベスト8進出。

男子2回戦、中嶋(東京・三菱商事)は椿(兵庫)に先取されるも、冷静に試合展開し二本取り返し逆転勝利。

・林田(福井)が高瀬

・女子2回戦、諸岡(東京)は乗田(三重)から豪快にメンを2本決めて3回戦へ進出。

・村田(鹿児島・鹿体大)が3回戦へ勝ち進み、4回戦で諸岡(東京)と対戦へ。中村学園出身対決が楽しみだ。

・男子2回戦、山本(東京・NTT)は松田(高知)から2本勝ちし3回戦へ。

・女子2回戦、山崎(宮崎・明大)が本川(東京)から延長でコテを決めて3回戦へ。

・女子2回戦、大西(福井)は、内藤(山梨)から近い間合いでメンを決めて一本勝ち。

・女子2回戦、金田一(岩手・教員)、竹中(栃木)、3回戦へ進出

・男子1回戦、武田(宮城・教員)が、警視庁でも活躍した川﨑(佐賀)と一本ずつ取り合い、延長戦の末に武田が面を決めて勝利。

1回戦、星子(鹿児島・筑波大)と本間(千葉・実業団)の同門九学、そして、筑波と中大でもなんども対戦してきた一戦は、延長で星子が引きメンを決めて勝利。ベテランの橋本(埼玉・伊田テク)は強い攻めを見せたが、長い延長戦の末、林田(福岡)がめんを決めて勝利。

・女子1回戦、諸岡(東京・中大)が勝利。村田(鹿児島・鹿体大)も2回戦へ。

1回戦、大平(栃木・筑波大)が林田(福井・教員)から先取するも、林田が冷静な試合展開で2本取り返し逆転勝利。

1回戦から名勝負!高(大阪・パナソニック)が前回二位の松﨑(茨城・筑波)から先取するも、松﨑がドウ、メンを決めて逆転勝利。中嶋(東京)は我慢強い剣道で一回戦突破

1回戦、開催地の長野からの出場の矢野(教員)は、國士舘大、そして教員としても先輩である菅野(岩手)から逆転二本勝ちで2回戦進出を決めた。

女子、小川(新潟)、志藤(埼玉)が2回戦進出を決めている

男子、白鳥(千葉・筑波大)が佐伯(宮崎・高千穂教員)からコテを決めて勝利。動きにもキレがあった。

女子、竹中(栃木)が竹内(愛知)から勝利。竹中は動きもよく、上位進出も狙えそうだ。地元長野・須坂がベテランらしい試合展開で1回戦突破。

男子、大学生・橋本(京都・筑波)が1回戦突破。杉本(神奈川・日体大)は尾崎(石川)との長い延長戦を制した。

山下(茨城・教員)は学生の杉田(岐阜・鹿体大)から勝利。

女子、高校生の内藤(山梨・守谷高)は攻めの姿勢を崩さず、メンを決めて勝利を収めた。

女子、大西(福井)は深見(兵庫)に先取を許す厳しい展開も、延長で逆転勝利で2回戦へ。

男子1回戦、筑波出身対決となった村上(大阪)と寺島(富山)の一戦は延長となり、村上がメンを決めて勝利。女子、須波(香川・学生)が勝利。

男子1回戦、白木(徳島)が石田(東京)から面を決めて一本勝ち。竹越(埼玉)も1回戦に勝利。女子、山崎(宮崎)が2回戦へ勝ち進む。

男子1回戦、山本(東京)が梶原(大分)との延長戦を制し2回戦へ。山川(沖縄)、松田(高知)がそれぞれ勝ち進む。女子、本川(東京)1回戦突破。

開会式、日本剣道形

9時開会、試合は10時から開始!!

※速報【全剣連Twitter】

※速報【全剣連HP】トーナメント・対戦/決まり手一覧

生配信

※ライブ配信は全剣連YouTubeチャンネルにて!

第1試合場:男子

第1試合場

第2試合場:男子

第2試合場

第3試合場:女子

第3試合場

第4試合場:女子

第68回全日本剣道選手権大会

第59回全日本女子剣道選手権大会

第68回大会優勝・國友錬太朗(福岡)
第68回大会優勝・國友錬太朗(福岡)

令和3年 2021年3月14日(日)

長野県・ホワイトリング 長野市真島総合スポーツアリーナ

※主催:全日本剣道連盟

※全日本選手権大会詳細は【全日本剣道連盟HP】に掲載されています。

※全日本女子選手権大会詳細は【全日本剣道連盟HP】に掲載されています。

※大会当日、全剣連YouTubeにて男女全4試合場のライブ配信をおこないます。また、全剣連HP・SNSで速報予定!!

2020年内に開催予定だった第68回全日本剣道選手権大会、第59回全日本女子剣道選手権大会が新型コロナウィルス感染症拡大の影響で延期されたが、主催者である全日本剣道連盟の尽力により2021年3月14日(日)、長野県長野市での男女同時開催されることになった。

大会開催の意義、開催までの経緯などを全剣連の網代忠宏副会長、中谷行道専務理事先生に伺うことができ「全日本選手権(男女)は日本剣道界で最高峰の選手を決める大会です。」と、あらためて選手権大会の重要性を聞くことができた。(※インタビューの詳細に関してはベージ下部【インタビュー動画】を参照ください。)

実業団選手、教員、学生などが大会へ出場!

今大会、警察関係の選手が予選に不出場ということになった。これは、新型コロナウィルス感染症拡大の影響により、感染リスクを回避する警察庁としての判断と聞いている。剣道選手である前に、人々を助ける警察官としての使命が優先された結果であり、尊重されるべきことだと強く感じる。また、中谷専務理事も「警察官が出場できないことは残念です。ただ、剣道は警察の方だけではなく広く一般の方々がやっているので、警察官が不参加でも大会を開催することにしました。警察選手がまた戻ってくることを、強く期待しています」と話した。

男子、最年少が20歳、最年長が45歳と幅広い出場選手層となり、また、女子においてはさらに幅広く、高校生の出場もみられる。

男子では前回大会二位の松﨑(茨城・筑波大)、三位入賞経験のある林田(福井)、日本代表候補の村上(大阪・大体大監督)、学生王者の星子(鹿児島・筑波大)、ベスト8入賞経験のあるベテランの橋本(埼玉・伊田テクノス)などの強豪選手の出場が決まっている。また、筑波大や國士舘大の現役・出身選手が多く見受けられ、例年とは違った顔ぶれとなり、歴戦の猛者が揃っている。

女子、選手権二位経験のある大西(福井)、内田(静岡)、同三位で世界大会・韓国では日本代表に選出された竹中(栃木)、インターハイ個人優勝者では小松(青森・明治大)などの出場が決まっている。男子に増して、学生選手の出場が目立っている。

男女とも全剣連HPにトーナメントが公開されており、同門対決(現役やOB対決)や若手対ベテランなど注目カードが多数あり、今年も見応えのある試合を見ることができそうだ。

※大会の詳細は全日本剣道連盟HPに掲載されています。

※全日本選手権大会詳細は【全日本剣道連盟HP】に掲載されています。

※全日本女子選手権大会詳細は【全日本剣道連盟HP】に掲載されています。

組合せ

※トーナメントは、全日本剣道連盟に許可を得て公開しております。

※インタビュー動画(網代副会長、中谷専務理事)

※【オンライン武道チャンネル「GEN」】に出場選手のインタビューなども掲載されています。

【リアルタイム速報】

※大会当日、結果や注目カードを速報予定!!

【速報&配信】12/27日〜28月 全国高等学校選抜「高校生想代」剣道大会

更新日: 2021/1/27

男子、九州学院が決勝で桐蔭学園との接戦を制して優勝!

優勝 九州学院

女子、筑紫台が日吉ヶ丘から2-0で勝利し、大会制す!

女子優勝 筑紫台

令和2年、2020年12月27日~28日、全国高等学校選「高校生想代」剣道大会が沖縄県立武道館にて開催された。

北は北海道、開催地となった沖縄まで全国から男子が25チーム、女子が21チームが参加し、5人制団体戦、トーナメント戦にて優勝が争われた。

大会開催にあたっては、教員・剣道部監督等の有志により企画・主催された。

基本的に無観客でおこなわれ、様々な新型コロナ感染症対策がされた中でおこなわれた。また、試合においてもつばぜり合いの早期解消、密着・膠着状態となる前に「分かれ」となり、選手の掛け声もタイミングによっては注意される場面もあった。

男子、第1シードの九州学院は、初戦となった2回戦で比叡山(滋賀)と対戦し3-0で勝利しベスト8進出を決め、大会二日目の準々決勝で東福岡との対戦となった。東福岡は2回戦で、小山との1-0の接戦を制して最終日へ進んだ。

九州強豪校同士の一戦、九州学院と東福岡は予想通りの接戦なった。九学副将・荒木がメンを決めて勝利した1勝リードの大将戦なり、東福岡大将・安藤が九学・平尾からメンを奪い一本勝ちし代表戦へ持ちこみ、再び大将同士の対戦となった。平尾が安藤から鋭い出ばなメンを決めベスト4進出を決めた。準決勝では明豊と対戦。

近年、九州・全国クラスでの大会でも上位進出を果たしている強豪・明豊は、今大会でも勢いよく勝ち上がった。1回戦の東山、2回戦は三重、準々決勝では奈良大附属を相手に負けなし、3勝以上の差をつけて勝ち上がった。この準決勝の九学戦でも一歩も引けをとらない試合展開を見せた。結果としては中堅戦で九学・鈴木の1勝により1-0で九学が勝利し決勝を進出を決めたが、明豊も紙一重の勝負を演じその強さを証明できた。

決勝戦、九州学院は関東の強豪・桐蔭学園との対戦となった。

桐蔭学園は1回戦で三重総合を3-1、2回戦では札幌第一と2-1と苦戦をしいられる場面もありつつ粘り強く勝ち上がり、準々決勝の明和戦を4-0、準決勝では山村学園を3-0で尻上がりに調子を上げて決勝まで勝ち進んだ。

決勝戦、先鋒戦は桐蔭・久川の動きの良さが光ったが九学・手塚から一本を奪えず引き分けた。次鋒戦では九学・林がメンを決めて先制したが桐蔭・河西がすぐにコテを取り返し引き分け、中堅戦の九学・鈴木と桐蔭・伊藤の対戦も引き分けと、3戦連続で拮抗した試合が続いた。

試合が動いた副将戦、九学・荒木が試合終盤に近い間合いからメンに飛び込み先取、桐蔭・田中は取り返したかったが時間が足りず、荒木の一本勝ちと大きな一勝を得て大将の平尾へとつなげた。

勝利が必要な桐蔭大将・本村だったが、試合序盤に平尾がドウを決めて先取し優勝へのリードを一歩広げたが、本村も取り返す。平尾の手元の上がりを見逃さずコテを決め返し意地を見せたが、試合時間はまたたくまに4分を迎え引き分けとなり、1-0で九州学院が優勝を果たした。

試合後、大将の平尾は「インターハイ 、玉竜旗などがなくり苦しい状況の中、先生方に大会を作っていただき、優勝できてよかったです。試合では気持ちで負けず、攻めて攻めて守りにならず1回戦から試合をしました。監督からは、苦しい場面も乗り越えろと言われました。また決勝前には、腹を括っていけ、と言われました。決勝の大将戦は先取し取り返されてしまいましたが、気持ちを切り替えて試合をしました」と話した。

九学の監督であり、今大会の発起人の一人である米田監督は「選手たちはよくがんばってくれたという思いです。ご苦労様、という言葉しかありません。」大会に関しては「まだ(コロナが終息していため)安心はできませんが、大会が終了し、選手、関係者の顔をみると、開催してよかったという思いです」と話した。

※女子レビューは準備中。

・男子結果

優勝 九州学院(熊本)

二位 桐蔭学園(神奈川)

三位 明豊高校(大分)

三位 山村学園(埼玉)

・ベスト8

東福岡(福岡)、奈良大附属(奈良)、育英(兵庫)、明和(愛知)

・敢闘賞(敗者復活戦)

小山(栃木)、高山西(岐阜)、小禄(沖縄)、明和(愛知)

・女子結果

優勝 筑紫台(福岡)

二位 日吉ヶ丘(京都)

三位 小禄高校(沖縄)

三位 白河高校(福島)

・ベスト8

中村学園女子(福岡)、樟南(鹿児島)、高山西(岐阜)、守谷(茨城)

・敢闘賞(敗者復活トーナメント)

・中京(岐阜)、守谷(茨城)、奈良大附属(奈良)、錦江湾(鹿児島)

動画一覧

動画一覧

※動画一覧は【YouTube LET’S KENDOチャンネル】にて!

選手・監督インタビュー

男子決勝

男子:○九州学院(1-0)桐蔭学園×

女子決勝

女子:×日吉ヶ丘(0-2)筑紫丘○

男子準決勝

○九州学院(1-0)明豊×

男子決勝
男子準決勝スコア

×山村学園 × 桐蔭学園○

男子準決勝スコア2
男子準決勝スコア2

女子準決勝

○日吉ヶ丘(1-0)白河×

女子準決勝スコア1
女子準決勝スコア1

○筑紫台(3-1)小禄×

女子準決勝スコア2
女子準決勝スコア2

男子準々決勝、九学が東福岡との代表戦に勝利。準決勝は明豊と対戦へ。山村学園と桐蔭学園が勝ち上がり、準決勝で関東対決。

・○九州学院(0代表0)東福岡×

※九学・平尾が東福岡・安藤からメンを決めて勝利。

・×奈良大附属 × 明豊○

・×育英 × 山村学園○

・○桐蔭学園 × 明和×

女子、地元沖縄の小禄が、強豪・守谷から勝利!

日吉ヶ丘は優勝候補の中村学園との代表戦に勝利

・×中村学園女子(0 代表 0)日吉ヶ丘○

・○白河(2-0)樟南×

・○筑紫台(2-0)高山西×

・○小禄(1-0)守谷×

男子準々決勝

男子トーナメント

女子準々決勝

女子トーナメント

男子・復活トーナメント

※敢闘賞決定戦

・×比叡山(2 代表 2)小山○

・錦江湾 × 高山西

・興南 × 小禄

・×札幌第一(1-2)明和○

男子 復活トーナメント

女子・復活トーナメント※敢闘賞決定戦

準々決勝で敗れた守谷は、敢闘賞決定戦で比叡山と対戦し連戦となった。動きの落ちた守谷、比叡山は大将戦まで粘ったが、守谷・小川が勝利し3-2で敢闘賞を獲得した。

・○中京(2-1)興南×

・×比叡山(2-3)守谷○

・×聖ドミニコ(1-2)奈良大附属○

・×作新学院(1-4)錦江湾○

女子 復活トーナメント

12/28生配信

12/27(日)生配信

12/27リアルタイム速報

女子ベスト8に強豪校が揃う!

女子ベスト8

女子準々決勝

・中村学園女子 × 日吉ヶ丘

・白河 × 樟南

・筑紫台 × 高山西

・小禄 × 守谷

女子団体戦、開幕!

男子ベスト8揃う!

・12/28開催 男子団体準々決勝

・九州学院 × 東福岡

・奈良大附属 × 明豊

・育英 × 山村学園

・桐蔭学園 × 明和

男子団体2回戦が進行中!勝者はベスト8、明日の最終日へ進出!

・2回戦

○九州学院(3-0)比叡山×

○東福岡(1ー0)小山×

○奈良大附属 × 日本航空×

×三重(5-0)明豊○

○育英(代表戦)郁文館×

×小禄(0-2)山村学園○

○桐蔭学園(2-1)札幌第一×

明和

開会式!まもなく試合開始!

※12/27(土)9時半頃より!

10時より開会式、その後、男子団体戦

※組合せは大会当日公開予定!!

※大会1日目は、男女団体戦・1〜2回戦、敗者復活戦

12/27日・日曜日、いよいよ開幕!!

組合せ

全国高校高校生想代

全国高校高校生想代剣道大会が沖縄にて開催!

2020年12月27日(日)〜28日(月)、全国高等学校選抜「高校生想代(そうたい)」実行委員会により全国高等学校選抜「高校生想代」剣道大会 が沖縄県立武道館にて開催される見通しとなった。

大会へは主催者が全国の強豪チームへ案内・招待を行い、男女とも約30チームが参加予定となっているもよう。出場校や組合せは、大会当日に公開発表予定。

試合は5人制団体戦、トーナメント方式で行われる。チーム編成は3年生、足りない場合には2・1年生の参加が認められる。

大会運営にあたっては新型コロナウィルス感染症拡大防止対策をおこない開催される。消毒や三密を避けるなどの基本的な対策や、無観客(※1)、検温、マスクの着用(関係者の着用、選手は試合時も含め)など対策をおこなう。

大会開催に向けて実行員会は、「失意の底にいる生徒たちに少しでも希望を与えたい… 同じ想いを共有する高校監督や剣道関係者達との協議の末、今年度最後の舞台を用意する結論にいたりました。」と言う。 熱意の末に開催が決まった、全国選抜「高校想代」なのだ。

しかし、開催の見通はたったものの、運営としては有志による自主開催ということもあり、下記の「大会概要・趣旨」「寄付・協賛」をご理解の上、運営費等の寄付・協賛の協力も募っていいます。

LET’S KENDOでは、速報&配信予定!!

※1 この大会は原則「無観客」とする。会場への入場は、選手並びに当該選手の引率の保護者・監督のみと し、応援生徒の入場は認めない。 (大会要項より)

大会概要・趣旨

寄付・協賛に関して

※申込方法

別紙の申込用紙に必要事項をご記入の上、広告の原稿データとともに、電子メールで下 記までお送りください。

尚、寄付金としても受け付けております。広告の掲示・掲載が不要で 寄付のかたちで協力いただく場合は、パンフレットにお名前のみ紹介させていただければと 思います。

それでもパンフレット記載を辞退される場合は、お手数ですが申込書の寄付欄の掲載辞退 の寄付欄に レ 印をご記入ください。

Email:kyoueikk@galaxy.ocn.ne.jp

組合せ

※11月に決定

 

スポンサードリンク

SPONSOR

広告募集中

top